【ネタバレ】ハリガネサービス 第107話「籠」【漫画感想】




■ハリガネサービス
第107話「籠」

■前回はこちら

■ハリガネサービス

王葉VS豊瀬の第三セット!

1対2で豊瀬がリードを見せる中、王葉に動きが。

 

『元はといえばお前が野々原先輩の手を握りつぶしたんだろ』

 

大船のこの言葉を聞いて以来、雲類鷲叡から覇気が消えた。

完全に意気消沈と言った感じでうなだれている。

 

 

雲類鷲君がトスを呼ばない!?と意外そうな下平。

 

叡様!?

と、上屋も、その異変に気づいたようだ。

 

「チッ!」

 

王も今の雲類鷲に上げても仕方ないと判断。

他のメンバーにトスを上げる!!

 

「シッ!!」

 

イケメンハゲのスパイクが見事決まり、点差はなくなった!

 

「(やる気を見せねーなら、てめーにやるトスはないぞ雲類鷲)」

 

その後の展開も雲類鷲はトスを求める事はなく、シーソーゲームは続く。

 

・・・・

・・

 

「良いぞ三船!!」

「ナイスキーっス!」

 

イケメンハゲの名前、三船なのかw

 

「雲類鷲に全然トスが上がらなくなっちゃったぞ!?」

 

観客も気づいたようだな。

王はスコアボードを見ながら考えていた。

 

アタッカーの調子は悪くないのに、点差をつけられない・・・

 

現状両者共に9点・・・とって、とられてのシーソーゲーム状態だ。

 

あの9番(松方)のトスワークが戦力的な不利を戦術で埋めている。

雲類鷲に覇気がない今、膠着を破るには決め手が必要だ。

 

『手ぇ上げた奴にしかトス上げねーぞ!!ホラホラ!』

 

さっき俺が煽ったとき、お前は手を上げなかったな上屋。

いつまで雲類鷲の後ろに隠れてるつもりだ。

 

今、実質王葉を導いているのは、この王だ。

一体どうするつもりなのか?

 

その後もシーソーゲームは続き、

王葉13点、豊瀬14点に・・・

 

すでに両チーム共に体力の限界か。

呼吸が荒くなってきている。

 

「(豊瀬は平均身長では王葉にはかなわない。

 雲類鷲ほどの絶対的エースもいない)」

 

だけど脚力勝負なら負けないはずだ!

秩父の山々をものともせず

頂上まで駆け上がってくる豊瀬バレー部なら!!

 

と自信を見せる松方!

実際、終盤にきても、ジャンプブロックにまるで衰えを見せない豊瀬メンバー!

 

「(上を!?)」

 

イケメンハゲ三船のスパイクを見事ブロックしてみせる豊瀬ブロック!!

一方、雲類鷲はいまだに闇の中にいた・・・。

 

後半に続く!!

スポンサーリンク

 

 

■おすすめ記事



サイト内検索はこちら

サイト内検索

■ピックアップ記事

新着記事まとめ

おすすめ動画サービス