【ネタバレ】ハリガネサービス 第118話「門出」【漫画感想】

リンクユニット
注目

■ハリガネサービス
第118話「門出」

■前回

大船先輩が手首を反らして、ソフトブロックに切り替えてるのを見て、

後ろにいる僕たちの繋ぎに託してくれたのがわかった。

 

気がついたら、体が勝手に動いてた。

 

下平のバックブロードが決定打になり、豊瀬が見事勝利を掴んだ。

それにしても周辺視野の拡大に、ビジョンの能力は平時から使えるようになるのかね?

いわゆるゾーンに入った時に使えるとかならまだ解るけど、常に使えたらかなりのチートだろうな・・・

 

 

それにしても、観客達は誰もが王葉の勝ちを確信していただろうな・・・

東京ベスト3の一角が崩れ、無名の公立校が出てきた。

この結果を予想できた人がどれだけいたか。

 

都立豊瀬高校・・・!!

その名はこれから轟くことになるかもだな。

 

朧も豊瀬の勝利を観客席から祝福。

 

やっぱり勝ったね下平君。

最後に勝つのは、きっとバレーを心から楽しむ君たちだと思ったよ。

 

「負けたのか・・・俺は・・・」

 

ショックを受ける王葉のエース雲類鷲叡。

 

このチームでバレーをするのは、もう終わりなのか・・・

やっと・・・

 

「ここからだ!!!」

 

三船がパンと手を叩き叫んだ。

 

「今日の敗北が俺たちの新しいスタート地点だ!!強くなろう!」

 

三船ってそいえばキャプテンか。

楽しいときはきっとこれからやってくるさ。

 

だってさ。

いい事いうなぁ・・・

 

『ありがとうございました!!』

 

両校、一人ずつ握手をしていく。

 

上屋「ナイスサーブ」

下平「あ、ありがとうございます!!」

 

一方、握手を雲類鷲に求める野々原。

 

「やめておこう。もうお前を壊したくない。

 本当にすみませんでした!

 

雲類鷲が頭を下げて謝った!

 

ぎゅっ!

野々原は両手で雲類鷲の手を握った。

 

「また一緒にバレーしようぜ」

 

野々原の笑顔に、雲類鷲は救われただろうな。

そして両校の監督同士握手をする。

 

「時代を変えるエースを産もうなどと、おこがましい考えだったのかもしれんなあ。

 新しい時代はいつだって若者たちのものじゃ」

 

ワシの役目はもうおわったのかもしれんなぁ。

 

「じいっ」

 

雲類鷲の顔wwwwwww

 

「帰って練習しよう!!3年生の皆もチームに残るそうだ!!

 俺たち春高で日本一になれるよな!!

 

役割を終えたのなら、道楽でこいつらがどこまでいくのか、見守ってみるのもいいかもしれんな。

 

「ああ!!なれるともさ!!」

 

ほんと王葉工業大好きだわ。

いいチームになったし、王葉が主役でも見てみたいわー。

 

「ところでじい、杖がなくて歩き辛いのではないか」

「お前が折ったんじゃ」

 

くっそwwwそいえばあったなwww

あのシーンはめちゃくちゃ笑ったわww

 

「ホレ」

 

おじいをおぶる雲類鷲叡。

いい奴や。

 

スポンサーリンク

 

 

こいして王葉工業は大会を後にした。

涙はなく、胸をはって。

まさに新しい門出をイメージさせた。

 

松方「強くなるんだろうなあ・・・」

間白「あのメンバーがかみ合ったら今の3倍は強いんじゃねーか?」

 

「俺たちも応援してくれた人たちに挨拶に行こう!」

 

・・・・・

・・・

 

『ありがとうございました!!』

 

「お前らすげーよ!!」

「ナイスゲーム!!」

 

・・・

・・・・・

 

「課題の多く残った試合だったな。

 チームとしての反省点。個人としての反省点。

 各自思うところがあるだろう。

 だが今は反省しなくていい

 

『!!』

 

監督の思わぬ言葉に驚く部員たち。

 

「食事をとったら、よく体を休めておけ」

「(い、いいのか?次の試合の相手の分析とか・・・)」

 

真面目な松方だなぁ・・・

 

「今の試合のことも、次の試合のことも一旦忘れてしまおう。

 きちんと自分たちのバレーをすることだ。

 相手が何をやってきても跳ね返せる力が君たちには備わっている」

 

『ハイ!!!』

 

・・・・・

・・・

 

五十嵐「さーてメシにすっか」

大船「マジ腹ペコっすわ今」

 

「桐城のドラゴンリベロ見たか?」

「ドラゴン?」

 

「見りゃわかるって」

 

下平がすれ違った他校の選手二人。

ドラゴンリベロ?

 

・・・・・

・・・

 

「ホゥアタアアアアアアアアアアア!!」

 

なんかやべぇリベロ登場www

カンフーのような動きを取り入れた桐城のリベロ。

どんなボールもひろっちまうのか・・・

 

気になって様子を見に来た下平はつぶやく・・・

 

「三河君・・・」

 

知り合いかっ!

 

次回に続く・・・!!

スポンサーリンク

 

 

■前回

 

■次回 

■ハリガネサービス

関連記事

オススメ記事

注目

サイト内検索はこちら

サイト内検索
Random Posts
購読ボタン

【お知らせ】

購読者様が増えすぎた結果、無料での新着配信が困難になっております。

もし、しろログ等、運営ブログの最新情報をいち早く受け取りたい方は、以下のツイッターをフォローしていただくと、更新情報が解ると思います。

ご不便をおかけしますがよろしくお願い致します。