【ネタバレ】刃牙道 第126話「守護り」【漫画感想】

リンクユニット

サイト内検索はこちら

サイト内検索

■刃牙道
第126話「守護り」

 「タイトルww守護(しゅご)りってww

 公式が遊び始めたぞww

 最近よく見る『本部にワロた!!』の七文字・・・

 どうにも俺には

 『よく言った本部!!!』としか読めねェんだわ

 

■前回のレビュー

「歓迎するぞ本部」

正座して、そう答えた武蔵。

対する本部は懐から煙草の詰まった缶を取り出すと、一本取り出して火を灯した。

 

「お・・・おい!バカ・・・ッ!こんな所で吸う奴がいるか・・・ッッ!」

と、御老公。

 

煙を勢い良く噴出す本部。

その様子を黙ってみている武蔵。

 

そして、一升瓶を右手に取り、真っすぐ武蔵に向かっていく本部ww

どうみてもただの酔っ払いの親父にしか見えないぞww

 

煙草加えて一升瓶とか、これほど似合うキャラクターがいただろうか?

それにしても、こうも易々と武蔵の間合いに入ってこの人は・・・

 

武蔵にさっ気がないからなのかな?

 

「しょと・・・」

 

え!?武蔵の前に座したぞw

そして、何をするかと思ったら煙草の缶を差し出しやがったw

 

「アンタの時代だと煙管・・・か」

 

武蔵は缶から一本煙草を取り出すと、匂いをかぎ始めた。

煙草を横に寝かせて、鼻に直接当てている。

 

さらに本部の持ってきた一升瓶の飲み口にも鼻を近づかせ、匂いをかいでいる。

 

「銜えてるそれ・・・その煙草以外は吸えん」

 

バレた・・・ッッ!

ガイアには本部の手の内が読めていたわけか。

流石弟子だな。

 

「匂いから察するに、河豚か。酒瓶にも塗ってある」

 

毒を盛ったか本部

 

御老公「どッ!毒ぅ!?」

独歩「いやはや・・・」

ガイア「種類ワカんのかよ・・・」

刃牙「・・・・・・・・ありか・・・?」

 

違いすぎる・・・・・・ッッ!!

ガイアは格の違いを感じているようだ。

 

「堪らん・・・・」

 

本部がそう呟いた。

 

「ていねいに培った技術が、あっさりと受け止められる」

「通用しとらんがな」

 

「いいや」

 

わたしの経歴(かこ)は日の目を見ています。


 


ポゥッ!!

本部は勢い良く口に銜えていた煙草を飛ばした!

 

それを易々と二本の指で受け止める武蔵。

煙草の向きをかえ、そのまま自身の口へ運ぶ。

 

「ふむ」

 

現代の煙草を味わう武蔵。

 

「旨い。この煙を以って本部よ。

 『立ち合い』再開の・・・狼煙とするか・・・」

 

武蔵は指で煙草を弾くと、本部は受け止めるでも、かわすでもなく顔面で受けた。

武蔵は刀を手に取り、立ち上がる!!

 

その瞬間!!本部は武蔵の顔面目掛けて一升瓶を振りぬいていた!!

 

バッシッ!!!

 

武蔵が刀を抜くよりも早く、本部の一升瓶アタックが武蔵の顔面にクリーンヒット!!

武蔵の頬が切れるッ!!

 

さらに本部は手を緩めない!!

左手に持っていた煙草の缶で武蔵の顔面を叩きつけた!!

飛び散る煙草!

 

きくぅ・・・!!

 

これは痛いぞ!!

思わず後ろに倒れこむ武蔵!!

 

そこに更なる追撃!!

本部お得意の・・・『ちゅどッ!!』だ!!

 

まさかの本部優勢!?

しゅごってくれるん!?

 

次回に続く!!


 

 

■前回

 

■次回

 

■刃牙道感想まとめ

リンクユニット
関連記事

オススメ記事

購読ボタン