【ネタバレ】ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子 第5話ドラマ感想【火10】




f:id:sarapan2014:20160810004935p:plain

新たな事件が発生・・・

5年前と同じ飴玉さつ人・・・

模倣犯を防ぐためにマスコミに飴玉の件は伏せていたはずなのに・・・

 

今回の事件は模倣犯ではなく5年前の犯人の仕業なのか?

被害者の女子高生は腹部にまで飴玉を詰められていたようだ。

それと気になるのはリストカットの傷・・・

 

まさか最近の自さつ事件と同じ?

いや・・・それは違うようだ。凶器が見つかっていないためだ。

 

 

この事件のニュースを見た中島は気分が悪くなり、さらに自分の頭を机に何度も何度も打ち付けはじめた・・・

やはり5年前の事件の第一発見者だからか?

 

解剖にまわされた女子高生の遺体にすがりつき、泣き叫ぶ母親・・・

石上も流石に滅入っている様子だ。

 

・・・・

・・・

 

警察は5年前の容疑者の線からも捜査に当たるようだ。

そして中島にも捜査協力を頼むことに。

東海林も乗り気のようだ。

 

これに違和感を覚えた比奈子はどういうことかと東海林に質問する。

例の異常自さつの被害者は全てハヤサカクリニックとかかわりがあった。

中島先生とも何か関わりが・・・?

 

そんな中で東海林は彼に協力を頼んだ。

そこに違和感を覚えたのだが・・・

東海林は今はさつ人事件の方が先だと言う。

 

・・・・

・・

 

その後厚田と比奈子が中島と話をして、今回の事件のプロファイリングをお願いした。

ただ、5年前に中島先生が女子中学生の遺体の第一発見者ということも考慮し、断って頂いてもいいと付け加えた。

 

しかし、中島は快く引き受けた。

 

・・・

・・・・・

 

中島が警察をあとにする際、比奈子と少し会話をする。

今回機会を与えられた事で、5年前の悪夢にようやく向き合えると語る・・・。

彼は5年前の事件でプロファイリングはしていないという。

 

・・・

・・・・・

 

中島がクリニックに戻ると、謎の男が院長である早坂を訪ねてきていた。

中島が要件を尋ねると「指示を」と一言。

するとそこに早坂が現れた。

 

そして、焦った様子で男をかくまう早坂・・・一体・・・?

 

 

一方石上の検視結果が出たようだ。

10cmの刃物で切り裂かれていたようだ。

それは5年前と共通しているという。

 

だが、ひとつ違う点があるという。

それは傷のつけかたに慎重さを感じるという点だ。

 

同じ犯人が時間をおいての犯行は、むしろ大胆になる傾向があるなかでこれはどういう意味があるのか?

 

同一犯じゃない可能性があるのか?

そんな中、石上が未発表の論文を比奈子に見せた。

それはネグレクトに対する外部刺激療法についてのものだ。

 

つまり外側から脳内をいじるというもの。

愛情を受けて育たなかった子供が犯罪者になる傾向が強いので、それを治療するというものらしいが・・・

 

書いたのはハヤサカクリニックの早坂と中島のようだ。

研究は倫理面から頓挫したようだが・・・

この論文を読んで、石上は行方不明になった刑務官・壬生の事を思いだしたと言う。

 

彼は拘置所で自さつした犯人を見て溜飲が下がったと言っていたという。

神の裁きが下った・・・と・・・

 

そんな中、東海林から比奈子に連絡が来た。

明日早坂の所に話を聞きに行くと。

 

どうやらころされた女子高生のリストカットは学校のいじめが関係していたらしい。

そして半年前から心療内科に通院していた事も判明。

通っていた病院を紹介したのが早坂だったというのだ。

 

あくまで異常自さつの件ではなく、今回の件で話を聞きに行くようだ。

 

・・・・・

・・・

 

その夜比奈子はいつものように夢を見る。

5年前の少女の遺体現場だ。

そこには中島の姿もあった。

 

彼がいうには比奈子の知らない、現場の生の情報・・・

血とキャンディーの甘い匂いのまじりあった匂い・・・

宙を舞うキャンディーの包み紙の舞うカサカサという音・・・

 

そして、被害者の心の叫び・・・

 

そんな中入口に現れたもう一人の人物。

顏は解らないが、中島は明らかに敵意をむき出しにして、その人物に向かう。

比奈子は慌てて七味に触れ、夢から目覚めた。

 

どうやら比奈子は夢を夢として認識し、ある程度自由に操作ができるようだな。

 

・・・・・・

・・・

 

東海林と共に早坂の元を訪れた比奈子。

相変わらず出された飲み物に七味を入れる比奈子。

 

話しを進める。

例のころされた女子高生が数回こちらに通ったあと、他の病院に紹介した点について偶然ですか?と聞くと・・・偶然と早坂は答えた。

 

比奈子はここぞとばかり、異常自さつの5人の写真を並べ、彼らもまた早坂や中島・・・ハヤサカクリニックに関係があったと話し、こんな偶然ありえますか?と尋ねる。

 

すると早坂は「ありえないだろうね。普通」と一言。

東海林はやはりこの男が犯人なのか?と疑惑を向けるが、その一方で早坂はどうやって?と切り返す。

 

証拠を見せろと言われると現段階でそれを証明することは出来ない・・・

 

ここで早坂から興味深い事を教えられる。

プロファイリングが統計から導き出されるものに対し、中島が行っていた”潜入”は対象の意識に潜り込み、精神を同一化させるものらしい。

 

しかし、それは非常に危険なのでは?

犯罪者の闇に触れると言うには生易しい・・・完全に同じ気持ちになるということだ。

犯罪者と同じ気持ちになる・・・下手すれば自身が闇に飲まれてしまうかもしれない。

 

早坂は平和を望み、警察に疑われるような恥ずべき生き方はしていないと笑う。

 

疑うのであれば証拠をもってこい・・・か。

 

スポンサーリンク

 

 

一方警察は女子高生サツガイ現場付近で飴玉を舐める不審者を見つけ、身元の洗い出しをしているようだ。

 

そんな会議中、比奈子は中島にメールをしていた。

連絡をくれと。

 

・・・・

・・・

 

帰宅後、中島から比奈子に電話が来た。

比奈子は今日ハヤサカクリニックを訪れた件と、中島にも話を伺いたい旨を話した。

すると今日は無理だと言う。

 

比奈子は別の質問をする。

5年前の事件・・・プロファイリングはしていないと語っていたが、潜入はどうなのか?と。

 

沈黙する中島。

やはりしていたか・・・

 

中島は明日の朝メールを送るので、そのメールに書かれてある住所に行ってみてくださいといい、「さようなら」といって電話を切った。

 

中島は冒頭でクリニックに訪ねてきた男を家にあげていた・・・

これは・・・

 

 

翌日・・・

比奈子は仮病を使い遅刻すると同僚に連絡。

 

実際には中島から送られてきた住所に向かっていた。

 

一方、中島は早坂に電話を入れた。

 

「久保カズヤ」

「!!」

 

中島は5年前の事件、そして今回の事件の犯人でもある久保カズヤに辿り着いていた。

そう・・・ハヤサカクリニックを訪れていたあの男だ。

早坂はあの男を犯人だと知りながらかくまっていたようだ。

 

そして時期を待った。

神の裁きをより印象付けるその時まで。

中島が言うには、今回の女子高生は早坂が誘導し、久保にころさせたというのだ。

 

サツジンに加担した早坂を中島は自分に対する裏切り行為だという。

裏切りに対する報復をするという。

 

「久保を僕の手で始末する」

 

そういって電話を切る中島。

早坂は焦った様子で久保の元に急ぐ!!

 

一方、比奈子は中島から教えられた住所へと向かう。

そこには失踪した刑務官?がいた。

中島から全て話すよう言われていると・・・。

 

そんな折、東海林達に中島からメールが。

添付されていたのは久保一弥のカルテだった。

 

同時に防犯映像の怪しい男が久保一弥と判明。

これは・・・!!

 

・・・・・

・・・

 

一方久保の元に到着した早坂。

部屋に入り久保を探す。

 

そんな中、中島から電話が。

久保を何処にやったと凄い剣幕で怒鳴る早坂。

 

「和室の押入れ」と中島。

早坂はそのまま和室に向かい、押入れを開ける!!

 

すると中からおびただしい数の飴玉がこぼれてきた。

そして隠れていた久保に腹を刺される早坂!!

 

中島は一晩かけて久保に再潜入。

一年かけて刷り込んできた早坂に対する信頼を書き換えたという。

 

潜入ってか、完全に洗脳やね((((;゜Д゜)))

 

・・・・・

・・・

 

比奈子は失踪した刑務員から話を聞く。

その一方で警察が久保の自宅から早坂の飴玉遺体を発見。

 

すでに久保の姿はなかった。

 

・・・

・・・・

 

刑務員の話しでは、中島はすでに完成させていたのだ。

外部から強力な電磁波を与え、脳内に腫瘍を作る装置を!!

その状態で殺じんの記憶を思い起こすことでサツジン衝動のスイッチを押され、必ず自身をころすことを中島は知っていたという。

 

そう・・・今まで起きて来た5件の謎の異常自さつは神の御業ではなく中島の仕業だったのだ。

そして今日・・・全てを終わらせるつもりのようだ。

 

一番復讐したい相手に巡り合えたから・・・と。

 

 

そんな折、厚田から比奈子に連絡が!

早坂が女子高生ころしの犯人にころされたと。

比奈子は中島の事を尋ねるが連絡がつかないと言う。

 

比奈子は中島は5年前の事件現場にいると厚田に報告。

自身もそこに向かう。

 

昨日中島と話した時、中島の夢を見たと話した時、中島は「偶然ですね・・・」と言っていたことこからそこに辿り着いたようだが・・・

 

比奈子も現場に急ぐ!

 

・・・・

・・・

 

比奈子の推理通り中島と久保は5年前の現場にいた。

中島は久保に犯行の動機を聞いていた。

 

久保は動物の解剖に飽き足らず人間を解剖したかったと狂気に満ちた表情で語った。

それを冷ややかな目で見ながら準備を整える中島。

 

そこに比奈子がやってきた!!

 

中島は彼女が刑事だというと、久保はナイフを中島に向けた。

 

「ころせばいいだろ」

と中島は比奈子を指さしていった。

 

これを聞いた久保は比奈子に襲い掛かる!

だがその瞬間!!

 

比奈子の姿が自分自身へと変わった!!

怯える久保!

 

どうやら幻想をみているようだ。

自分自身に襲われる幻想・・・

 

そのまま久保は自分の両手両足に釘を刺す。

比奈子は止めようとするが、それを中島が羽交い絞めする。

やはり・・・中島は潜入しすぎたんだ・・・被害者の心の叫びを聞き、犯人に対する憎しみを募らせていったのだ。

 

その結果、このような裁きを実行していったのか・・・

 

結局久保は自らの腹を裂き飴玉を詰め込み絶命した。

 

「じさつじゃない・・・僕がころした。僕はさつじんしゃだ・・・」

 

 

そういって窓を開けると風が部屋に舞い込み、飴の紙袋が宙にまった。

中島は比奈子に内面はどうであれ、まだその手は汚れていないと言い。

銃口を自らのこめかみに当てた。

 

そして・・・「さよなら」と・・・

 

銃声が響き渡る!!

 

が・・・それは東海林が放った銃声だった。

中島の銃を狙った発砲だった。

 

厚田も到着・・・比奈子は中島先生がやったと告白し、中島はあえなく逮捕となった。

最後に比奈子は中島のその顏は見たくなかった・・・そう思うべきだと。

 

最後の最後まで「思うべき」やはり彼女に感情はなかった。

 

こうして一連の事件は幕を閉じた。

感情のない比奈子がどう感じていたのかわからないが、その表情は今までのような無表情ではなく・・・動揺が見られた。

 

中島は精神官邸で病棟に入るようだな。

結果的には自さつだからなぁ・・・・

 

・・・・・

・・・

 

最後東海林がコーヒーに七味入れてくれっていうの。

あれ慰めてるのかな・・・

 

 

次回に続く!!

 

スポンサーリンク

 

 

 

■前回

 

■次回

 

■ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子

■おすすめ記事



サイト内検索はこちら

サイト内検索

■ピックアップ記事

新着記事まとめ

おすすめ動画サービス