【ネタバレ】機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第41話 「人として当たり前の」【アニメ感想】

リンクユニット
注目

■機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

第41話 「人として当たり前の」

f:id:sarapan2014:20170129201003p:plain

■前回はこちら

 

第41話あらすじ前編

名瀬とアミダの葬儀はサイセイで行われる事になったようだ。

しかし、名瀬の遺体はハンマーヘッドと共にギャラルホルンに押収されたようだ。

救えなかったシノ・・・オルガもまた悲しみに暮れていた。

 

そして、それ以上に悲しんだのはタービンズの女たちだった。

全てはジャスレイが仕組み、ギャラルホルンのイオク・クジャンと共謀して起こした事・・・

 

許せない連中だ。

オヤジはジャスレイに疑いを向けながらも、掴み切れていない状況なのかねぇ。

ジャスレイを特別責めたてる事はしなかったが、名瀬の葬式はジャスレイの反対を押し切って強行した。

 

・・・・

・・・

 

そしてジャスレイとイオクの悪巧みは、まだ続くようだ。

その牙は鉄華団だけではなく、テイワズのボスであるマクマードまで噛み砕くつもりのようだ・・・

 

こいつの野心は留まる事を知らないな・・・

 

・・・

・・・・・

 

さらに葬儀に届いたコイツの花・・・

邪須麗だってよオラ! ( °▽°)=◯)`ν°)・;’.、

邪だけはお似合いだオラ! ( °▽°)=◯)`ν°)・;’.、

 

葬儀の場ではしゃぎやがって・・・!!

さらに鉄華団をドブネズミ呼ばわり・・・さらに名瀬を馬鹿にする発言・・・

なんてヤツ・・・イオクは無自覚な悪でクズだが、こいつは自覚のあるクズヤローだな・・・!!

 

抑えられないユージンを止めるオルガ・・・

どんな気持ちだろうな・・・

 

・・・・・

・・・

 

マクマードはタービンズの女たちを責任を持って預からせてもらうとアジー達に宣言した。

アジーやラフタが行っていた護衛任務については別組織が担当するみたいだ。

あれだけの腕を持ちながらモビルスーツ乗りを辞めるのか。。。

 

・・・

・・・・・

 

マクマード邸をあとにしたラフタたち。

アジーはラフタに鉄華団と共に行ってもいいんだよ・・・と告げる。

 

「自分の気持ちに素直になっていいんだ」

 

それはアミダも望むことだった。

果たしてラフタはどういう選択をするのか・・・

 

・・・・

・・・

 

一方イオク・クジャンは健在・・・

やはりクズ・・・ゴキブリ並にしぶといということか・・・

だけどラスタルにはちょっと説教されててよかったな。

 

まぁ本人がそれを叱られたとは認識してなさそうだけど。

このクズ自体、使用禁止の武器を使ったからな。

その証拠をマクギリス陣営が探りを入れてるみたいだけど、まだ見つかってないみたい。

 

イオクのアホだから、すぐに尻尾を掴ませると思ったんだがなぁ・・・

 

・・・・

・・

 

一方、モヤモヤがおさまらない鉄華団の面々。

ジャスレイの仕組んだことで名瀬がしんだのは明白・・・

皆はオルガの命令があれば、すぐにでも飛びかかろうと意気込む。

 

しかし、オルガは冷静だった。

 

「アニキはそれを望んじゃいねぇ・・・

 それに残されたタービンズの連中はこれからもテイワズの下でやっていくんだ。

 俺たちが下手に動けば迷惑をかけちまう。

 アニキとアミダさんは命に代えて家族を守った・・・

 その意志を踏みにじるわけにはいかねぇ・・・」

 

確かにな・・・

だけど、この気持ちはおさまらんよな・・・

 

そんな中、ラフタが着てるとライドが昭弘に知らせた。

 

・・・・・

・・・

 

ラフタは昭弘と二人きりで話を始めた。

 

「よかったらさ、今から少しだけ呑みに行かない?」

 

ラフタからの誘いキタアアアアアアアアアアアアアア!!オラ! ( °▽°)=◯)`ν°)・;’.、

 

この話を物陰で盗み聞きするユージンとシノw

思わず「お~~~~~~~!!」っとなるのだが・・・

 

当の本人である昭弘が鈍感すぎて、仲間たちにも声をかけようとするww

 

丁度角を曲がってきた昭弘を捕まえるシノとユージンw

 

「アホか!馬鹿じゃねぇの!!」

 

説教を受ける昭弘w

そこには金で買えねぇ愛があるかもしれない・・・か。

ユージンもオシャレなこといいやがって( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン 

 

結局副団長命令で二人で呑みに行く事に。

ユージンもシノもいい奴だなぁ。

そして二人の関係についてはチャドはまた秘密にされるんだろうなw

 

・・・・

・・

 

f:id:sarapan2014:20170129201051p:plain

二人で酒場に来たラフタと昭弘・・・

ラフタは強い喪失感に襲われていることを昭弘に告げた。

 

そして昔話を始めるラフタ。

幼いころから違法船で働いていたラフタは酷い雇い主の元で働いていたせいもあって、色々な感情を知らずに育った。

 

そこにやってきた名瀬とアミダ・・・

タービンズに入ってから楽しい気持ちや、嬉しい気持ちや、あったかい気持ち・・・

人を好きになる気持ちなど、いろんなものをそこで初めて知ったようだ。

人として当たり前の事・・・

 

名瀬やアミダが、今いるラフタを一から作ってくれたのだと語った。

まさに二人は両親のような存在だったんだなぁ・・・

 

そして昭弘もまた、鉄華団に入ってから色々な事を学んだようだ。

口下手な昭弘は口で説明はできないようだ。

 

そんな昭弘を優しいヤツだというラフタ。

いい雰囲気なんだけど・・・それがフラグっぽくてなぁ・・・

 

そして結局、ラフタはサイセイに残る決意をしてしまう。

気持ちも結局伝えぬままなのか・・・

 

「俺はお前を尊敬する。

 筋を通さねばならない事、大事にせねばならないものをキチンと見つめ、

 真っ直ぐに生きる・・・俺もお前のようにありたいと思う」

 

「・・・・・うん」

 

気持ち言っちゃえよ!!オラ! ( °▽°)=◯)‘ν°)・;’.、

 

そして最後の別れの時・・・

昭弘はまた仕事で会う事もあると言ってたけど、ラフタは何か運命めいたものを感じていたのか今生の別れの様に振舞う・・・

 

というより、結局想いを伝えなかったっていう自分の気持ちに別れを告げて切ない気持ちになってたのかな。

 

最後に宣言通りラフタは昭弘に抱き着いた。

 

f:id:sarapan2014:20170129201156p:plain

「ぎゅううううううううううううううううううううううう!!」

「ん~・・・」

 

照れる昭弘w

 

「じゃあね」

 

昭弘と別れたラフタ・・・

今までに感じたことのない好きという感情・・・

 

f:id:sarapan2014:20170129201226p:plain

涙をぬぐっての・・・さよならが切なすぎてなぁ・・・・゜・(つД`)・゜・


 


第41話あらすじ後編

オルガはアニキの死からまだ立ち直れないみたいだなぁ・・・

そりゃそうか・・・本当のアニキのように慕ってたからな。

名瀬っていうキャラクターが近年見ないような、いい男だったから、悲しみもひとしおだよな・・・

 

・・・・

・・・

 

一方、ミカとアトラなんだが・・・

タービンズの子供達を面倒見てたこともあって話題は赤ちゃんの話にw

するとミカがアトラに赤ちゃん作らないの?と問題発言ww

 

f:id:sarapan2014:20170129201253p:plain

顏を赤らめるアトラw

 

「ど、どうしてそんなこと・・・」

「いたら面白いと思って」

 

ミカがアトラは誰と子供を作ってもいいと思ってるようでショックを受けるアトラ。

ミカ以外の人となんて考えられないとアトラw

 

「俺ならいいんだ?じゃあ俺と作る?」

 

そんなプラモ作るみたいに簡単にオラ! ( °▽°)=◯)`ν°)・;’.、

 

「え・・・えええええええええええええええええええ!!

 そ、それは望んだことなんだけど、ちょっと考えさせて!」

 

f:id:sarapan2014:20170129201311p:plain

アトラ崩壊ww

おめぇら名瀬のアニキがしんだときに何ラブコメやってんだw

まぁ沈みっぱなしよりはいいかもだがw

 

結局アトラの仕事全部押し付けられるアッシュww

 

・・・・・

・・・

 

一方ジャスレイは期待外れだとボヤいていた。

鉄華団を葬式であれだけ挑発しながらも、奴らが噛み付いてこなかった事に対し、かなり苛立っているようだ。

 

こいつはオヤジも巻き込んでの大喧嘩がお望みらしいな・・・

そしてこいつは嫌がおうにも男を見せてもらうと言って、何かをしかけるつもりのようだ・・・

 

・・・・

・・・・・・・

 

アジーと買い物をするラフタ。

そんな中、アジーが買い忘れを想い出し、一人買いに戻る。

ついていこうかとラフタはいうのだが、すぐだからと一人でいってしまう。

 

ラフタは1人、ぬいぐるみショップへ。

 

f:id:sarapan2014:20170129201337p:plain

そこで昭弘眉毛のクマのぬいぐるみを発見!

やっぱ未練タラタラやんなぁ。

もうほんと気持ち伝えなきゃダメだよラフタ。

 

そしてラフタは購入を決めるのだが・・・

 

その矢先だった。

 

バンッ!!バンッ!!バンッ!!バンッ!!バンッ!!バンッ!!

 

轟く悲鳴・・・

騒ぎに駆けつけたアジーは・・・

 

血の海に沈むラフタを目の当たりにし・・・叫んだ・・・

 

f:id:sarapan2014:20170129201400p:plain

「ああああああああああ・・・・ラフタあああああああああああ!!」

 

ラフタはころされた。

ジャスレイの子分に狙わせたのだろう。

 

エーコから、事実を聞かされた鉄華団の面々・・・

これはさすがに・・・

 

事件の直後、マクマードの元を訪れ挑発するジャスレイ・・・

こいつが手下にやらせたのは明白・・・

 

「あの腐れ外道が!!」

 

ユージンのガマンも限界か。

アジーは自分が離れたばかりに・・・とショックを受けているようだな・・・

 

鉄華団の意見は満場一致のようだ。

 

ジャスレイをやる!!

 

「オルガ・・・命令をくれ!!」

 

昭弘・・・

 

そしてジャスレイは鉄華団が動くと見越して大喧嘩の準備を進める。

ギャラルホルンを巻き込んでの大戦争!!

 

オルガは事のすべてをマクギリスに報告した。

そしてジャスレイを討つ気持ちを伝え、マクギリスはそれを応援すると言ってくれた。

例え鉄華団が地位や後ろ盾を失おうとも、絶対に裏切らない事を誓うマクギリス。

 

オルガもまた、マクギリスを何があっても裏切らない事を誓った。

 

そして、そのマクギリスたちもついに動き出すようだ。

色々、すげぇ戦いになりそうだな。

 

f:id:sarapan2014:20170129201435p:plain

ミカも新たなバルバトスを手に入れていた・・・

その名もガンダムバルバトスルプスレクス・・・!!

 

レクスとは王様の意味らしい。

 

「どのくらいやればいいの?」

 

ミカは相手がテイワズの人間故に、その加減について尋ねた。

 

「徹底的にだ。しがらみなんざ一切どうだっていい。

 俺らは鉄華団だ。俺らが同じ先を望むなら、道理もクソも関係ねぇ!

 全て!根こそぎ!!叩き潰せ!!」

 

「了解」

第41話感想

ラフタはくしくも僕の予想通りにしんでしまった・・・

そのせいで僕のブログは一時期サーバーダウンするほどのアクセスが集中してしまいました。。

 

てか二週続けて辛すぎでしょ・゜・(つД`)・゜・

 

まぁガンダムだし、まだドンドンしぬんだろうけどさ・・・

流石にこの展開は泣けるよ・・・

 

ラフタ・・・

 

次回に続く!!


 

 

■前回

 

■次回

 

■機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズまとめ

関連記事

オススメ記事

サイト内検索はこちら

サイト内検索
Random Posts
購読ボタン

【お知らせ】

購読者様が増えすぎた結果、無料での新着配信が困難になっております。

もし、しろログ等、運営ブログの最新情報をいち早く受け取りたい方は、以下のツイッターをフォローしていただくと、更新情報が解ると思います。

ご不便をおかけしますがよろしくお願い致します。