【ネタバレ】刃牙道 第115話「逸話」【漫画感想】




■刃牙道
第115話「逸話」

 「武蔵って燃費いいよなぁ。思ったより小食だし

 

■前回のレビュー

徳川邸の庭先で御老公と武蔵が仲良く昼食を摂っている。

焼き魚、白米、味噌汁・・・その他小鉢が数点。

まさに和の定番といったところか。

 

「池でも眺めながら、たまにはこういう昼食もええじゃろ」

 

モニュ・・・ポリ・・・

 

武蔵の租借音だけで腹が減る!!

やはり板垣先生はグルメ漫画を書くべきだなッ!!

 

そんな中、武蔵の周りをブンブンと飛び回るハエが数匹。

 

「蝿がチョットな」と蝿を払いのける御老公。

 

ブン・・・ブン・・・

 

武蔵はその目の端ですでに蝿の動きを捕えていた。

 

蝿「ブ?!」

 

なんと武蔵!!箸で蝿の羽根を掴んでしまった!!

 

ブブッ!

蝿は動きを止められてしまったのを焦っているのか、ひっしに逃げようとしている!!

 

「おお~~~~~~~~~~~~ッ」

 

驚く御老公。

誰だって驚く。オレだって驚く。

 

こ・・・・・・・・・ッ!!

これは・・・ッッ!!!

 

ブンッ!!

武蔵は蝿を箸で捕えたまま、その右手を勢いよく振るった!!

すると、蝿の胴体部分だけが地面に落とされた!!

 

武蔵の箸には蝿の羽が二枚残るだけだった。

 

「羽・・・・・・・」

 

さらに武蔵は自身の周りを飛び回るもう一匹の蝿を同様に箸で捕えた!!

まぐれではない!!

 

そして同様に右手首を素早く振り、蝿の羽のみを残し、胴体は地面に落ちた。

さらにもう一度・・・

 

計三匹の蝿を瞬く間に捕え、羽をむしりとって見せた。

 

 

こ・・・・・・・ッ

こういう事だったのか~~~~~~~~~~~~~~~!!!

 

飯時に飛び交う蝿を箸で捕えたというあの逸話。

さすがに荒唐無稽・・・創作(フィクション)と片付けておったが・・・

 

『箸で捕える』どころではない・・・・

捕えていたのは蝿の本体ではなく

 

飛んでいる羽を・・・・・・・・ッッ

捕えとったンかい!!!

 

どれほどの動体視力よww

 

スポンサーリンク

 

 

 

武蔵は箸をふき取り、キレイに昼食を平らげた。

 

・・・・

・・・

 

「くう?」

「そ・・・・食う・・・・」

 

面を喰らう武蔵。

 

「くうって・・・・・この食うか」

 

武蔵は箸と茶碗をジェスチャーしてご老公に尋ねた。

 

「その・・・食うじゃ」

 

あぐらをかきながら首をかしげる武蔵。

 

「食う・・・・・・・食うのかッッ俺をッ!?

「天下無双の宮本武蔵を」

 

パンッ!!とヒザを叩く御老公。

 

「頭から食うんじゃッッッ!!」

 

「ブッ」

 

ハハハハハハハハハハ!!!

と大爆笑の武蔵www

 

ピタッ・・・

 

口を開けたまま、ピタリと笑いを止める武蔵。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「はて・・・・食えるのか?俺は」

「少なくとも・・・・・・ピクルの眼からは、おぬしゃ立派なご馳走じゃよ」

 

「倒すでなし、勝つでなし、食う。美味いのか?」

 

・・・・・

・・・

 

そして久方ぶりの守護キャラ!!

達人本部が東京ドームに現れた!!

 

タバコを一息・・・

 

「あの・・・・」

 

警察官が声をかけてきたww

 

「ここでのおタバコはちょっと・・・」

「はい!?あ、ハイ、いや・・・スンマセン・・・」

 

達人本部以蔵・・・警察に説教を喰らうッ!!

 

・・・・・

・・・

 

警察がいなくなったのを見計らい、再びタバコに火を灯す本部ww

こりねぇやつだなww

 

明日・・・・・・

 

・・・・・

・・・

 

「6日目・・・飲まず、食わず、眠らず・・・

 野生のコンディション作り・・・・・・・・・

 明日がベストだ

 

遂に決戦の時、来る!!

ピクルの飢えは最高潮!!

ヨダレたらたら・・・・武蔵といえど、無事じゃすまなそうだな・・・

 

こりゃマジでどっちかしぬかもしれんな・・・

 

次回に続く!!

 

スポンサーリンク

 

 

■前回

 

■次回 

■刃牙道

■おすすめ記事