【ネタバレ】機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第27話 「嫉心の渦中で」【アニメ感想】




■機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

第27話 「嫉心の渦中で」

f:id:sarapan2014:20161009185210p:plain

■前回はこちら

 

一瞬で3機のモビルスーツを薙ぎ払うミカ。

新しいバルバトスは更なる力をつけたようだ。

 

バルバトスの鬼神の如き力の前に敵は撤退を余儀なくされる。

追撃も可能だったが、バルバトスが無茶な登場をしたため、動かなくなってしまう。

 

ハッシュはバルバトス、そして三日月の活躍に嫉妬心をむき出しにする。

 

・・・・

・・・

 

活動家のギョウジャンは夜明けの地平線団を雇い、鉄華団を襲わせたようだが、元より小物に扱えるような海賊ではない様子。

 

情報共有を求めたギョウジャンを無下に扱い勝手に通信を切る始末。

まぁ夜明けの地平線団は艦艇10隻に構成員2500という大海賊。

テイワズすら手を焼くような相手・・・

 

真っ向からやりあうなら、相当の覚悟が必要になるだろうな・・・

 

「倒して!剥いで!奪う!!」

 

と、海賊らしい信条のようだ。

ギョウジャンはノブリスにまで助けを乞うが無視されるww

ようするに利用価値の無い小物ということよ。

 

・・・・・

・・・

 

団長のオルガ、副団長のユージン、クーデリアの三人で今後について話し合うが、

夜明けの地平線団に目を付けられた以上、遠くない未来やりあうことになるとオルガは言う。

 

不可能を可能に出来なきゃ鉄華団は終わり・・・か。

いかんせん戦力差が埋まらないよなぁ。

 

一方、モビルワーカー部隊は意気消沈していた。

戦いに出たいと願ってはいた。

しかし、実戦で多くの仲間がしんだ。

 

これが現実だ。

 

「辞めるんなら今の内だぞ」

 

声をかけたのは昭弘だった。

鉄華団は辞める、辞めないも自由だ。

生きるもしぬも自分で選べ・・・そう昭弘は語った。

 

一方ダンテは女性陣にモビルスーツに撃墜数の☆を入れたいとせがんでいたw

こいつ緊張感ないなw絶対しぬわw

 

てか普通にハッカーとして活躍してた方がいいんじゃねぇの?w

 

そしておろしたてのバルバトスルプスにため息をつく雪之丞のおやっさんw

ミカがムチャクチャやるもんだから、もうボロボロとか。。。

 

そこにクーデリアがやってきて、おやっさんは気を聞かせてミカを追い出したw

 

・・・・

・・

 

二人が面と向かうのはホントに久々のようだ。

クーデリアは何度か足を運んだようだが、その時いつもミカは最前線で戦っていたようだ。

 

ミカはそれしかできることがないからという。

どうやら阿頼耶識と繋がってない時は右手は動かないし、右目も見えないようだな・・・

 

二人が話していると、そこにアトラがやってきた。

どうやらクーデリアに渡したいものがあるらしい。

 

ミサンガか・・・アトラ上手いな。

ミカとアトラ、そしてクーデリアの三人お揃いか。

 

アトラは赤でミカが黒、クーデリアが白か。

”これでいつも一緒”・・・か。

アトラ相変わらず天使か((((;゜Д゜)))

 

そんな中、ミカは自分のミサンガが匂うと言い出すw

 

「ん?ミカの匂いだよ。血みたいな匂い。気になるなら洗ってあげるからいこ!」

 

三人はひと時の日常を楽しむ。

 

・・・・・

・・・

 

一方、トドのオッサンがやってきてた。

ユージンが応対する。

こいつ未だにマクギリスの下っ端をやってんだなー。

 

鉄華団とマクギリスを繋ぐパイプ役か。

 

どうやら依頼をもってきたようだな。

 

・・・・・

・・・

 

マクギリス(モンターク)から鉄華団の依頼は夜明けの地平線団の討伐だという。

夜明けの地平線団は地球圏にまで手を出しているようだ。

そして神出鬼没だという。

 

今なら、確実に討ち取るチャンスがあるってわけか。

出来るだけ協力すると言うモンターク。

石動という配下を向かわせてくれたと言う。

 

なんでも夜明けの地平線団の内情に詳しいらしい。

 

「俺らはエサってわけか」

「信用はしてもらえないかな?」

 

元より信用はしていないというオルガ。

だが、依頼は引き受けさせてもらうと言う。

 

全ては鉄華団が最短で目的に達する為に!

 

後半に続く!!

スポンサーリンク

 

 

サイト内検索はこちら

サイト内検索

■おすすめ記事