【ネタバレ】ハリガネサービス 第109話「友のため」【漫画感想】




■ハリガネサービス
第109話「友のため」

■前回はこちら

■ハリガネサービス

雲類鷲邸から戻ってきた上屋は父親から暴行を受けていた。

 

「育ててやった恩を仇で返しやがって・・・

 テメェが垂れ込んだせいで俺達の海外生活はメチャクチャだよ。

 次に俺たちに追っ手をかけてみろ。

 戻ってきたときは今以上の地獄を見せてやるからな」

 

叫ばないよう、上屋の口に何かを突っ込ませ、馬乗りになり、顔面を殴りつける父親。

 

お袋・・・助け・・・

 

上屋は側にいた母親に救いの視線を送るも、その視線はゴミでも見るような・・・

そんな眼差しだった。

 

なん・・・で・・・

 

絶望する上屋。

 

邪魔なら・・・捨てるなら、なんで俺なんか作ったんだ。

コイツらにとって俺はゴミほどの価値も無いんだなぁ・・・

 

寒い

 

そんな折、家の電話が鳴った。

 

「え、どうすんの」

「出るな!!」

 

しばらくして着信音が止まり、ホッとする父親。

 

ピンポーン

 

電話の次は来訪者か。

 

「上屋さん!ちょっと出てきていただけますか?」

 

そう言いながら、ドンドンとドアを叩く何者か。

 

「誰か来やがった!」

「どうすんのソレ!?」

 

ソレって・・・母親だろてめぇ・・・息子をソレって・・・

 

「あ・・・くそっ!とりあえず押し入れにでも突っ込んで・・・」

 

その時だった!!

上屋は、うつろだった目を見開き、咄嗟に父親の側を離れ、窓から外へ脱出した!

 

「あっ!?待て!!」

 

助けて!!誰か!!

 

瞬間!!あたりを照らし出す男達!!

どうやら雲類鷲の配下というか・・・黒服連中だ。

夜だっていうのに全員サングラスしてる。。。

 

男達の中央には叡の姿も!

 

「な!?」

「取り押さえろ!!」

 

「こうなるかと思って張り込ませておいたが正解だったようだな」

「叡・・・助けてくれ・・・」

 

雲類鷲は俯く上屋を抱きしめた。

 

「当たり前だ。友達じゃないか」

 

俺は雲類鷲家に使用人見習いとして引き取られることになった。

 

後半に続く!!

スポンサーリンク

 

 

■おすすめ記事



サイト内検索はこちら

サイト内検索

■ピックアップ記事

新着記事まとめ

おすすめ動画サービス