【ネタバレ】刃牙道 第122話「火山」【漫画感想】




■刃牙道
第122話「火山」

 「終わったな・・・まさかこんな決着になるなんてな・・・ある意味想像出来なかったわ・・・

 

■前回のレビュー


「斬るのが好きでたまらぬ。

 斬る機会を得ると・・・つい余計に斬っちまう。

 悪い癖だ」

 

なんとも言えぬ表情の武蔵。

照れ顔・・・?

 

「実は必要ない。一太刀で事足りる。

 この機械を逃したくなく、つい沢山斬ってしまう」

 

この発現に驚愕する一同。

汗がとまらねぇッッ!!

 

武蔵は人斬りジャンキーか・・・

 

「前世(かつて)の立ち合い、一刀のもとひれ伏す相手に思ったものだ。

 嗚呼・・・ッッ!立ち上がってくれ・・・ッッ!

 『もう一度立ち合ってくれ』・・・と」

 

斬っても・・・

斬っても・・・

 

屈しない肉体(カラダ)はないものか・・・

 

斬っても・・・

斬っても・・・・・・

 

十回斬っても、倒れぬ肉体(カラダ)はないものか。

 

そして現世・・・

 

この世は広く・・・

奥深い・・・

 

こうして、一太刀、二の太刀・・・

三の太刀・・・・・・

・・・・

四の太刀、五の太刀、六の太刀・・・・・・

 

幾度斬らせてくれるのか・・・

何処まで斬らせてくれるのか!!!

 

めっちゃ笑顔の武蔵(((( ;゚д゚)))

やば過ぎる・・・!!

 

スポンサーリンク

 

 

怯えた表情のピクル・・・

冷たい汗が頬を伝うのがわかった。

 

この時・・・

ピクルの脳裏に去来したもの・・・

 

この感じ・・・・・・・・・・・???

 

数々の恐竜の姿が描かれる。

だが誰とも違う。

Tレックスでもトリケラトプスでもブラキオサウルスでもない。

 

この感じ・・・

刃牙や克己、ジャックや烈の誰とも違う。

 

ワルくて・・・・

速くて・・・

痛くって・・・

 

痛・・・・・

 

「あッ!」

 

こ・・・・・・・・ッッ!!

こいつかァ~~~~~~~~~~~~!!?

 

ピクルのイメージしたのはハエのような蜂のような・・・

 

そう。

かつて・・・不用意に口へ放り込み・・・

口が火山したアイツだ!

 

アイツが姿を変化(かえ)たのだ。

 

毒針(ぶき)を両手に。

 

しかもだ・・・・

我身を通り抜ける、蝶(アイツ)の術まで使用(つか)うんだ。

 

ピクルのこの畏怖が、筋肉の膨張・鋼化を解き、Tレックスの傷跡が消えていく。

筋肉の緊張で止血していたのも、これが解けることによって傷口が再び広がり、血が吹き出始めた。

 

そしてピクルは武蔵に背を向けた。

 

もう・・・食べたくない

 

それがピクルの導き出した結論だった。

 

「・・・おい」

 

と唖然とする武蔵。

決着か?

 

今のピクルなら両断も可能かもしれないが・・・

手傷を負った獣ほど危険なものはないというから・・・

もしかしたら、これで終わりじゃないかもな。

 

次回に続く!!

 

スポンサーリンク

 

 

■前回

■次回 

 

■刃牙道

■おすすめ記事



サイト内検索はこちら

サイト内検索

■ピックアップ記事

新着記事まとめ

おすすめ動画サービス