刃牙道ネタバレ感想

【ネタバレ】刃牙道 第117話「筋」【漫画感想】

更新日:

■刃牙道
第117話「筋」

 「ごめん。ピクル舐めてたわ・・・

 これが野生か・・・」

 

■前回のレビュー

■刃牙道

向かい来る獣、迎え撃つは剣豪武蔵・・・

その抜刀は無駄な動作は一切なく、流れるような動きとはよく言ったもの。

理に適った、これ以上無い抜刀。

 

腰で抜刀し、最終的には両手で刀を振りぬいた!!

 

「むんッッ!!」

 

刀は突進してくるピクルの顔面を捕え、刃がめり込んでいる・・・!!

 

これを見た刃牙たちに激震が走るッ!!

 

「とッ!!?止まってる!!?」

「力すっげ・・・」

 



こんな事がありえるのか!?

ピクルの巨体は武蔵の刀に止められたまま、宙で静止している!!

 

「ぬぅ!!?」

 

「武蔵の・・・剣が・・・止められている!!?

 憤怒(いか)りの表情筋(かおきん)とッッ!!

 原始の上半身筋(からだきん)でッッ!!

 武蔵の刃を止めたッッ

 

「天晴れなり、肉の宮・・・」

 

あの武蔵が汗をかくほどの事態・・・!!

そして・・・・



 


ギャドッ!!

 

ピクルの全力のパンチが武蔵の顔面に突き刺さった!!

武蔵の今までの戦いからして、攻撃が来るのは十分察知できただろう。

しかし、刃牙の最速のジャブを発射前に抑えた時とは比べ物にならない速さと圧力!!

 

武蔵はそのまま吹っ飛び壁に激突!!

 

表情を見る限り、意識はないようだ。

そのまま前のめりに崩れ落ちた。

 

「けけ・・・・・・ッッ!!け・・・ッッ・・・決着か!!?」

 



御老公が動揺している。

観客もまた息を飲む。

 

ピクルの表情筋が緩むやいなや、刀がピクルの体から剥がれ落ちた。

するとどうだ。

 

刀の触れた部分が縦に一閃・・・血が吹き出たではないか!

 

しかし、問題はここからだった。

意識が戻らぬ武蔵に対し、傷は負ってもまだ元気なピクル・・・

 

なんとその手には無銘金重が握られたぞ・・・!!

こりゃ武蔵、ひょっとしたらマジで食われかねんぞ!!?

 

次回に続く!!



 

 

■前回

 

■次回

 

■刃牙道感想まとめ

オススメ記事

-刃牙道ネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.