【ネタバレ】Chef ~三ツ星の給食~ 第4話 屋台はじめました!【ドラマ感想】

リンクユニット
更新

■Chef ~三ツ星の給食~

第4話

f:id:sarapan2014:20161103232152p:plain

■前回の感想

店からお呼びがかからないなら作っちゃえ!

光子が選んだのは三ツ星の屋台だった!

果たして成功するのか!?

 

木材切って一から手作りかよw

しかも徹夜で作り上げるってやばない?((((;゜Д゜)))

 

f:id:sarapan2014:20161103232504p:plain

なかなかいい感じだなw

屋台で三ツ星フレンチ・・・もちろん給食も続けながらだ。

もう凄いね!情熱のある人はww

 

毎日がきっと楽しいんだろうなぁw

光子に徐々に感化されていく荒木w

子供の評価も上々だなぁ。

 

・・・・・

・・・

 

そんな中、荒木は来週の献立で豆料理に悩んでいた。

どうやら豆料理は残食量が多いんだと。

 

豆美味しいのにね!

僕は子供のころから好きだったぞ( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン 

 

ひじきのヤツと一緒にはいってたよなー大豆。

 

・・・・

・・・・・・・

 

光子は三ツ星レストラン時代の顏なじみの店で仕入れを始める。

そこでラレーヌ?元いた店の仕入れ方法が変わった事を店主から聞かされる。

どうやら店に足を運ばずにFAXで仕入れる物を指示して送ってくるんだと。

 

光子は自分の目で見て最高の食材のみ選ぶ。

そこらへんが決定的に違うみたいだなぁ。

 

・・・・

・・

 

そして屋台開店日!

バケモノみたいに重い屋台を馬鹿力でひいてるww

 

果たして屋台は成功するのか!?

同僚たちは冷ややかな目で見ているが・・・

 

CHEZ MITUKOって店なのか(´・ω・`)

 

しっかし客は寄り付かないみたいだな・・・

世間的な評価はまだ『食中毒女』かwww

 

結局夜遅くまで一人もこないじゃねぇかww

テレビ局のクルーまで取材に呼んでw

ちなみに食材がなくなるまで閉店せんのだとw

 

酔っ払った、ずん飯尾扮するサラリーマンが最初の客として選ばれたw

酔ってるのをいいことにwほとんど無理矢理じゃねえかw

 

メニューはシェフのお任せしかないのか。

しかし出てくる料理どれも最高に美味いようだ・・・

だけどこれ値段どうなんだ・・・やべぇんじゃねぇの・・・

 

f:id:sarapan2014:20161103232209p:plain

32400円wwwww

 

こんなたけぇの誰が喰うかww

客逃走www

酔っ払いしか入ってこないw

 

通りかかる客はみんな高すぎだというw

当然だろww

 

フルコース15000円・・・うーむ。。。

 

てか、普通にテレビで屋台の宣伝してんじゃん((((;゜Д゜)))

給食番組のプロデューサーの取り計らいか。

流石にくるんじゃね?

 

でもまぁ・・・15000円って庶民の価格ではないよな。

東京にしては安いのかもだけど。

 

・・・・・・

・・・

 

その後、光子の同僚の14股の男が彼女と共にやってきた。

気付けば屋台は大行列!!

f:id:sarapan2014:20161103232233p:plain

テレビの宣伝効果マジで半端ない((((;゜Д゜)))

 

しかし、これをよく思わないラレーヌのオーナーがまた何かを仕掛けようと考える・・・。

 

さらに光子の職場でもフルコースを出している事を知った荒木が、

『屋台には屋台のルールがある』とオーナーと同じセリフを吐いた。

 

なに?屋台のルールって?((((;゜Д゜)))

 

そして・・・

 

f:id:sarapan2014:20161103232253p:plain

「ファッ!!?」

 

光子wファって言ったなwww

オーナーが屋台にやってきた!!

 

一体何をする気なんだ・・・


 


オーナーに料理をふるまう光子。

絶賛するオーナー。

 

f:id:sarapan2014:20161103232312p:plain

飯テロすぎるwww

オーナーのコメントがいちいち食欲をそそるww

 

大絶賛じゃないかww

いったい何のつもりやねん。

 

ワインまで飲み干しちゃってさ。

 

すると・・・次のお客さんが来たようだとさっさと金を払うオーナー。

次のお客とは警察だった!!

 

屋台を出すには場所の許可も必要だし、原則1品しか出せないんだって。

はぁ・・・マジでか。

そんなルールがあるなんて初めて知ったわ。

 

光子可哀想・゜・(つД`)・゜・

 

でも光子は全然へこたれてない!

翌日も笑顔で出勤し、豆料理のアレンジを思いついたようだ。

 

ジャガイモと豆をあげるんだって!

んで青のりまぶすとか・・・最高に美味いだろ・・・

 

 

f:id:sarapan2014:20161103232059p:plain

飯テロすぎる・・・

 

はぁ・・・これ食ってみてぇ・・・

 

f:id:sarapan2014:20161103232120p:plain

「残せるものなら残してみなさい!わたしの作った青のりのポテトビーンズ!」

 

大 絶 賛 ! !

 

間違いないだろうなぁ・・・

 

同僚たちもポテトビーンズの匂いにやられて、みんなは荒木のからあげが食べたくなったという。

他の料理も所望され、荒木は市場に買い出しにいくのだが・・・

 

そこでオーナーと遭遇。

さらに料理評論家の柿谷も来ていた。

 

荒木は、あの料理評論家と何かあったのか?

なんかめっちゃ睨んでたが・・・

 

その後、学校に帰り光子に話を聞く荒木。

食中毒事件をでっちあげられたと語る。

すると、荒木は今日の飲み会に光子も来いという。

 

・・・・・・

・・・

 

f:id:sarapan2014:20161103232341p:plain

唐揚げ美味そうすぎだろこれ・・・

 

荒木は唐揚げで屋台をやってたんだって。

そこであまりの人気から店まで出したんだって。

 

荒木は屋台はオープンキッチンで五感に訴えかけるんだと、

光子に屋台のノウハウを教えた。

 

匂いで誘い、音を聞かせ、食感を味あわせろ!

 

いい奴だなぁ荒木さん。

きっと諦めない光子を見て手を差し伸べたくなったんだなぁ。

 

でも荒木のからあげを50点と酷評ww

自分を100点として50点w

でもこれは誇らしい事だという。

 

他人の料理を食べて50点までいったのは5年ぶりだというのだ。

全然褒められてる気がしねぇww

 

光子はさっさと帰ってしまった。

 

・・・・・

・・・

 

その後、店をあとにした他のメンバーたちは荒木と料理評論家の柿谷の因縁について話し出した。

 

どうやら屋台から店を出した荒木の伝説の店に行って食べた事があったらしい。

でも、荒木は柿谷を特別扱いはしなかったようだ。

それが気に入らなかったのか、柿谷はボロクソに評価。

 

怒った荒木は水をぶっかけたらしい。

そういう事があって最低の店と酷評され潰されちゃったみたいね。

 

マジ評論家許せんな( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン 

 

・・・・・

・・・

 

一方、プロデューサーがラ・レーヌに招かれ、料理を食べていた。

そこで光子が再び屋台の一品もので勝負に出る事を伝えた。

 

これを聞いたオーナー・・・またしても嫌がらせをする!!

 

・・・・・

・・・

 

翌日、荒木のアドバイスから一品ものに鴨を選んだ光子。

市場を訪れ、仕入れようとするのだが・・・どの店も品切れというではないか。

どうやらラ・レーヌが食材を買占め、光子に最高の食材が渡らないように手を回したようなのだ。

 

f:id:sarapan2014:20161103232403p:plain

いい笑顔だww

つーかww

 

そこまでやるかよww

 

オーナーぶっ潰さんとあかんな!!

 

次回に続く!


 

 

■前回

 

■次回

 

■Chef ~三ツ星の給食~

関連記事

オススメ記事

更新

こんな記事も読まれています

Random Posts

サイト内検索はこちら

サイト内検索
購読ボタン