【ネタバレ】あつまれ!ふしぎ研究部 第13話 「気合いのふしぎ」【漫画感想】

リンクユニット

■あつまれ!ふしぎ研究部
第13話 「気合いのふしぎ」

f:id:sarapan2014:20161117080145j:plain

■前回の感想 

『はい!ご覧の通りコップを逆さまにしても水が落ちません!

 タネも仕掛けもありません!』

 

千晶はスマホでマジックの動画を見ているようだ。

 

「うーん・・・何度見てもわからん・・・

 どうやってるんだろうなー」

 

「ちわー」

 

大祐が部室にやって来た。

もう嫌な予感しかしないw

 

バッシャァ!!

 

頭から水をぶっかけられる大祐ww

 

「!!」

「だよなー」

 

「何が!?」

 

マジで災難だよなw

まぁ、たまにチチ揉ませてもらってるからトントンだとおもえ( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

 

「ノープランでマジックやるのやめてくれません?

 少しは仕掛けとか考えたらどうですか」

 

「仕掛け?

 マジックは気合いでやるんだよ!

 

(この人絶対マジック向いてない)

 

気合いてww

気合での多寡でマジックが出来てたまるかww

 

「プロのマジシャンだって言ってるだろ。タネも仕掛けもありませんって」

「文字通り受け取ってどうするんですか。ありますよ種も仕掛けも」

 

千晶はアホの子なんだな・・・

今に始まったことじゃないが・・・

 

「そんなんじゃ何一つ成功させられませんよ!」

「それはどうかな?実は私にも得意なマジックがあるんだよ」

 

「へーどんな?」

 

大祐のナメくさった顔www

 

「このコップの中に、この球を瞬間移動させるぞ」

 

あー・・・よくあるやつだよね。

コップをテーブルに逆さまに置いて、コップの底に球を置いて、それが一瞬でコップの中に移動するってあれ。

 

千晶にそんな高等技術があるとは思えないんだが・・・

 

「結構本格的な奴じゃないですか。本当にできるんですか?」

「まあ見てなって」

 

千晶はテーブルにコップを逆さに置き、そのコップの底に球を置いた。

そして目を閉じ、精神統一を計る・・・

 

カッ!!

 

瞳を見開いた千晶は!!

 

「せい!!」

 

バリン!!

 

くっそww力技www

確かに球はコップの中に入ったけど・・・

完全に掌底で球を押し付けて、コップの底突き破ってますやん・・・


 


「どうだ、すごいだろ」

「すごいけど、それマジックなんですか?」

 

「苦労したんだぞ。コップを割らずに底だけ貫通させるの」

「努力する方向間違ってますよ」

 

確かに微妙な力加減じゃないと、ああは割れないなww

ある意味すげぇことやってんねんな千晶ww

 

「スプーン曲げと縄抜けもできるけど見る?」

「いや大体想像つくんでいいです」

 

全部力技じゃねぇかww

どんだけ腕力にものいわせんだよww

 

(しかし、これは良くないな・・・

気合いとか力技でなんとかなると思われてると・・・)

 

大祐の妄想が膨らむww

よくある人を箱の中に入れ、そこに剣を突き立てるマジック・・・

あれを力技でやった日にゃ・・・

 

 

【女子高生が男子生徒を刺さつ】

女子生徒(17)は「気合いでいけると思った」と供述しているようです。

 

 

なぁんてニュースが流れる日も・・・遠くないかもしれない(((( ;゚д゚)))

 

(遠くないうちに事件になる・・・!

どうにかして考え方を改めさせないと・・・

でも千晶先輩頑固だからなー)

 

メキッ!!

 

半端ねぇ握力でスプーンを曲げた・・・

やべぇ・・・よ・・・

 

(やっぱり自分が千晶先輩の手本になろう。

自己防衛のために!)

 

・・・・・

・・・

 

1週間後・・・

 

「千晶先輩」

「!」

 

「俺もマジック覚えてきたんですよ」

「大祐が!?」

 

「玉が増えたり消えたりします」

「いやー素人には難しいだろ~そのマジック」

 

鼻で笑ってやがるw

一体どの口がいうのかw

 

大祐は指先につまんだボールをドンドン増やして見せる。

遂には親指と人差し指、人差し指と中指、中指と薬指の間に、それぞれ1つずつ、

計3つのボールを出して見せた!

 

「どうですかね?(千晶先輩にはこの程度じゃ動じないかな・・・?)」

「ま、まぁ・・・初心者にしては、まぁまぁかな・・・」

 

めっちゃ動揺してるww

 

「じゃあ千晶先輩やってみてくださいよ」

「え」

 

千晶は玉を手にとり、色々悩んでいるようだが・・・

ついには頭から煙を噴き出したぞww

 

「いや、できないなら、そう言ってくださいよ。

 気合いだけじゃどうにもならないってわかったでしょう。

 いい加減、種明かししましょうか?」

 

「いいや、必要ないね。

 私のマジックは・・・」

 

ヒェ・・・ッ!!

 

玉を親指と人差し指、人差し指と中指、中指と薬指にそれぞれ挟んで、メチャクチャ力込めてらっしゃるww

 

「気合いなんだ!!」

 

スポッ!!

あーーっと!!玉が指からすっぽぬけたぁあああああ!!

 

た、玉の行方が・・・

大祐の顔面にめり込んだぁああああああああ!!

 

丁度・・・(∵)←こんな感じで目と口にめり込んでやがるww

 

次回に続く!!


 

 

■前回

 

■次回

 

■あつまれ!ふしぎ研究部

サイト内検索はこちら

サイト内検索
関連記事

オススメ記事

しろログカテゴリー一覧

  • アニメ感想
  • ドラマ感想
  • バキ道
  • 刃牙道
  • 弱虫ペダル
  • ハリガネサービスACE
  • ハリガネサービス
  • あつまれ!ふしぎ研究部
  • 足芸少女こむらさん
  • チェンソーマン
  • ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない
  • HUNTER×HUNTER
  • 仮面ライダーエグゼイド
  • 仮面ライダービルド
  • 仮面ライダージオウ
  • ゴブリンスレイヤー
  • ドラゴンボール超
  • 水曜日のダウンタウン
  • 勇者ヨシヒコと導かれし七人
  • ニュース
  • 日記
  • プライバシーポリシー
  • プロフィール
  • 最新情報
  • お問い合わせ