【ネタバレ】ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第17話(前編)「岸辺露伴の冒険」【アニメ感想】

リンクユニット
更新

宣伝枠

2018年9月25日新着記事リンク一覧

■ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない
第17話「岸辺露伴の冒険」

■前回はこちら

f:id:sarapan2014:20160730092325p:plain

街で偶然再会を果たした康一と露伴w

当然身構える康一wついこないだあんな目に合ったばかりなのだから当然だw

 

露伴は康一に敵意はない事を示すと共に、『なんか気が合う感じがする』と一方的にフレンドリーに接してきたw

 

ヘブンズ・ドアーで康一を読み解く中で、彼に尊敬の念をもったらしいがw

 

そんな露伴だが康一に尋ねたいという。

生まれてから4歳くらいまでは、この辺りに住んでいたという露伴。

その頃に住んでいた場所を探しているらしい。

 

ノスタルジーという奴か。子供の頃を思い出すのも漫画家の仕事だという。

しかし、3,4歳の記憶・・・よく覚えていないという。

 

で、聞きたいというのが町内地図の看板だという。

そば屋・有す川、薬屋・ドラッグのキサラ、そしてコンビニ・オーソン・・・と

地図上では三軒が連なっている。

 

しかし現実にはドラッグのキサラとオーソンの間に小道があるのだ。

露伴は「ちょいと行って見ないか?」と康一を誘う。

 

明らかに怪訝な顔をする康一ww

f:id:sarapan2014:20160730093543p:plain

「ん?この岸辺露伴が頭を下げて頼んでいるのに。

 ふーん。そうかい。君はたった数10m歩くだけの事を断るのか」

 

まず頭下げてないからなwww1mmもwww

どういうことなのww

 

岸辺露伴はスタコラと一人で道路を渡り、ドラッグのキサラとオーソンの間の小道に向かって歩を進める。

 

「わがままだなぁ・・・もぉ・・・5分だけですからね!先生!5分だけ!」

 

康一も人が良すぎるw

結局ついていくことにw

 

それにしてもおかしい・・・

露伴の購入した杜王町の地図にも、この道は書いていない。

康一は地図のミスを見つけたら図書券が貰えると喜んでいる。

 

路地を曲がるとポストと、ホカホカの犬の糞。

それを誰かが踏んだ靴跡もあった。

 

「うげぇ・・・」と康一。

 

露伴は構わず一人で地図と家を見比べていた。

地図には辺りの複数の家の情報も丸々載っていなかった。

露伴先生はミスだらけの地図に大変お怒りになってるぞ!!

 

そんな折、康一は一軒の空き家を見つけた。

かなり寂れた感じだ。

 

ロッキーと書かれた犬小屋に、首輪だけが繋がれている。

 

再び歩みを進める二人だったが、気がつくと同じ場所に出てしまった。

例の郵便ポストと犬の糞・・・間違いない。

 

→←→と曲がったのに何故!?

 

察しのいい露伴は何者かにスタンド攻撃を受けているかもしれないという。

康一にエコーズを出させ、上空から辺りを見渡すつもりのようだ。

 

「エコーズ!アクト1!」

 

康一は上空にエコーズを飛ばすも、急に何かにぶつかった!

 

「どうした!?」

「な、なにかいる・・・!空中で何かに触られた・・・!」

 

「僕には何も見えなかったぞ!?」

「でも、確かに触られたんですよぉ・・・!」

 

「あなたたち、道に迷ったの?」

 

何者かが突如2人の背後から声をかけてきた!

見ると、生脚が素晴らしい少女が立っていた!

 

当然2人は彼女がスタンド使いだと察する!

f:id:sarapan2014:20160730095147p:plain

「ヘブンズ・ドアー!!」

 

露伴先生メッチャカッコイイ(((( ;゚д゚)))

いきなり空中に物凄い速さでキャラクターを描き、ヘブンズ・ドアーを発現させた!!

 

「有無を言わさず先手必勝さ!」

 

露伴は少女にヘブンズ・ドアーをぶつけ、彼女を本にした!

すかさず2人に危害を加えないよう書き込む露伴。

 

マジでこのスタンド強すぎだろww

初見でこれやられたら誰もかてねぇだろww

 

ちなみに露伴のスタンド能力は成長しているようだ。

以前は漫画を見せた相手を本にしていたが、空中にヘブンズ・ドアーを描く事でもスタンドを発現できるようになったようだ。

 

ただし、仗助のように、何の興味も持たないダサい奴には利かないらしい。

一見すると最強っぽいが、DIOとか漫画に興味がない奴にはそもそも効果がないのか。

 

露伴は早速彼女を読み解く。

そこでわかったのは彼女がスタンド使いではなかったことだった。

名前は杉本鈴美、年は16歳。

スリーサイズまで書かれているww

 

正直少女のプライバシー的な内容まで読み解く露伴先生はド変態だとおもいましたね^q^

 

「初めて男の子とキスをした時、舌を入れられてるぞ!!」

「ちょっとまって!!岸辺露伴ンンンンンン!!!

 その女の子がスタンド使いじゃぁないなら、

 それ以上読む事は僕が許しません!!」

 

康一君真面目やなぁww

 

岸部露伴は今起こった事は全て忘れると鈴美の空欄に書き込み、事無く終えた。

 

元に戻った彼女は、よく迷う道だから案内してくれるという。

露伴は道だけ教えてくれればいいというが、口で説明してもダメだという。

彼女はどうしても案内したいようだ。

 

f:id:sarapan2014:20160730100609p:plain

つうか、マジでかわいこちゃんだよなー。

 

突然ポッキーの端っこを持つように露伴に言う。

いわれるままポッキーの端を持つと、ポキンと折った。

 

どうやらポッキー占いのようだw

露伴は女の子に振られるというw

結構ワガママな性格で人をひっかきまわすため、それが原因で振られるらしいw

 

やべぇw当たってるよww

 

露伴は否定した上で、今度は彼女の心理テストを始める。

薄いピンクのマニキュアは恋に臆病。肝心なところで本当の恋を逃すらしい。

 

恋でなくても、今何かを恐れていると露伴は言うが・・・


 


露伴にそう言われると、彼女の表情が曇った。

そして露伴たちに背を向け、真っすぐ歩いていき、一軒の屋敷の前で止まり、口を開いた。

 

「ここの家ね・・・15年前、さつ人事件があったんですって」

 

驚く康一と露伴。

 

「今は誰も住んでいないわ。話・・・聞きたい?」

 

そういうと、鈴美は隣のおばあちゃんから聞いた話を2人に聞かせ始めた。

 

事件の起きた真夜中・・・

寝室で寝ていた少女が両親の部屋の方で、ピチャリ・・・ピチャリと、

何かが滴り落ちる音がして眼を覚ましたという。

 

何の音だろう?

少女は『パパ、ママー!』と呼んだが返事がないという。

 

普通なら、結構恐いシチュエーションだが、少女はあまり恐くなかったという。

それは、側に愛犬がいたから。

 

大きな番犬で、暗闇でもベッドの下に手をやると、クンクンと甘えて、手を舐めてくれたという。

 

『アーノルドがいるから安心だわ』

 

だが、ピチャリ・・・ピチャリという音は何十分も続いたという。

ついに女の子は、意を決して何の音か調べにいくことに。

 

「すると・・・?」と康一。

「首を斬られた愛犬アーノルドがコート掛けに吊るされてしんでいたの!!」

 

アーノルドの血の滴る音が聞こえていたのか(((( ;゚д゚)))

 

突然ベッドの下から声がしたという。

『お嬢ちゃんの手って、すべすべしてて可愛いね。くっくっくーん!

 両親もすでにころしたぞ』

 

f:id:sarapan2014:20160730102628p:plain

 

「そして、その女の子もころされたのぉおおおおおお!!!」

「ぎゃあああああああああああああ!!!本当の話ですかぁああああ!!?」

 

「あっはははは!本当の話に聞こえた?マニキュアの仕返しよ!」

「ぷはぁ・・・心臓に悪いなぁ・・・」

 

ピチャリ・・・ピチャリ・・・

 

露伴の背後で何かが滴る音がする。

振り返ると、そこには犬がいた。

後を向いている。

 

その犬が、徐々に首をこちらに向けると・・・

なんと首がパックリ切り裂かれていた!

 

まるで先程のアーノルドの話のようだ!!

血が吹き出て滴り落ちている・・・

 

「な・・・!こ、これは!!」

 

f:id:sarapan2014:20160730103105p:plain

「そう・・・その女の子ってのは、あたしなのよ。

 幽霊なの。アーノルドとアタシは」

 

露伴のヘブンズ・ドアーは鈴美のしぬまえの記憶・・・

当然しんだ後の記憶は読めない。

 

彼女曰く、ここは『あの世と、この世の境目』らしく、2人は彼女と波長があったために、この世界にいざなわれたという。

 

後編に続く!!


 

 

■前回

 

■次回

 

■ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない

関連記事

オススメ記事

更新

宣伝枠

2018年9月25日新着記事リンク一覧

こんな記事も読まれています

Random Posts

サイト内検索はこちら

サイト内検索
購読ボタン