【ネタバレ】Chef ~三ツ星の給食~ 第1話【ドラマ感想】

リンクユニット
更新

2018年8月18日新着記事リンク一覧

■Chef ~三ツ星の給食~

第1話

f:id:sarapan2014:20161013234738p:plain

いきなりCG丸出しの鹿を追いかける天才三ツ星シェフ星野光子。

自ら素材調達にも行ってんのか((((;゜Д゜)))

 

ラ・キュイジーヌ・ドゥ・ラ・レーヌという有名フレンチレストランで総料理長を務める光子。

 

過酷な修行に強靭な肉体とメンタルで耐え抜いた彼女・・・

三つ星の名を冠するだけのことはあるということか。

 

しかし、オーナーの意向に背き、勝手に食材を仕入れメニューを変える。

どうやらオーナーと確執があるようだなぁ・・・

いくら腕がたつと言ってもこれじゃ・・・

 

VIPたちのメイン料理を鴨から自ら獲ってきた鹿に変えて調理する。

オーナーはすでにVIPには鴨と伝えていたのに、急なシェフの気まぐれで謝るはめに・・・

 

・・・・・

・・・

 

光子はとくダネ!出演で給食が残されることに不味いからと切って捨てるw

さらには他の2つ星レストランからヘッドハンティングまできてるし((((;゜Д゜)))

 

今の年収の倍払いますから((((;゜Д゜)))

 

倍と言われたら流石になびくよなぁw

他にもテレビ局のディレクターが光子に注目する。

 

・・・・・

・・・

 

ヘッドハンティングに気をよくした光子が店に戻ると、スタッフ総勢でお出迎え。

深刻な顏をしている。

聞けば昨晩鹿肉料理を提供した料理評論家の柿崎とVIPどもが揃いも揃って食中毒になったというのだ!

 

しかし、光子はそんなはずはないとオーナーと言い争いに!

結局辞めさせられる羽目になってしまう。

 

光子は後悔するのはそっちのほうよ?とデカい態度のまま店をあとにする。

ヘッドハンティングの件があったから余裕だと考えたのだろう。

 

しかしその考えは裏切られることになる。

 

ラ・キュイジーヌ・ドゥ・ラ・レーヌのオーナーがメディアに向かって食中毒騒ぎを説明。

全ては星野光子シェフの独断によるものだと。

これはフレンチ業界に一瞬にして伝わった。

 

これにより誰も光子を雇おうというレストランはなくなってしまった。

 

貯金も底をつきクソヤバい状況に。

 

しかし、この裏にはオーナーの陰謀があったのだ!!

 

ラ・キュイジーヌ・ドゥ・ラ・レーヌの副料理長・奥寺がオーナーに呼ばれた。

奥寺は食中毒などありえないと訴える。

 

そんな中、食中毒になった張本人、料理評論家の柿崎が姿を現した。

どうやら食中毒などやはりなかったのだ!

 

全てはオーナーと柿崎が仕組んだこと!!

傲慢な彼女のやり方に腹を立てたオーナーが店を辞めさせるために仕組んだことだったのだ!

きたねぇ・・・食中毒を起こしたシェフなど何処も雇ってはくれない・・・

それを知っていてここまでの仕打ちをしたのか!!

 

全てを副料理長に打ち明けたのは彼を料理長として迎えるためだった。

光子のレシピ、そして作り方は全て録画していた。

つまり、彼女がいなくなっても別に問題はないということか。

 

・・・・・

・・・

 

絶望の最中、光子の一本の電話が・・・

光子に注目していた番組ディレクターからだった。

 

どうやら光子にオファーが来ているというのだ。

 

ここでも見栄を張る光子だったが、喉から手が出るほど欲しかったオファー!

光子は話を聞くことに・・・

 

だがそこは光子が全く想像していなかった現場だった!!


 


f:id:sarapan2014:20161013234804p:plain

番組スタッフに連れてこられたのは小学校だった。

オファーは給食の調理師!?

バカバカしいと怒る光子だったが、ディレクターはこれはチャンスだというのだ。

 

とくダネでマズイから給食を残すと明言していた彼女。

ここでテレビ番組を通し、子供たちから絶賛される料理をつくれば、たちまち食中毒の評価は一転するという。

ここで給食を作る事こそが三ツ星シェフへ返り咲く近道だと説得され、光子は引き受けることに。

 

 

どうやら、ドキュメンタリー番組を撮るのかな。

学校にテレビクルーが張り付き、光子たち給食の現場を撮るようだ。

 

そこで、一人ずつ自己紹介をする給食調理師補助たち。

元力士の小松稔、14股の元ホスト日高政孝、元銀行員で横領で首になったギャンブル依存の馬場昇一、買い物依存かつ、目の前の食べ物をつまみ食いしなけりゃいられない猪原敏子・・・

 

個性的と言うかポンコツというか・・・

そんな調理師補助たちのボス栄養士の荒木平介だ。

彼がメニューを考え、光子が作る・・・そういう算段だったのだが、

またしても光子のスタンドプレーがはじまってしまう・・・

 

給食は、栄養第一、そしてコスト、時間など限られた条件の中で作らなければならない。

しかし光子はそれを無視し、30分も給食の時間を圧して料理を作る。

 

見た目にはとても美しいものが完成するのだが・・・

 

「こんなの食べた事ない!」

「まっず!!」

 

子供たちの評価はボロクソ!!

 

校長も同じ給食を食べ絶賛していたので、大人にはウケるのかもしれない。

しかし、子供の味覚には合わないようだ。

 

その日の残飯は過去最高を記録するものだった。

 

こんなはずでは・・・

光子のプライドは高く、決してこの現実を受け入れようとしなかった。

しかし、光子が給食のルールを全て破った上で作ったという事実は変わらない。

 

荒木からは三ツ星シェフなら三ツ星レストランへ帰れと言われてしまう。

 

 

意気消沈し、帰る光子。。

クソガキどもからはもう来るなと言われるし・・・

 

ホンマクソガキやで・・・

気落ちした光子が向かった先はラ・キュイジーヌ・ドゥ・ラ・レーヌだった。

 

そこで、たまたま出てきたオーナーに遭遇。

光子は食中毒などなかったと三度繰り返す。

 

オーナーはそれを認めた。

すべては光子を追い出すためにやったことだと。

当然怒りを爆発させる光子。

 

全てを見ていた奥寺を証人に、全てを表ざたにしてやると宣言。

しかし、その奥寺は料理長というポストに魅了され、光子の味方をすることはなかった。

 

この状況で光子が食中毒はなかったと訴えた所で、世間も誰も信じはしない・・・

 

だがこのことがかえって光子のハートを燃えさせた!

 

翌日・・・

 

光子はもう辞めると宣言した学校に戻って来たのだ!

辞めるのをやめたから!と美味しい給食を作るまであきらめないようだ。

 

果たして光子は糞ガキ共を相手にリベンジすることができるのか!?

そして度々出てきた謎の女の正体は!?

 

川口春奈ちゃん顏かわりすぎてね?

なんか別人に見えたんだけど・・・髪型とメイクのせいかなぁ・・・

次回に続く!


 

 

■次回

 

■Chef ~三ツ星の給食~

関連記事

オススメ記事

更新

2018年8月18日新着記事リンク一覧

こんな記事も読まれています

Random Posts

サイト内検索はこちら

サイト内検索
購読ボタン