【ネタバレ】NARUTO-ナルト-外伝 ~七代目火影と緋色の花つ月~ No.700+2 写輪眼の少年…!!【漫画レビュー】

リンクユニット
注目

■NARUTO-ナルト-外伝 ~七代目火影と緋色の花つ月~

No.700+2 写輪眼の少年…!!

■前回のレビュー

山中でサスケを付けねらう謎の気配。

サスケは写輪眼を解いて、ため息を一つ。

 

森を進んでいく。

その瞬間!

 

何者かの鎖鎌がサスケを襲う!

地形を利用した中々の攻撃!

 

しかしサスケの前では通用しない!

 

鎖鎌の先端についている分銅を刀で防ぎ、かつ刀を持ったまま、右手で印を組み、

千鳥の術を発生!

刀を通して、そのまま鎖鎌に電撃を這わせる!

 

敵の衣は破れ、現れたのは、うちはの服を着た少年だ!

しかもその両の瞳には写輪眼が発動している!

 

驚くサスケ・・・

「お前は・・・・・・誰だ?」

 

しかし少年は質問に答えることなく姿を消す。

 

 

一方サスケとサクラの娘、サラダはサスケの写真を見ていた。

その姿をシズネに見られ、大切なものがその写真と悟られてしまう。

 

サラダはサクラに内緒で聞きたいことがあるとシズネに迫る。

それは出生の秘密・・・。

 

恐らくサラダは自分の母親は本当にサクラなのか?

本当は別にいるのではないか?

 

おそらくそういう類の話をシズネに聞いたのだろう。

 

「そ…そんな事ある訳ないじゃない!」

 

強く否定するシズネ。

サラダは、だったら生まれた時のことを詳しく話してほしいとシズネを追及。

取り上げた人、立ち会った人・・・シズネは答えられずにいた。

 

サラダも馬鹿ではない。

予め、里の病院の出生記録を調べ、自分の記録がどこにもないことを知っていた。

 

なぜ急にそんな話をするのか聞くシズネ。

サラダの答えは写真にうつる香燐が同じメガネをかけているから・・・だった。

 

後半に続く!!

スポンサーリンク

 

 

関連記事

オススメ記事

注目

サイト内検索はこちら

サイト内検索
Random Posts
購読ボタン

【お知らせ】

購読者様が増えすぎた結果、無料での新着配信が困難になっております。

もし、しろログ等、運営ブログの最新情報をいち早く受け取りたい方は、以下のツイッターをフォローしていただくと、更新情報が解ると思います。

ご不便をおかけしますがよろしくお願い致します。