闇芝居 三期

【ネタバレ】闇芝居 三期 第4話「にぎやかな病室」【アニメ感想】

更新日:

今回の話は夜の病院が舞台。

ボクは今まで入院をしたことがないので、真夜中の病院という奴を

体験したことはないのだけど・・・よく恐い話などではテーマになるから

フィクションでは見たことがあります。

 

実際深夜の病院とか、恐いだろうな・・・

 

この先入観が見えない者を見せてしまうのだろうか・・・

 

※2016年2月4日の移転記事です。



 


今回の主人公は夜中に病室を抜け出し、何者かにいざなわれるように

手術室へ足を運ぶ。

夜中なのに手術室からは明かりが・・・しかも妙な笑い声がきこえてくる。

 

主人公は手術室の扉を開けてしまう。

そこにはベッドに横たわり、怯える自分の姿と、高笑いをする何者かの後姿があった。

 

「うわぁあああ!!」

 

悲鳴と共に起き上がると、それは夢だったようだ。

検査入院をした自分がビビッていたから、こんな夢を見たんだと言い聞かせる主人公。

 

汗だくになってしまったので、着替える為にナースコールを押すも壊れているようだ。

仕方なく病室を抜け出す主人公。。

 

ナースステーションに向かうも、タイミング悪く見回り中・・・

そしてナースを探してうろつく内に、妙なジイサンに出くわす。

驚いて声を上げるも、次の瞬間にはいなくなっていた・・・

 



そして気付いてしまう、夢で見たのと同じ場所にいることに!

外には謎のトラック・・・人が立って何人も乗ってる・・・。

 

気にせず夢で見た手術室に向かう主人公。

実は夢を見る前・・・

看護婦からあの病室(手術室)には近付かないよう言われていたことを思い出した。

何故か?ときいても、決まりですとしか、答えてくれなかった。

 

そんなこともあり、興味をかきたてられた主人公は部屋を開けてしまう(((( ;゚д゚)))

 

しかしそこには何もいなかった。

 

・・・・・

・・・

 

仕方なく自分の病室に戻り、眠りにつこうと布団に入っていたら、

例の笑い声が聞こえてきた(((( ;゚д゚)))

どうやらこの病室に近付いているようだ!

 

恐くなり布団を被る主人公。

いつしか声がきこえなくなり、布団から顔を出すと・・・

 

そこには口だけの化け物が手術器具を手に爆笑していた!

「これは夢だ・・・夢なんだ・・・うはははは!!」

 

最後は発狂し、自分も笑い出す・・・

一体あれはなんだったんだ。。



 

 

■前回

 

■次回

 

■闇芝居まとめ

オススメ記事

-闇芝居 三期

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.