弱虫ペダルネタバレ感想

弱虫ペダルネタバレ 433話 「山桜」漫画感想

更新日:

弱虫ペダル RIDE.433 「山桜」

「覚醒山口の覚悟がやべぇ・・・

 

433話のネタバレ感想です!

 

■前回第432話「断髪」はこちら

ついに後方集団が京伏の3人を捕らえた!!

動揺する船津に対し、冷静な面持ちな山口と小鞠!

 

てかwwいちいち山口がイケメンなのが腹いてぇ( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

 

シリアスなんだけど、何故かめっちゃ笑えてくるんだが・・・

 

集団はついに、三人の背後までやってきた!!

慌てふためく船津!!

完全におしまいパターンとわめき立てる!!

 

「噛みつけぇ!!」

 

浦久保の合図と共に集団は京伏三名を飲み込んだ!

 

・・・・

・・

 

「ハァ・・・ハァ・・・ハァ・・・

 何がフェイズや・・・何が運命や・・・

 結局何もできんやないすか!!山口さん!!

 ボーズなり損や!!

 

「船津」

 

”まだフェイズ99は途中や(キリッ”

 

山口さんの顔wwww

めっちゃキリリとしとるw

強キャラの風格ですぎやろw

 

ちょ、髪の長いときの山口さんを見返したくなってきたな・・・

こんな顔だったっけ・・・?

 

その山口軍曹から船津に命令が下る。

 



「少し休んだら前に出て全開で引け!

 この集団の速度をもっと上げる!

 リタイアするまで引け!!

 

ちょw鬼軍曹化してはるやんw

 

「えっ!えっ!リタイ・・・え!?

 何言うとるんすか!ハァ!?

 こういう時はいつも動揺しとる山口サンが冷静に・・・へ!?

 え!?まさか」

 

「・・・・!!そうや!!言うたやろ。スタート前に話をしておいた・・・と!!」

 

てかww船津ww

まさかの暴言wwwいつも動揺しとるてww言いすぎだろww

でも、まぁ確かに今のような冷静沈着キャラではなかったなw

めっちゃキリリとしてて吹くわw

 

 

山口は最初から集団に入ることは想定内!

 

「当然俺も引く!!限界まで!!」

 

つまりリタイア覚悟か・・・

仲間の勝利のためなら捨石も辞さないか・・・

 

フェイズ99・・・

それは集団と合流し、加速・・・

そして少し前を走る水田・御堂筋を吸収し、はるか前方を走る総北・箱根学園の追走グループを飲み込むフェイズ!!

 

それはまぁ解るんだけどさ。

総北、箱根学園を飲み込んだあと、どうするつもりなんだろうな。

京伏だって、この様子じゃ船津と山口リタイアやろうから、御堂筋・水田・小鞠の三人になるやん。

 

対する広島・呉南はフルメンバーやろ?勝てる気でいるんかなぁ?



 


「いくぞ浦久保!!」

「こっちは準備万端じゃ!!」

 

広島呉南の浦久保と京伏・山口の共同戦線か・・・

 

浦久保は山口に更なる要求を突きつける。

岸神小鞠にも引いて欲しい・・・と!

 

京伏の戦力を更に削るか・・・

万が一を考えて・・・抜け目のない男だな・・・浦久保優策!

 

しかし、覚醒した山口さんは1ミリも譲らない!!

小鞠は御堂筋から無傷で運んで来いといわれているようだ。

そこは譲れないと!

 

「その代わり、京伏のトップスプリンターであるオレと、2年スプリンター船津が

 全力で引く!!

 

浦久保にとっては、しめたものよ!

 

「ナハ!!京伏副キャプテン・・・なかなか肝のすわった男じゃ。

 ええじゃろ。交渉成立じゃ!行こうか?なァ・・・リーダー!!」

 

「・・・・ああ」

「井瀬さん!!」

 

ワロタwwリーダーとは名ばかりの熊台の鬼軍曹・井瀬。

すっかり縮こまってるやないかw

 

この集団の指揮権は実質浦久保が握っている。

そして、厳しい要求をしながらも、リーダーの命令という名目で、ヘイトは井瀬に溜まっていくという寸法だ。

 

実に汚いが、上手いな・・・・!

 

浦久保は早速ペースアップを皆に命じる!

 

「加速じゃ!京伏のォ!!」

「出るぞ船津!!」

「は・・・はいいッ!!」

 

「うおおお!!京伏の魂見せろォォォ!!!」

 

山口の覚醒でファン増えそうだなw

やたら凛々しいww

 

加速すればより早く先頭に追いつける。

しかし、当然ペースについていけない者は千切れていく・・・

先頭に追いつく頃には選ばれた人間だけに絞られているってわけね。

 

ここまで余裕で来てるフルメンバーの広島は、冗談抜きで優勝狙えるんじゃないか?

むしろこれで負けるとか、ポンコツすぎやろ(((( ;゚д゚)))

 

一体何処が勝つのか、今年のインターハイはわからんな!

 



山口はこのフェイズだけは必ず完遂するという意気込みが凄まじい!!

今まで山口のことを馬鹿にしていた船津も、引きこまれる気迫・・・!!

 

(何や、この山口サンの引き・・・

すごい・・・何や・・・今まで見たことない・・・

力づよく、それでいてどっしりとした安定感・・・

地に根を張り、咲き誇っとる・・・

まるで、春、山々の木々に隠れてひっそりと咲く・・・

山桜・・・!!)

 

タイトル回収ありがとう船津くん。

それにしても・・・

詩人かっ!

 

船津も山口も代わる代わるハイペースを繰り返すようだな・・・

まさりリタイア覚悟か。

そうでもしなけりゃ先頭には追いつけないか。

 

そりゃそうだよね。

最後尾集団だったんだから。

先頭とは、そもそもかなりの時間差があったわけだからな・・・

 

山口は広島の人間にも遅いといい、鼓舞してスピードアップを計る。

並々ならぬ気迫に、さらにスピードを上げる!!

 

絶対に・・・絶対にやりとげる!!

 

覚悟を決めた男っちゅうのは、こうも輝くもんなのか。

山口サン、あんたカッコイイで!!

 

・・・・・

・・・

 

後ろがドエライことになってるコトも知らずに前を走る箱根学園・総北列車は呑気におしゃべりかっ!

 

ハコガクキャプテン・泉田は総北キャプテンの手嶋に1日目のことで謝罪していた。

それは手嶋を過小評価していた点だった。

絶対に真波には勝てない・・・と。

 

1日目は手嶋VS真波ってのあったなぁ。

しかも、手嶋は真波のマシントラブルに対し、”待つ”という選択をした。

中々出来る事ではない。

 

勝負の世界だからね。

普通だったら、その隙に差を広げるところを、手嶋はマシンが治るのを待ってたんだからなぁ。

 

その点も含めて謝罪し、そして総北キャプテンを強い男だと認めた。

 

そんな話してる場合じゃないってのに・・・

その時だった!!

 

「車輪の音だ」

 

最初に気づいたのは総北の青八木だった。

そして他のメンバーも確実に気づき始めた。

 

「聞こえる・・・大量の車輪の音が!」

 

背後に迫る集団!!

コレもうダメだろwオワタww

 

「ようやく・・・や・・・見つけた・・・

 総北とハコガクや!!」

 

アヘ顔軍曹山口・・・!!フェイズ完遂!!

てかもう御堂筋たちと合流したってことやんな?

 

まぁ御堂筋は労いなんかせんだろうけどw

 

次回に続く!!



 

 

■前回

 

■次回

 

■弱虫ペダル

オススメ記事

-弱虫ペダルネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.