【ネタバレ】闇芝居 四期 第3話「裁ち鋏」【アニメ感想】

リンクユニット

f:id:sarapan2014:20170129074108p:plain

■前回はこちら

今回の話は、とあるアパートに引っ越してきた女子大生の話のようだ・・・

大して可愛くないのが、なんとも切ないところだが・・・

 

安さに惹かれ即決した物件らしいのだが・・・明らかに何か理由があるだろうに。

彼女自身、それは考えた上で、多少のことには目を瞑ろうと決意して選んだ。

よほど金に余裕がないんだな、、

 

すっかり陽も落ちかけ・・・

荷解きに一段落つけようと思っていると、視線の先に1か所だけ床が違う場所を見つけた。

 

f:id:sarapan2014:20170129074841p:plain

彼女はそれが気になったようで、ちょっと外してみた。

すでに嫌な予感しかしない・・・

 

何もこんな薄暗い部屋でやらなくても・・・

床板を外した彼女は、その中に視線を移す・・・

 

彼女はギョッとした。

 

f:id:sarapan2014:20170129075113p:plain

絶対アカン奴や・・・

 

むき出しの地面に髪の毛・・・?その上に御札・・・そして錆びたハサミ・・・

明らかに呪いの類じゃないか・・・

 

この女子大生・・・こともあろうに、そのハサミを引き抜き、刺さっていた御札と髪ごと、近くのゴミ箱に投げ入れたのだ。

 

「気持ち悪い」

 

気持ちは解らないでもないが、よくやるよ(((( ;゚д゚)))

彼女は荷解きを切り上げ眠りにつくことに・・・


 


f:id:sarapan2014:20170129075513p:plain

眠っていた彼女は目を覚ました・・・

何やら奇妙な物音がするのだ・・・

 

彼女はその物音のする方へと視線を向ける・・・

あの床のほうからか?

 

人のイビキのような・・・低く唸る声・・・

 

やべぇ・・・

あの床板のところから聞こえる・・・

もしや、あれは呪いではなく封印だったのか?

 

よせばいいのに女子大生は床板に近づく・・・

 

そして震えながら床板を外した!!

 

f:id:sarapan2014:20170129075831p:plain

「ひェ・・・ッ!!」

 

なんとそこには、女子大生を睨みつける男の顔が・・・!!

これは土に埋まってるのか・・・?

 

するとそこで目が覚めた女子大生・・・

どうやら悪い夢だったようだ・・・

 

すっかり目が覚めてしまった彼女はトイレに立った。

その時、何気なくゴミ箱に視線を落とした彼女・・・

 

「!?」

 

ゴミ箱に捨てたはずのハサミが消えている・・・!?

 

そして、再び聞こえ始める唸り声・・・

やはり床下から聞こえてくるようだ・・・

 

彼女は勇気を振り絞り床板を開けた!!

生首がある・・・かに思えたが、そこには何もなかった・・・

 

するとその時だった!!

突然の電話のベル・・・

夜中だよな・・・

 

彼女は電話に出た・・・

 

「もう・・・脅かさないでよ・・・」

 

どうやら知り合いだったらしい・・・

しかし・・・

 

f:id:sarapan2014:20170129081640p:plain

彼女の背後から迫り来る顔半分のない男・・・(((( ;゚д゚)))

夢で見た、あの生首みたいなの・・・土に埋まってたんじゃなくて、顔半分が切断されてたのか・・・

 

その後女子大生がどうなったのかは・・・知る由もない・・・


 

 

■前回

 

■次回

 

■闇芝居まとめ

サイト内検索はこちら

サイト内検索
関連記事

オススメ記事

新着
リンクユニット