https://www.sirolog.com

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ

【ネタバレ】機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第4話「命の値段」【アニメ感想】

更新日:

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ネタバレ感想 第4話「命の値段」

トドとかいうオッサンなんのために鉄華団に残ったんだよww

嫌なら辞めればよかっただろw

こいつは何が狙いで残ったんだ・・・。

 

■前回 第3話「散華」はこちら

【ネタバレ】機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第3話「散華」【アニメ感想】

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ネタバレ感想 第3話「散華」 晩御飯のシーン(´・ω・`) なんかやたら美味そうだなぁ。シチュー?かなぁ。 アトラやクッキー、クラッカーが作ったのか。 一応藍那も ...

続きを見る

 

第4話 ネタバレ前半

地球に向けての作戦会議をする鉄華団のメンバー。

まずは艇軌道ステーション?まで上がって船を待ち、制止軌道上?で

鉄華団の船に乗り換え地球に向かうという。

 

ギャラルホルンの眼を逃れるため、複雑な航路を選ばざるを得ないようだ。

その複雑な航路を進むため、案内役を雇わなければならないようだ。

トドの知り合いに案内役を頼むと言うが・・・このオヤジを信用していいものか・・・

 

オルガは裏切ったらどうなるか解ってるはずだというが・・・

 

・・・・

・・

 

一方宇宙ではギャラルホルンの監査が膨大なデータの精査に追われていた。

コーラルは時間稼ぎでこんなことをしてるのだろうが、

優秀な監査の前では意味がなかったようだ。

 

監査は一つ気になることがあるとコーラルに尋ねる。

一個中隊が帰投していないということだ。

コーラルは暴動の鎮圧に出ていると説明するが、

マクギリスは暴動如きに中隊を出すとは大変ですね・・・と皮肉交じりに言った。

 

コーラルはマクギリスを金で懐柔しようとするが、

そんな不正に乗るマクギリスではなく、逆に怒りを買うことに。

ギャラルホルンも悪い奴らばかりではないようだ。

一方、三日月はガンダムの整備をしていた。

しかし、どうも命を預けるにしては心もとない雰囲気だ。

大丈夫か?という問いに「たぶん」としか返ってこない。

 

これは三日月に限らず整備のオッチャンもだ。

どうやら彼はモビルワーカー専門だったようで、

モビルスーツの事に関しては保証はできないという。

 

こんなんで宇宙に出て大丈夫なんやろかw

一方、昭弘は経理のおっちゃんと共に船の手配にいったようだ。

彼はいわゆるヒューマンデブリという奴だ。

 

マルバとかいうCGSのボスだった奴の奴隷みたいな扱いを受けるヒューマンデブリ。

その証明書のようなものをビスケットが見つけたようで、

オルガはそれを昭弘に帰すというのだ。

 

これで彼らは自由の身になれる。

結局、昭弘は鉄華団に残ったようだが。

 

・・・・

・・

 

一方トドは案内役と話をつけてきたらしいが、その報酬がとんでもないことに。

なんと今回、鉄華団が受け取る報酬の45%も頂くというのだ。

あまりに法外な値段にユージンは怒りを露わにするが、

今回ばかりは事が事なだけに諦めるしかないようだ。

 

むしろ今回の仕事は鉄華団にとっての初仕事。

報酬以上に名を売るチャンスだとオルガは考えているようだ。

だけどこのトドの奴・・・何か裏があるようだぞ。

 

嫌な予感しかしないな・・・

 

・・・

・・・・・

 

昼食を取る面々。

藍那は相変わらず浮かない顏をしながら食事をとっている。

それにしても相変わらずデカい((((;゜Д゜)))

 

藍那に出資してくれてるオヤジマジキモイおっさんじゃねぇかw

彼女も色々苦労するなぁ(´・ω・`)

三日月は昼食後に藍那をどこかに連れて行くようだ。

 

一方監査の二人は、数日前に戦闘があった地域までやってきていた。

三日月たち鉄華団に辿り着くのも時間の問題か。


 


次のページへ >

オススメ記事

-機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.