【ネタバレ】ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第36話「アナザーワン バイツァ・ダスト その2」アニメ感想【前編】




■ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない
第36話「アナザーワン バイツァ・ダスト その2」

f:id:sarapan2014:20161205165559p:plain

■前回はこちら

7月16日(金) 07時57分・・・

本当に無敵の能力バイツァ・ダスト・・・その事実を突きつけられ、震える早人。

 

岸部露伴を吹っ飛ばして戻ってきたことを知った吉良は震える早人に礼を言う。

 

f:id:sarapan2014:20161205170054p:plain

「さて、それじゃあ・・・私の大切な家族を幸せにするために仕事に行くとするかなぁ」

 

吉良・・・いや、川尻浩作の勤める会社では、この髪型と色は容認されるのか?w

まぁそれを言い出したら白スーツに髑髏ネクタイも怪しいもんだがww

 

てか、あれだよな・・・

バイツァ・ダストって早人を通して吉良を探る者を爆破するんよな?

こんな怪しい奴、早人抜きで、辿り着けるんじゃないのか?

 

よくわからんがw

 

f:id:sarapan2014:20161205170404p:plain

これ、この先も毎回吉良のおでかけのキスとしのぶのメス顔見せられるのかよw

 

唇が触れ合うあとわずか・・・!

その時だった!

 

パリーーーン!

 

早人がティーカップを床に叩きつけて割った!

キスを阻止したのか。

 

「ああ!!何やってるの!私の大切なポットー!

 どうしてこんなことするの!

 お前って何考えてるのかわからないわ!

 いつも返事もしないし!どうしてよぉ~~!」

 

f:id:sarapan2014:20161205170803p:plain

早人を見て、この不適な笑み・・・なんだってんだ。

 

(ママ・・・あいつは人間じゃぁないんだ。

僕が誰かにあいつの事を喋れば、その人を吹っ飛ばして朝が繰り返される・・・

このままあいつの自由にさせておいたら、今じゃぁなくても、いずれ僕とママはころされる!!)

 

早人は玄関で待ち伏せている吉良を確認。

靴と鞄を持って、2階の部屋から木を伝って、こっそり外へ出た。

 

吉良には気づかれていない。

奴は早人の帽子を持って入り口前で待ち伏せている。

 

早人は走った!

 

f:id:sarapan2014:20161205171254p:plain

(岸辺露伴・・・吉良の他にも能力を持つ者がいた!

岸部露伴をなんとかしなくては!

僕とママを救えて、吉良をなんとかできるのは岸辺露伴のような、能力を持つ者だけなんだ!)

 

・・・・

・・・

 

f:id:sarapan2014:20161205171636p:plain

8時25分頃・・・

早人は露伴の車が停まっているとこから少し離れた路地に身を潜めた。

 

露伴に会ってしまえば、また露伴が吹っ飛び、早人は同じ朝に戻ってしまう。

露伴に会わずに吉良の事を伝えなければいけない!

 

(運命を変えるんだ!!)

 

その時だった!!

 

f:id:sarapan2014:20161205171834p:plain

こ、これは露伴のヘブンズ・ドアー!?

なぜいきなり発動した!?

 

(なんだこれは!!?これは・・・前の朝に露伴にされた能力!!)

 

「ペプシッ!チキショーーー!!」

「クスクス」

 

「今回は露伴から離れているのに!露伴は僕を見てもいないのに!!」

 

f:id:sarapan2014:20161205172106p:plain

「一度起こった運命の結果は変わらないんだよ」

 

f:id:sarapan2014:20161205172240p:plain

「早人」

 

ウィスパーボイスこええええええええ(((( ;゚д゚)))

 

そして今週はOPが吉良仕様になってて、めっちゃ怖いんだが・・・

巻き戻っていく・・・

 

バイツァ・ダストをイメージしたOPか・・・

 

7月16日(金) 08時27分・・・

雨が降り出し、雷が落ちた・・・

 

吉良が言うには、今朝のポットセットを割ったことも、早人の意思ではないようだ。

前の朝に割れた結果は変わらない。

たとえあそこで早人が割らなくとも、何かしらの理由でポットは割れたというのだ。

 

「なるべくしてなる。それが運命というものなのだ。

 お前が前の朝、本にされたのなら、必ず本になる。

 だからキラークイーン・バイツァ・ダストは無敵なのだ。

 私の正体だけを消して時は元通りになる」

 

f:id:sarapan2014:20161205173015p:plain

「これから露伴の奴が爆屍する所も見物してから会社へ行けるというわけだな」

 

(露伴をしなせちゃぁいけない!露伴を助けなくっちゃぁいけない!!)

 

しかし時は残酷だ・・・露伴爆発の8時30分まで、あと2秒・・・

 

1秒・・・

 

0・・・

f:id:sarapan2014:20161205173329p:plain

「あああああああああ!!」

 

「ん~岸部露伴か。フフフ・・・

 見ろ・・・彼は今、なぜ自分がしんでいくのかさえも気づいていない。フフフ・・

 『もう漫画が描けないなぁ』なんて事を考えているのかな?」

 

f:id:sarapan2014:20161205173634p:plain

正直、この4部で露伴という男が大好きになってしまったので・・・

彼がこんな姿になるのは見たくない・・・

 

f:id:sarapan2014:20161205173746p:plain

だが・・・無情にも爆破は避けられなかった・・・

木っ端微塵・・・

 

「うあああああああああ!!!」

 

そりゃ泣くわ・・・自分のせいで、これで二度しんだろ・・・

 

f:id:sarapan2014:20161205174056p:plain

露伴の魂が砕かれ、天に昇っていくのを杉本鈴美は目撃・・・

 

「ろ・・・露伴ちゃん・・・そ、そんなぁ!!」

 

・・・

・・

 

「う・・・うぁ・・・」

「早人・・・お前が露伴に会ったという事実さえも消えて、朝は元通り過ぎていくのだ。

 今、バイツァ・ダストを解除すれば、露伴の死は最早繰り返すことは無い事実となるが、まだ解除はせずにおこう。

 他にも何人か仲間が来るはずなのでねぇ」

 

f:id:sarapan2014:20161205174653p:plain

「そいつらもお前は自動的にやっつけてくれるってわけだ地雷のようにな・・・フフフ」

 

「うう・・・う・・・」

 

「でも、ま。バイツァ・ダストはお前に危害を加えるわけではないから、

 安心して、楽しい少年時代を送ってくれよ?んふふふふ。

 それじゃあパパは駅だから。しっかり勉強してくるんだよ?」

 

コイツ・・・マジで悪魔やな・・・

もう連載当時に戻って、みんなとリアルタイムでジョジョ話したかったーん。

 

後半に続く!!

スポンサーリンク

 

 

■おすすめ記事