【ネタバレ】勇者ヨシヒコと導かれし七人 第4話「四」 【ドラマ感想】

リンクユニット
注目

■勇者ヨシヒコと導かれし七人
第4話「四」 

f:id:sarapan2014:20161029091642p:plain

■前回はこちら

えwはじまっていきなり

「お疲れ様でーす!」ってww

サンドウィッチマンの富澤たけし!?

 

てか、メレブよ・・・

前回はムラサキにイタズラしてたけど今回はヨシヒコにちょっかいかけてたなw

子供かっ!

 

まぁいいや。

 

つうかwww

盗賊らしいんだがwいきなり段取りを説明し始めたぞww

 

お笑いのノリ全開やろww

これから盗賊が登場するので、それなりのリアクションをお願いしますってww

 

本番を前に練習までおっぱじめやがったw

てか相手するヨシヒコ一行よwwはよ斬れよww

 

「私を盗賊だと思っていただいて!はい!でてきた!」

『わぁ』

 

「おしい!もうちょっと驚いてみましょう!ぬぬぬ!なにやつ!くらい言っちゃいましょうか!」

 

なんだこれww

メレブも流石に呆れてきてるのにヨシヒコだけ楽しんでやがるw

みんな斬れって言ってるのにww

 

「ぬぬぬ!何奴!」

 

ヨシヒコww気合い入りすぎだろw

盗賊いわく、そのあと長めの自己紹介がはじまるんだとさ。

クソめんどくさそうだなw

 

さらにそのあと、盗賊らしく金品を要求してくる段取りらしいw

イチイチ説明すんなよww

 

この打ち合わせなんなん?w

 

「そうはさせるか!」

「わかってますねー!お兄さん最高!」

 

「そうですか(照」

 

なんでヨシヒコノリノリなんだよwwめっちゃ嬉しそうな顔してるw

とりあえず、このあと戦闘になる段取りで、メレブが『負けました』っていう役にw

 

断りながらも三度で「解りました」っていうのやめろw

ホントはメレブもノリノリじゃねぇかww

 

続いて土下座の方法までレクチャーを始める盗賊。

もう我慢できなかったのか、ダンジョーがヨシヒコの『いざないの剣』で土下座してるところを斬り伏せたwww

 

ダンジョーまさに外道!!

 

盗賊本人が来る前にこの茶番終了ww

伊達出てくると思ったのにwwまさかのピンで終了ww

 

そして残念そうなヨシヒコww

 

メレブ「なんなの?好きなの?」

 

好きだったようだw演技を褒められて喜んでたしなw

ここでOPはいりまーす!

 

f:id:sarapan2014:20161029091704p:plain

 

・・・・・

・・・

 

f:id:sarapan2014:20161029091725p:plain

旅を進める一行の前に姿を現した仏。

 

「どう?運命の玉、集まってる?」

「なんで、状況把握してないんだおまえは」

 

メレブww仮にも仏ぞ( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

なんて口の利き方を・・・

 

仏が今回出てきたのはプレゼンがしたいそうだ。

『玉を持つ人』

その表現がやっぱりちょっとどうなのか・・・ということらしいw

 

ムラサキ「別に?」

仏「ほ?嘘・・・そう?じゃ、ちょっとムラサキ言ってみ?」

 

「玉を持つ人」

 

「おやまぁ!堂々としてる!ねぇ!

 お前も、あのぉ、恥ずかしげもなくそういうことが言える年齢になったんだね」

 

f:id:sarapan2014:20161029091754p:plain

「うっせぇぞ!ンノヤロウ!!

 このペヤングベース!ボッコボコにして大盛りの奴にしてやんぞ!!」

 

f:id:sarapan2014:20161029091813p:plain

「でーーーー!もうすでに大盛りと同じ大きさなんですぅーーー!!

 むしろ仏のほうが大きいんですぅーーーーー!」

 

f:id:sarapan2014:20161029091832p:plain

「なッ・・・く!!どちらが仏かわからない!!」

 

「オイちょっと待て、よっちゃんちょっと待って!

 よっちょんにはさ、何?これも仏に見えるの?」

 

「区別がつきません!」

 

くっそwwwペヤングと仏の区別がつかないってどういうことなのwww

仏はじゃあ今日は・・・とペヤングを中央にもってきて、自身は横にはけはじめたぞww

 

はよ用件を話せよww

 

「玉を持つ人を、これからは『玉人(ぎょくじん)』と呼ぶことにします」

 

玉人wwwそれもどうなんだww

次の玉人がいる場所は、ざっくり東にむかったのサラゴナの村にいるそうだ。

 

ムラサキはこないだ北って言ってたコトにイチャモンをつけるw

メレブは仏より、ペヤングのほうがイライラしないと言い出すしw

 

f:id:sarapan2014:20161029091909p:plain

仏「これはテレビでやることか♪

  これはテレビでやることか♪

  チチチウー!」

 

ほんとだよwwひどすぎだろww

なんだこれwww

 

「でも、その玉人が誰なのかはぁ・・・

 しりましぇーーーーーーーん!!!

 

メレブ 「むかつくなぁ・・・」

ムラサキ「もうずっとペヤングでやってー!」

 

ひでぇなお前らww

 

「え!ちょっと待って!それなら私もうロケに来なくて良くなる!」

「ロケとか言わない」

 

これは・・・相当予算を使い果たしてるとみたww

 

なんだこの尺稼ぎww

・・・・・

・・・

 

一瞬でサラゴナの村に到着した一行。

村人はみな、うつむき、覇気がない・・・。

 

ヨシヒコは早速、光る玉の聞き込みを始める。

どうやらこの村の王様が持ってるらしい。

村の王様ってどういうことなのww

 

姫が生まれたときに空から降ってきたらしく、この村では超有名らしいぞ。

今回の玉人はその姫君のようだな・・・

 

f:id:sarapan2014:20161029091953p:plain

ここでシーンは変わり、王らしき人物が話をしている。

これ大和田伸也さんかww

てか髪型wwwDQVのルドマンのパロってことなんだろうなぁw

f:id:sarapan2014:20161029080333p:plain

 

北の山に住む魔物の涙を飲ませればフロリア姫は治るのか・・・と配下から話を聞いている。

 

治す方法が解ったためか、歓喜する王ルドラン。

そこにヨシヒコ一行がやってきた。

 

f:id:sarapan2014:20161029092015p:plain

あら可愛い!

山本美月ちゃんじゃないの!

1年以上眠り続けているらしい。

 

王は魔物の涙を持ってきた者とフロリア姫を結婚させるという。

 

王の『まもののなみだ』噛み噛みだったのは演出だよね?w

確かにいい辛いけどwwまもののなみだww

 

早速村人たちに、魔物の涙をゲットしたらフロリア姫と結婚させる旨を発表しにいってしまった。

ダンジョーは玉の行方について聞こうとしたが、とりあってはもらえなかった。

 

まずは魔物の涙を手に入れないと話を聞けそうもない。

しかし、そうなるとヨシヒコがフロリア姫と結婚することになる。

 

それを心配したムラサキがちょっと可愛かったw

この乙女が( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

 

ダンジョーは玉だけ貰ってさっさと旅を続ければいいとかw

 

「それはそうだ!我々は魔王を倒すために旅をしてるのだ!

 こんな所で結婚など・・・」

 

ヨシヒコの顔を見るメレブw

 

f:id:sarapan2014:20161029092040p:plain

!!?

 

「惚れたな・・・これ」

 

確かにこれはホレるだろwww

可愛いよなー。

 

ダンジョーの言葉を受け、ようやく正気に戻るヨシヒコだったが、

f:id:sarapan2014:20161029092113p:plain

姫ガン見www

 

「お前、惚れましたフェイスの真っ最中だったぞ・・・」

「そんなわけないでしょう!!」

 

メレブ「どこみてんだよ・・・」

「我々の目的は魔王を倒す事だ!!」

 

ムラサキ「こっちみろよ・・・」

「しかし!この姫君を救わないことには玉は手に入らん」

 

ダンジョー「その通りだ!」

メレブ「どこみてんの・・・こっちみなさいって」

 

「行きましょう!!」

 

・・・・・・・・・・・・・

 

ガン見しっぱなしかよww

 

「動きなさいよ。ヨシヒコが先頭なの」

 

・・・・・

・・・

 

f:id:sarapan2014:20161029092133p:plain

!!?

 

「それではよいな!よぉーーーい!!」

 

なるほどwwクラウチングスタートの構えだったのかww

王の合図で一斉にスタートするようだぞww

 

「フフフwまるで運動会だな馬鹿馬鹿しい。ところでヨシヒコ」

 

f:id:sarapan2014:20161029092218p:plain

おいwwww

フライングwwww

 

くっそwwwwww

めちゃくそわろたwww

 

「惚れたな・・・」

「うん・・・フライングしゃってるもんな・・・アイツ・・・

 玉のことが二の次になっちゃってるからね。あの子ね」

 

メレブたちも遅れて追いかけようとするも、ムラサキが急に村で待ってると言い出した。

ビアンカ的なあれか?w

f:id:sarapan2014:20161029092246p:plain

可愛いなムラサキww

 

体調が悪いんだとw

 

「あっあっそっか!う、うん!そっか!あっあっ!」

 

どういう意味で察したメレブwww

 

・・・・・・

・・・

 

夜・・・

 

f:id:sarapan2014:20161029092305p:plain

村の中をため息をついて歩くムラサキに声をかけてきたのは魔法使いのおばあさん?

暗くて良く見えないや。

 

恋の悩みを聞いてくれるというが、ムラサキはそれを拒否。

あなたのような魔女に話すほど簡単な女じゃないという。

 

いつもの口の悪いムラサキはどこに行ってしまったのか。

 

完全に恋する乙女である・・・

 

「魔女?アタシの何処が魔女なんだい?」

 

どっからどう見ても魔女だろw鼻が長いしww

 

「魔女ですよね?もっともベタな魔女ですよね?

 どっからどうみてもスナックのママではないですよね?」

 

「それはどうかな?」

 

・・・・・

・・・

 

f:id:sarapan2014:20161029092327p:plain

スナックメグwwwママだったwww

 

酒飲んでメッチャ酔っ払って毒づくムラサキw

簡単な女じゃねぇかww

 

この魔女、水野美紀さんか?w

 

ムラサキを慰める魔女だったが・・・

 

「ウッセッババァ!!ワシッ鼻ババァ!!そしてシャクレ!!

 ワシ猪木!!お前に何がわかんだよ!!アイツはね天下一の馬鹿なの!!

 ちょっと可愛い女の子見るとすぐ惚れて、アタシの事なんて忘れるんだよ!!」

 

魔女は見かねてか、姫君に永遠に眠ってもらえばいいと語りだした。

酔っ払ってるムラサキもそれに同意ww

 

 

f:id:sarapan2014:20161029092345p:plain

「なんだそれ?」

「ネムネムの実だよ」

 

おいwwwwやめろwwwwwww

手つきは『ねるねるね』のおばあさんだろww

そしてゴムゴムの実じゃねぇかwww

 

10年間は眠りにつくという恐ろしい実。

しかも魔物の涙を飲んでも無効になるらしい。

 

これをフロリア姫に食べさせろというのだ。

 

f:id:sarapan2014:20161029092401p:plain

ムラサキ闇堕ち!!

 

・・・・

・・

 

一方ヨシヒコたちは、どこかで休憩しているようだ。

村人たちを追い越してきたところをみると、こいつらやっぱ普通の人間よりはすごいのかもだなw

 

そして、今頃になってムラサキがいないことに気づくヨシヒコ。

これはムラサキ可哀想すぎるだろ・・・

 

「ヨシヒコ・・・正直に言え。姫君にほれたか?」

「はは!そんなバカな!私は勇者ですよ!?女にうつつを抜かすなど!」

「今それは何を書いている?」

 

「子供の名前考えてます」

「ホレとんなぁ!」

 

「違いますよ!!万が一のためですよ!!」

 

くっそわろたwww

すっげぇ抜群のタイミングのツッコミだったなwメレブw

 

「式場を選ばなければ・・・」

 

f:id:sarapan2014:20161029092419p:plain

おいwwwwゼクシィ読むなwwww

 

「パパパーンを読むな!パパパーンを読まないでよねぇ!」

 

もうあかんwww

つうか折り目つけてチェックしてるしw

呆れるメレブw

 

「ねぇダンジョーどう思うこの状況」

「確かにヨシヒコはあれだ・・・巨乳好きではないか!

 みるにあの姫君・・・まな板だ!惚れる要素がない!」

 

くっそwwwwwwww

ダンジョー毒吐きすぎだろww

てか山本美月って最近ちょっとデカくなってきてると思うんだけど。

まな板か?

 

メレブはチチをチェックしてたダンジョーをベースケオッサンと一瞥ww

 

「ベースケはいいがオッサンというな」

 

どんな拘りww


 


一方悪魔になりさがったムラサキは姫の寝室に忍び込み、

ネムネムの実を姫の口に押し付けるww

流石にくえねぇだろwwでかすぎてw

 

てかそもそも眠ってるだろww

 

ムラサキはネムネムの実を細かく切って姫の口にムリヤリ突っ込むと、

アゴをつかんでもぐもぐさせてあげるw

 

しかし、これでは飲み込まないぞw

 

ミキサーでジュースにするムラサキw

メッチャ楽しそうww

 

「なにやつ!!」

 

あーあw見付かってムラサキ退散w

 

そして夜が明けた。

ヨシヒコ一行はもうじき洞窟に辿り着くようだ。

 

魔物の気配がとてつもないとかwたまに勇者っぽいこというのやめろww

 

「ん?ん?ん?ん?・・・あれは・・・」

 

何かを見つけたメレブ・・・

 

 

f:id:sarapan2014:20161029092443p:plain

ファッ!!?

 

「太鼓の・・・卓越した人の・・・」

「あれが残虐極まりない強力な守り神なのか?」

 

「あっははっはっは!!あれは太鼓の妖精だ!

 あんな可愛い妖精を凶暴などと笑止千万!!

 よぉし!!俺が叩いてやる!!」

 

メレブはヤバイ匂いがするパターンだとダンジョーをとめるのだがwww

 

f:id:sarapan2014:20161029092506p:plain

!!?

 

襲い掛かってきやがったwwww

 

「なんだと!?」

「そらいわんこっちゃない!」

 

てかダンジョーかまれたぞww

首をww

 

「おのれキラー太鼓め!!」

 

ヨシヒコは剣を抜き、キラー太鼓に斬りかかろうとするがw

 

 

f:id:sarapan2014:20161029092526p:plain

「ぎゃあああああああああああああああ!!!」

 

ヨシヒコww楽しそうだなww

 

f:id:sarapan2014:20161029092549p:plain

「あああああああああああああああああああああ!!」

 

なにこれwww

 

クッソワロタww

太鼓パスして遊ぶなwww

 

結局ヨシヒコに斬られて寝ちゃったのかな?

どうやらブラズーレをかけてヨシヒコが仕留めたらしいw

 

「太鼓のクセにブラのズレを気にしおって!!」

 

なんだこの台詞www

 

・・・・・・

・・・

 

一方、ムラサキは魔女にとらえられていた。

どうやら魔女は姫を亡き者にし、その血液を飲み干して若返るつもりだったようだ。

 

「やっぱりアンタ魔女だったのね!!」

 

f:id:sarapan2014:20161029092636p:plain

「どっからどーみても魔女でしょうよ!!

 魔女・オブ・ザ・魔女でしょうよ!!

 逆になんだと思ってたんだよ!」

 

ぶww逆ギレww

 

二十歳に若返ったら広瀬すずの顔になれるはずだったんだという魔女w

 

「誰だよ!」

 

どうやら魔女はフロリアを諦め、ムラサキの血を飲むことに決めたようだw

姫より数段劣るけど仕方ないwwww

 

くっそww

 

f:id:sarapan2014:20161029112723p:plain

なんか始まったぞwwおいww

 

一つ目の巨人・・・それが魔物の涙を持つモンスターかw

CG作る予算がないからって、これはwww

 

しかみ軽くひねられてるしww

 

倒す必要ない、泣かせればいいのだ!ってスネを狙いにいったが、見事失敗に終わった。

玉ネギを切り続けるしかないとか言い出す始末ww

もうだめだこの勇者一行ww

 

そんな絶望の最中、新たに呪文を思いついたというメレブ。

 

f:id:sarapan2014:20161029112753p:plain

グループ全体の攻撃力と守備力を一気に上げる呪文だという。

それが本当なら凄いぞ(((( ;゚д゚)))

 

「2つともになれば敵の攻撃に耐えながら、猛烈な勢いで玉ネギを切り続けることが出来る!」

 

ダンジョーwww玉ネギから離れろww

 

「早速かけてみせようぞ。その名も『チアーズ』・・・

 チアーズ!

 

『FOOOOOOOOOOO!!』

 

f:id:sarapan2014:20161029112810p:plain

お、おう・・・

なんかきたな・・・

 

・・・・・

うん・・・

 

「どうだこの呪文!地元の大学生がやってきて応援してくれるぞ!

 本物だぞ!どうだ見たか!あのベストヒップ?いいフィクサーだったねぇ」

 

メレブは何を言ってるんだ・・・二重の意味で・・・

 

「これで一気に守備力と攻撃力があがったぞ!」

「俺はむしろ・・・下がった気がする」

 

露骨にいやな顔をするダンジョーww

 

「ヨシヒコはどうだ!」

 

f:id:sarapan2014:20161029112846p:plain

「なんだか応援されて元気になった気がします!

 チャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!

 

クッソワロタwwなにこのテンションww

 

「しかし、玉ネギが・・・玉ネギがなぁぁあい!!!

 

ダンジョーもう玉ネギはいいからww

 

「元気があれば玉ネギなどいらん!いくぞ!!」

 

f:id:sarapan2014:20161029112912p:plain

「魔物め!!涙がでるほどやっつけてやる!!」

 

 

f:id:sarapan2014:20161029112928p:plain

一撃でかえりうちwwwww

くっそwww

 

チアーズとはなんだったのか・・・

 

そこでダンジョーが任せておけと言い出し、

『一杯のかけそば』って話をしはじめた。

 

泣き落としに掛かる戦略か。

なかなかいい線じゃないか?魔物に言葉が通じればの話だが。

 

だがダンジョーの話は思っていたのとはちがったw

 

普通一杯のかけそばってのは、親子が店にやってきて、お金がなくて二人で一杯のかけそばをつつましく食べる・・・それを見た店主が同情してごちそうしてくれる・・・

なんていう感動のお話だと思うじゃんw

 

でもダンジョーの話は違うww

二人できて2つのてんぷらそばを注文w

夜遅くだったために一杯のそばしか提供できないというw

 

これに客はブチギレw今すぐ走ってそば買って来いとw

でもこんな夜遅くにソバなんて売ってないとw

ソバの実を畑から狩ってきてそば粉を引いてイチから作れとw

 

「仕方が無いから店主は畑からソバの実を収穫したとさ・・・ふ」

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・長い沈黙。

 

f:id:sarapan2014:20161029112945p:plain

「え!?終わり!?終わりじゃないよね!?え!?・・・やだあ泣いてるの?なんらかのツボにハマって泣いてるのヨシヒコ・・・」

 

ヨシヒコwwwどのツボにはまったww

 

「そしたら、畑のすぐよこに女の死体があああああ!!」

「ぎゃあああああああああああああああああ!!」

「なあああああああにこのはなしどこに向かってるのヨシヒコまっすぐきいてるぅ」

・・・・・

・・・

 

結局、話が長すぎて退屈になった魔物があくびしてこぼした涙をゲットした3人は村へと帰還したw

手に入れた方法については口裏を合わせて変えるようだw

 

夜明け前にも関わらず、勇者一行の帰還を祝福する村人達w

さっそく姫に魔物の涙を使うぞ!

 

「姫よ・・・目覚めたまえ」

 

ヨシヒコが魔物の涙を姫の唇にそっと落とすと・・・

 

f:id:sarapan2014:20161029113011p:plain

おお!目を覚ました!かわいい!!

 

王は目覚めさせてくれたヨシヒコと結婚するように姫に言う。

ヨシヒコはまだイケメンだったからよかったが、ブサメンだったら姫も戸惑うだろうよw

 

しかし、ヨシヒコはそれに待ったをかけた。

王もその理由を察したのか、フロリア姫か、ムラサキかを選ぶがよいとDQVの結婚イベントが始まってしまったw

 

ちなみに自分はいつもビアンカなんだけどなw

 

「でた!これ5のやつだ!」

 

メレブwww5いうなwwww

 

メレブがこの結婚イベントについてダンジョーに説明するのだが

やはり大多数の人がビアンカを選択する模様w

そうだよなw

 

だってビアンカとは幼なじみで序盤いっしょにいたわけですし、

フローラはポッと出の大富豪の娘だもんなぁ。

 

まぁ見た目や性格で選ぶ人もいるだろうけど・・・

だがまぁ基本の流れに従いヨシヒコも断るだろうと踏むメレブ。

 

f:id:sarapan2014:20161029113030p:plain

「結婚してくださるのですか?勇者様」

 

なにこの美人。

 

「ということで申し訳ないのですが」

 

f:id:sarapan2014:20161029113048p:plain

「します!!」

 

即決かよwwww

まぁでもこれは許すわww

流石にムラサキとフロリアではなww

 

「おいーーーーー!!」

 

「結婚します!!」

 

「おいーーーーー!!!」

 

こうして式を迎えることになってしまった・・・

 

・・・・・

・・・

 

f:id:sarapan2014:20161029113118p:plain

おいおい!!マジでいいのかヨシヒコ・・・

ムラサキが可哀想だろ・・・

 

そのムラサキだが和室で寝てた。

そこにやってきたメレブとダンジョー。

 

てかwww展開速すぎるww

あの魔女一撃で倒したんだってww

 

倒すシーンも何もないのねw

 

「ただのババァだしな!!」

 

水野美紀さんにいってないよな?w

 

二人は、このままではヨシヒコが結婚してしまうと呼びにきたのだが・・・

ムラサキは結婚すればいいだろ!と自暴自棄になってる。。

 

「結婚してしまったら二度とヨシヒコは戻ってこないぞ!」

「いいよ!別に好きでもねぇし・・・」

「やせ我慢はよせよ。本当にいいのかい?お前の勇者をとられても」

 

「お前がいかなきゃ、お前の恋の冒険・・・終わっちまうぞ」

「魔王を倒す・・・魔王を倒すためだからな!!」

 

ムラサキは立ち上がり、部屋を飛び出したw

 

なんか恋愛ドラマになってきたぞww

 

f:id:sarapan2014:20161029113139p:plain

この二人いいなw

 

ムラサキの走るシーン・・・まったくゆれねぇ・・・

これこそまな板だろ・・・

 

てかwwもうこの時点でヨシヒコの好みの枠からこぼれてんじゃねぇかww

 

 

f:id:sarapan2014:20161029113157p:plain

そして、いざ誓いのキスをしようとした時!!

 

ドンドンドン!!

ムラサキが扉を叩いてるのか。

 

 

f:id:sarapan2014:20161029113221p:plain

ファッ!!?

 

「フロリア!やっぱりボクは君じゃなきゃ駄目なんだ!結婚してくれ!!」

 

フガフガ鼻を鳴らすなwwww

 

ラクトル?どうやらフロリアと只ならぬ関係のようだ。

眠っていてわすれていたようだが・・・

 

「迎えにきてくれたのね!ラクトル」

「さぁ行こう!二人で幸せな家庭を築くんだ!」

 

彼の元にいこうとするフロリアの腕を掴むヨシヒコw

 

「ちょっ・・・キモい・・・」

 

なん・・・だと・・・!?

 

「ラクトルパァンチ!」

 

よろめくヨシヒコww

 

「さぁ行こう!」

 

こうしてヨシヒコは花嫁を奪われる結果になってしまった・・・

 

f:id:sarapan2014:20161029113248p:plain

「・・・なんか・・・ごめんね」

 

ざまぁwwww

 

・・・・・・

・・・

 

一応赤い玉はもらえたようだが・・・

ヨシヒコは何も語らず玉をクンカクンカしてるw

 

ムラサキもパーティに復帰!

内心ほっとしてんだろうなw

 

魔王と戦うときに召喚するというが、ムラサキがボッコボコにするらしいぞw

 

f:id:sarapan2014:20161029113314p:plain

んでラスト、いつもの妹ストーキングw

変化の杖でしょこたんになるのか!?

 

とおもいきや・・・

 

 

f:id:sarapan2014:20161029113331p:plain

!!?

 

林家パー子!?www

まさかのwww

 

てか変化で人格まで変わってんぞww

 

次回に続く!!


 

 

■前回

 

■次回

 

■勇者ヨシヒコと導かれし七人

関連記事

オススメ記事

注目

サイト内検索はこちら

サイト内検索
Random Posts
購読ボタン

【お知らせ】

購読者様が増えすぎた結果、無料での新着配信が困難になっております。

もし、しろログ等、運営ブログの最新情報をいち早く受け取りたい方は、以下のツイッターをフォローしていただくと、更新情報が解ると思います。

ご不便をおかけしますがよろしくお願い致します。