弱虫ペダル

弱虫ペダル

弱虫ペダルネタバレ感想

【ネタバレ】弱虫ペダル RIDE.427 2人のダウンヒル【漫画感想】

更新日:

■弱虫ペダル
RIDE.427 2人のダウンヒル

「2人の友情が壁を越えていく!!

 

■前回のレビュー

「ハァ・・・ハァ・・・!!」

 

(登りに入った!!追いつく!!先頭に!!)

 

「ああああああああ!!!(先頭に!!)」

 

総北・ゼッケン1番・小野田坂道!

先頭で待っている今泉と合流すべく、全力でペダルを回す!!

 

あいつは登りになると、信じられんほど速いんや!!

 しかーーーーし!!

 そんなことでおいていかれるオレやないわ!!

 

 ハハハ!!オレは京伏キャプテン水田!!

 フェイズ82はおまえに”フタ”を・・・あっ!まてコラ!

 あっ!うそやろ見えなくなった・・・」

 

水田・・・所詮水田だったか・・・

 

それにしても速い・・・速すぎるぞ坂道(((( ;゚д゚)))

これが化物ペダルか・・・

 

・・・・

・・

 

その頃、スタート地点では・・・

 

「選手は全員スタートしたよ!!ボクらは給水所に先回りだ!早く積み込んで!」

「アヤちゃん!」

「わかってるって!」

「はい!」

「おん!」

 

総北メンバーが慌しく車に色々積み込んでるようだ。

こういう時の杉本の指示は的確でいいね。

 



「昨日は大変だったな古賀」

「いえ、たまたま学連の車にひろってもらえて無事に戻ってこられましたよ」

 

寒咲兄さんと話をする古賀さん。

二人とも手伝ってやれよww

 

「どう見る?この序盤」

「そうですね・・・まずは小野田が追いつくかどうかですね。

 そこが重要だと思います」

 

「小野田が・・・今泉に・・・か?」

「・・・いえ、その先の箱根学園2人に・・・です。

 もし、その2人を逃がすことになれば、今日のレースは終わってしまうかもしれません

 

まぁ古賀の読みは当たってるかもだよな・・・

3日目最終日・・・先にゴールしたものが当然優勝するわけだし、

スタート地点から箱根学園有利な状況・・・そのまま行けば、そのまま優勝が決まるからな・・・

 

・・・・・

・・・

 

「ハァ・・・ハァ・・・!!

 (けど!!この登りはそんなに長い峠じゃない!!カーブがあける!!

 見えて!!先頭!!)」

 

坂道がカーブを抜けると、そこには今泉と京伏・御堂筋の姿があった!!

 

「今泉くん!!」

「小野田!!」

 

満面の笑みの坂道と、待ってましたって顔の今泉の笑顔w

 

「・・・・ホゥ・・・・!!(サァカミイチィ・・・!!)」

 

3日目序盤の最初の峠の終わり・・・榛名山の外輪山の峠の頂上で、先頭グループに追いついた坂道!!

 

追いつけるのか!?先をいく箱根学園に!!



 


「あ・・・あ・・・は!!」

 

坂道は早速気づいたようだな・・・箱根学園がいないことに!!

 

「(追いついた・・・!!けど)箱根学園がいない!!

「・・・・・!!ああ。今の登りの途中で”行かれた”・・・!!

 オレがおまえを待ってペースをあげられないのも・・・

 御堂筋と協調しないことも読まれてた」

 

御堂筋の顔wwwwww

 

・・・・

・・

 

坂道が合流少し前・・・

 

『るっしゃあああああああ!!』

『くそぉ!!』

 

加速する悠人と葦木場!!

追いかける今泉!!

 

『先行きますね。この先、登り終われば長い下りなんで・・・

 時速80kmで!!

 

・・・・

・・・

 

「・・・・・」

 

この話を聞いた坂道は驚きを隠せない!

 

「ごめん!ボクが追いつくのが遅かったから!!」

「いや、ギリギリ大丈夫だ!」

 

おや?今日は強泉になってんぞ!?

 

オレのうしろにつけ。景色は見るな!

 オレのギアとケイデンスと荷重移動をうしろから見てそっくり真似ろ」

 

(え)

 

「まだ急げば、つかまえられる差だ!!

 よくこのタイミングで追いついてくれた坂道!!」

 

(あ)

 

何かに気づく坂道。

 

「こっから先は長い下りだ。

 昨日、登ってきた榛名山を一気に下る!!

 急ぐぜ?今からおまえは、おまえの知ってる速度以上でこの山を下る。

一度ミスすりゃ路肩にふっとぶ命がけのハイスピードダウンヒルだ!!

 

(追いつく気だ!!今泉くん!!

下り・・・!!ダウンヒル!!)

 



「覚悟キメろ!今から時速90km/hまで上げる!!」

 

「きゅっ・・・

 (90km/h!!く・・・車じゃないか!!

 でも前に追いつかないとならない!!前に!!箱根学園に!!)

 

 うん!!いこう!!

 

「よし!!!いくぞ!!」

 

 

ファッ!!?

 

急斜面なんてもんじゃねぇぞww

90度ちかくねぇかこれwww

 

(速い!!いきなり速い!!

景色がうしろにふっとぶ!!コーナーがすぐ来る!!

 

う・・・あ・・・うわ!斜めだ!!

遠心力を感じる。落ちるみたいな速度で曲がってる!!

 

こんな速度で曲がったことない!!

でも、今泉くんに動きを合わせて!!行く!!)

 

今泉の後ろにはりつく坂道。

よくついていけるなぁ・・・恐怖心半端ないだろ・・・これ(((( ;゚д゚)))

 

(フルブレーキ!!)

 

二人の息はぴったりだ!!

ブレーキタイミングなんて、ちょっとでも前とズレたら、衝突しちゃうからな・・・

 

(コーナーがすぐ来る!!ギリギリだ!!すごい!!早送りみたいだ!!

速い!!怖い!!

だけど少し怖くない。今泉くんの背中は安心感がある)

 

「まだいけるかァ坂道!!」

「あ・・・うん!!あの、こういう時に言うのは違うかもしれないけど」

 

「!」

「今泉くんの背中はいつも・・・安心感があるから、だから大丈夫!!」

 

「はぁ!?背中!?

「うん・・・何ていうか、いっつも、こっちこいよって言ってくれてるみたいで、

 何ていうか・・・

 いつも優しく引っぱってくれるから

 

「本当に、今言うことじゃねぇな」

「あ、だよねwごめん言いたくなっちゃって。

 レース中なのにごめん!」

 

 

「でも・・・や・・・やっぱ、ちがうか。

 レース中に言いたくなったんなら、それは言う時だな」

「え」

 

「ロードレースは長いし局面がすぐにかわる。

 なのに、ひたすら前に進むスポーツだ。

 戻ることはできねぇ。時間の流れに似てる。

 

 常にめまぐるしく変化する。

 そん時、思ってることって、そん時しかねぇんだよ実際。

 

 ありがとよ。さっきの言葉はげみにするよ。

 ま、オレは大して優しかないけどな」

 

笑顔でそう語る今泉!

 

「・・・・・!!」

 

パァっと笑顔になる坂道w

 

「そんなことないよ!」

 

そんな話をしている間に・・・

 

「さて、ようやく見えてきたぜ。箱根学園!!」

 

ようやくとらえたようだな!!箱根学園!!

 

次回に続く!!



 

 

■前回

 

■次回

 

■弱虫ペダル感想まとめ

オススメ記事

-弱虫ペダルネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.