【ネタバレ】勇者ヨシヒコと導かれし七人 第10話「十」 【ドラマ感想】




■勇者ヨシヒコと導かれし七人
第10話「十」

f:id:sarapan2014:20161210104210p:plain

■前回はこちら

玉を全てそろえたヨシヒコたちは暗雲が広がる方向へと歩を進めていた。

おそらく、あの暗雲の下に魔王がいるのだろう。

 

f:id:sarapan2014:20161210104246p:plain

「ヨシヒコ~~!ヨシヒコ~~!」

 

雷と共に現れた仏・・・今回は役に立つのだろうか?

って・・・早速なにいってるかわからんww

妙な喋り方やめろww( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

 

ヨシヒコが仏を見る際に、メレブのウルトラマン眼鏡(?)を必要とするのだが、

10話にきて、眼鏡の事をいじり始めた( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

 

最後にヨシヒコが眼鏡かけて変身するというオチを予想し語りだす仏w

もういいからwwとっとと話を進めろ!

 

「魔王がさ、巨大化してさ、ね?ヨシ君さ、それかけてさ、変身してさ、ぬふふふふ」

 

f:id:sarapan2014:20161210104310p:plain

「いいからさっさとお告げを言え!!」

「そんな言い方ないとおもうー!そんなね、お告げを言えってね、そんな言い方ないと思うよ。だいたいね!お告げって普通は、たまわるものだからね?」

 

 

「もっとちゃんとした仏だったら、こっちだって言葉遣いちゃんと考えるわ!」

 

「おい、なんだそれ、なんつった今?

 そいじゃんぬ!そえじま!そいじゃお前まるで私がしっかりしてないみたいでぇい!

 

f:id:sarapan2014:20161210104341p:plain

「ちゃんとしてねぇじゃんかよ!!」

 

 

f:id:sarapan2014:20161210104418p:plain

「!!うぶ・・・ひぃ・・・ひぃ・・・ひぃ・・・」

 

「なんだそれは・・・なんだそれは・・・泣いてるのか!?どんな感情なんだ!?

 なんだ!泣いてんの?何?泣いてんのね?」

 

f:id:sarapan2014:20161210104442p:plain

からの・・・

 

f:id:sarapan2014:20161210104542p:plain

これwwwもう仏の変顔はいいからwww

一応慰めるメレブw

 

f:id:sarapan2014:20161210104611p:plain

「大丈夫です仏。仏はちゃんとしている時もあります」

 

 

f:id:sarapan2014:20161210104634p:plain

「やったー!」

 

f:id:sarapan2014:20161210104703p:plain

「おぉい!なんで今の言葉で復活できた!?立ち直れた?

 おいおいよく聞けよ?ちゃんとしてる時もありますってのは、

 大抵ちゃんとしてないってことだからね?」

 

そんな中、急に話題を変えたかと思うと、自分は仏8号だという。

え?4号じゃないのかよw

 

「え?降格?降格なの?」

「ちがいますー!元々8号ですぅーー!」

 

うぜぇえww

 

f:id:sarapan2014:20161210104726p:plain

「嘘をつくんじゃない!!」

 

f:id:sarapan2014:20161210104754p:plain

「ずっと4号だったじゃねぇかよぉ!!」

 

f:id:sarapan2014:20161210104818p:plain

「いろいろあったんだよぉぉぉ!!!」

 

「逆ギレ!逆ギレんなぁ!」

 

仏は君達の知らないところで色々あったというが、

実際にはまんま見せられてたからな・・・

 

不倫とか学歴詐称とかな・・・

 

仏は弁明の機会をくれと言うが、メレブにいらねぇよwって言われるw

マジでいらねぇから話進めろしw

 

「そんなの聞く尺がねぇんだよ!

 お前の弁明分の尺はねぇんだよ!

 そういった分の尺はねぇんだよ!尺は!尺は!!」

 

尺が言いたいだけだろwwww

 

「お前なんだよ・・・尺が尺が尺がってさ・・・お前は釈由美子かッ!!

 

f:id:sarapan2014:20161210104846p:plain

『・・・・・・・・・・・・・・・』

 

メレブの顔ww

 

「・・・・ね?降格するとギャグもつまらなくなるの」

「面白い事いう必要ねーの!」

「仏!お告げを!」

 

仏は話を止めてくれたヨシヒコに感謝すると共に、ようやく本題に入った。

7つの玉が揃うと、まずシェンロンという大きな龍が出てくるとww

3つの願いを叶えてくれるそうで、そのあともベジータとかフリーザといった強力な敵が出てきます。

 

「うっそおおおおおおおおおおおおおおおおおおおん!!」

 

f:id:sarapan2014:20161210104914p:plain

『・・・・・・・・・・・・・』

 

だからメレブの顔www

 

「ややうけ?」

「誰もうけてねぇよ」

 

ようやく本題へ。

この先に魔王の住む大神殿があるようだ。

だが、すっごい山々に囲まれているそうだ。

 

ドラクエにありがちなパターンだな。

越えるとか登るとかいう代物じゃないらしいw

 

「もうね!90度!あぁん!90度あぁん!90度!近いね!」

 

壁じゃねぇかww

しかも高さ5000mもあるらしい。

 

どうすればいいのかと聞くと、飛ぶしかないと仏は言う。

 

「空とぶじゅうたん!」

 

で、越えられるレベルではないらしい。

どうやら『空を飛ぶ城』を使うようだ。

 

ただ、その城は、とある事情で飛べなくなっているという。

 

「どうすればその城は再び飛ぶのですか?」

 

f:id:sarapan2014:20161210105003p:plain

「わかんなーい!」

 

f:id:sarapan2014:20161210105025p:plain

「ころすぞ!!」

 

ムラサキww

 

「とりあえずさ。行って聞きゃあいいじゃない。場所だけ教えるからさ」

 

適当だなぁ・・・

 

「ほんと使えねぇわぁ・・・やっぱ8号だわぁ・・・」

 

変顔で反撃する仏。。。もういいぜ・・・

 

「わかった!早く城まで案内しろ!」

 

「よかろう!ついてまいれ!!」

 

「おぉ!今のかっこよかった!頼りになるね!」

 

f:id:sarapan2014:20161210105056p:plain

「ハァイ!ネブキーン(?)」

 

『お前じゃねぇのかよ!』

 

中編1に続く!!

スポンサーリンク

 

 

■おすすめ記事



サイト内検索はこちら

サイト内検索

■ピックアップ記事

新着記事まとめ

おすすめ動画サービス