【ネタバレ】ハリガネサービス 第104話「傑物と凡夫」【漫画感想】




■ハリガネサービス
第104話「傑物と凡夫」

■前回はこちら

■ハリガネサービス

王がトスを上げたのは、まさかの脚をつった雲類鷲!?

これは王自身予期せぬ事だった。

 

雲類鷲叡の叫びにひきつけられるように、トスを上げてしまったのだ!

 

すぐさま間白・下平・松方でブロックに入る!!

 

明らかに先ほどまでのジャンプ力がなくなっている!!

雲類鷲はもう限界だ!!

 

これでブロックの上からの強打はなイ!!

 

「ブロック脇固めロ!!」金田吠える!!

 

すぐさまブロック脇に移動する金田と野々原!

しかし、雲類鷲はブロック脇を狙うどころか、そのままスパイクを放った!

しかも上に!?

 

「アウトだ!!」

 

ニヤリと笑う雲類鷲叡。

禍々しい弾道は瞬間的に軌道を変え、一気に落ちた!!

 

ドライブスパイク!?

 

ボールは豊瀬コートに突き刺さり、32対31に・・・

 

全身の膂力をドライブ回転に変換してエンドラインにねじこんだ!!

やっぱりアイツ本物の・・・

 

天才という奴なのか・・・

 

パンッ!

 

「さぁ紆余曲折ありましたが、ようやくここまでこぎつけました。

 当初の予定通り雲類鷲の高さが落ちてきました!!

 今が勝ち時です!!」

 

ファッ!?

 

松方がいきなり演説はじめたぞww

 

「ここからは、温存してきた高代先輩のブロックで王葉の攻撃を封さつしましょう」

 

高代先輩って・・・こいつ選手だったのかよww

老け顔ってレベルじゃねぇぞwwOBだと思ってたわww

 

下平を下げてまで入れる戦力なのか?

高代先輩とハイタッチを交わす下平・・・先輩の手の冷たさを気にしていた。

 

え?アップもしてないのかよww

 

後半に続く!!

スポンサーリンク

 

 

■おすすめ記事



絶句するほど安い楽天ブックスの在庫一掃セール

マジで安すぎるだろ(((( ;゚д゚)))

最大80%OFFぞ!!

完全にAmazon越えたね。

こんな記事も読まれています

サイト内検索はこちら

サイト内検索