【ネタバレ】嫌われる勇気 第8話ドラマ感想【木10】

リンクユニット

f:id:sarapan2014:20170112234836p:plain

■前回はこちら

8話あらすじ

今回の事件はかなり不可解なもののようだ。

どこかの高架下で撲さつされた遺体・・・

凶器のバットからはすでに亡くなってる人間の指紋が検出・・・

 

指紋の主は15年前に亡くなっており、凶器のバットは5年前に製造された物だと確認された・・・

 

しかも、指紋の主と今回の被害者には浅からぬ因縁があるようだ。

15年前・・・被害者の所属していた不良少年のグループにより指紋の主はころされていたのだ。

 

まさか幽霊が復讐に?

 

そしてもう一つ気になる点は壁に残された『六五』という文字・・・

どうやら蘭子の弟が事件に関与しているみたいだな・・・

彼が見ていたメールに『六五』の文字が・・・

 

・・・・・

・・・

 

被害者は誰かに狙われている意識があったようで、その旨のやりとりが携帯に残っていた。

 

今回の事件は当時の不良グループのリーダー佐野を中心に誰かが復讐劇を繰り広げているのか?

それともまさか本当に佐野が15年前にころした鈴木という少年がよみがえって復讐を・・・?

 

そんな中、蘭子は単独捜査を申し出て一人で行動を始める。

15年前のこの事件と彼女自身の因縁でもあるのか?

 

その答えはすぐに明らかになった。

実は不良グループの中に蘭子の弟が混じっていたのだ。

それを知ったのは鈴木家を訪れ、アルバムの写真を見た時だったようだ。

 

単独行動をとった時は半信半疑で、アルバムを見て確信に変わったということだろうか?

丁度別行動をしていた青山も鈴木家にやってきたのだが、蘭子は飛び出していってしまった。

あくまでも自分一人で解決するつもりのようだ。

 

青山もアルバムを見て蘭子の弟を見つけ、すぐに蘭子を追いかける。

15年前・・・蘭子の父親の失踪も15年前だ。

この事件と何か関わりがあるのか?

 

青山は蘭子の力になろうとするも、拒まれてしまう。

 

・・・・・

・・・

 

警察は第一の被害者がやりとりをしていた当時の不良に会いに行くと、保護を求められた。

佐野を売った自分たちが狙われると思っているようだ。

これは当時自分を売った仲間に対する佐野の復讐だとでもいうのか?

 

そんな中、警察に助けを求めていた男がころされた。

凶器はバット・・・またも亡くなった鈴木君の指紋が付着していた。

そして、現場に残されていた文字は『六七』・・・

これは一体・・・

 

そして、第一の事件現場付近の防犯カメラに蘭子の弟の姿がバッチリ映っていたのを発見されてしまい、他の警察にも蘭子の弟が関与している可能性があることがバレてしまう。

 

その後、蘭子は弟に接触。

まさかの逃亡の手伝いを計る!

 

そして蘭子も姿をくらましてしまう。

かろうじて解ったのは佐野の居場所・・・

クラブみたいなところでパイオツカイデーのチャンネーをナンパして、いい気分のご様子。

そこに警察がやってきて、察知した佐野は逃亡!

 

やはり事件と何らかの関わりがあるのか?


 


事件解決

蘭子は弟と神社で落ち合っていた。

どうやら先ほど逃がした時に落ち合う場所を決めていたようだ。

 

 そして弟から事の真相を聞き出す。

 

まず弟がやったのは、佐野からの指定場所にスプレーで文字を書けと言うもので、

実際に犯行には関わってないようだ。

 

なぜ佐野の言いなりになったのか・・・

それは彼が失踪した父親の事を匂わせたせいだという。

 

15年前・・・

言う事を聞かない鈴木少年をリンチすることを佐野が決めていた。

それを知った蘭子の弟は刑事である父親に助けを求めた。

 

しかし、結局父親は現れず、鈴木君はころされてしまった・・・

あのとき一体何があったのか?佐野は何か知っているのか?

そしてこの一連の事件の犯人も佐野なのか?

 

佐野から次の文字の依頼が蘭子の弟に届いた。

 

弟は、今度は自分がころされる番だと怯える。

蘭子は佐野を捕まえ真相を聞き出すと意気込む・・・

 

・・・・

・・

 

佐野からのメールで指定された場所に赴く弟。

そしてスプレーで指定された『六一』を刻む・・・

 

と、その時だった!!

バットを持った犯人が背後から襲い掛かる!!

 

だが、これは予期していた事!

実は弟ではなく蘭子が紛争していた!

 

蘭子と、あとから来た青山に取り押さえられた犯人は、なんと鈴木君の弟だった。

彼は兄がころされて全てが変わったという。

しかし青山はそれを認めない。

 

今が上手くいかないのを過去のせいにするなと・・・

蘭子ばりに説教くさくなりやがった!

 

事件は解決・・・

鈴木弟は、ある一通の手紙を受け取り、そこに書かれたアドレスに飛んだ先で、今回の一連の計画を授かったようだ。

 

バットに兄の諮問が付着していたのは、当時の兄の手のひらが映った写真から指紋を採取し、それをバットに転写したという。

その方法についても細かく指示されたそうだ。

 

その謎の人物のハンドルネームは『メシア』・・・一体何者なのか。

そして、佐野の元を訪れ、15年前について尋ねるも、奴は何も知らなかった。

 

・・・・・

・・・

 

一方、大文字教授の元を訪れた青山。

どうやら教授はいないようだ。

ただ、テーブルに置かれた本に目が留まる。

 

ちょうどしおりが、これ見よがしに刺してあり、そのページには

『上杉暗号』というものの解説と解読表が載っていた。

 

青山は何気なく先の事件の

『六五』『六七』『六一』を暗号表にそって読み上げる。

 

め・し・あ・・・メシア!!

 

青山は本をもって飛び出すが・・・

途中の道で、誰か知り合いに会い足をとめたところを、その人物にナイフで刺され、倒れてしまう。

 

大文字がメシアなのか!?

 

青山は助かるのか!?

 

次回に続く!

 

8話感想

 いやぁ。。。中々面白くなってきましたね!

18年前の誘拐事件、15年前の父の失踪・・・

そして今起きてるメシアの事件・・・全てが繋がってそうだよなぁ・・・


 

 

■前回

 

■次回

 

■嫌われる勇気

サイト内検索はこちら

サイト内検索
関連記事

オススメ記事

しろログカテゴリー一覧

  • アニメ感想
  • ドラマ感想
  • バキ道
  • 刃牙道
  • 弱虫ペダル
  • ハリガネサービスACE
  • ハリガネサービス
  • あつまれ!ふしぎ研究部
  • 足芸少女こむらさん
  • チェンソーマン
  • ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない
  • HUNTER×HUNTER
  • 仮面ライダーエグゼイド
  • 仮面ライダービルド
  • 仮面ライダージオウ
  • ゴブリンスレイヤー
  • ドラゴンボール超
  • 水曜日のダウンタウン
  • 勇者ヨシヒコと導かれし七人
  • ニュース
  • 日記
  • プライバシーポリシー
  • プロフィール
  • 最新情報
  • お問い合わせ