【ネタバレ】ハリガネサービス 第101話「視る」【漫画感想】

リンクユニット
新着

■ハリガネサービス
第101話「視る」

■前回はこちら

■ハリガネサービス

「ブロックの移動中にレシーバーの位置が見えたって」

「ブロッカーがどこ見てんだバカヤロ!!ちゃんとトスとスパイカー見ろ!!」

「いえ、もちろんボールは見てるんですけど・・・」

 

「くっちゃべってるヒマは無え!散った散った」

 

下平・・・お前もしかして・・・

野々原は下平の能力に気づいたのか?

 

試合は再開!

豊瀬・久場のサーブからはじまった!

 

コートには入ったがレシーブされてしまう!

 

「バックライトお!!!」

 

雲類鷲が吠える!

王は何処にトスを上げるつもりだ!?

 

「レフトぉ」

「!」

 

雲類鷲のいるバックライトではなく、レフトにトスを上げた王!

豊瀬のメンバーは全員雲類鷲で来るものとばかり思っていただけに虚を突かれた!

 

『お前らだって本当はスパイク打ちたいんだろう?』

 

今ここで来るのか!!

王葉のイケメンハゲも、まさか自分にトスが上がるとは思いもよらなかったようだが、

スパイクの体勢に入る!

 

しかし、このトス・・・

王にしては妙に滞空時間が長いような・・・

まるでなにかが追いついてくるのを待っているような・・・?

 

ズダダダダダダ!!

 

「お前なら当然そうするよなぁ雲類鷲」

 

「バック移動攻撃(ブロード)!!トスを横取りする気か!?」

 

なんと雲類鷲は自らのポジションを離れ、イケメンハゲに上がったトスを無理矢理奪いに来た!!

 

完全に裏を突かれた豊瀬だったが、ただ1人・・・

下平だけは、この動きについていっていた!!

 

「下平が跳んでる!!」

「(やっぱり!!)」

 

野々原は確信した。

 

前の桐城との練習試合の時、完全に不意を突いたはずなのにバックアタックがアタックラインを踏んでいたのを下平だけが見ていた。

 

アレはたまたまじゃなかったんだ。

ふつう人は視界の中の一部分を注視して、その周りにある視覚情報は認識できない。

もしかしてお前にはこんな風に全体が見えていたんじゃないか?

 

視界に映ったもの全体を一枚の画像として認識して多くの情報を得る

周辺視の力!!

 

だからトスを目で追っていてもコートの奥で走る雲類鷲を認識できたんだ。


 


雲類鷲は下平のブロックを避けてスパイクを打ち込んだ!

しかし、玉の行く先には間白が構えている!

 

ただでさえ無茶な体勢で打ってんのに、ブロッカーまで外して打ったら、

そりゃアウトになるだろ。

 

間白が受けることも無く、雲類鷲のスパイクはコート外へ突き刺さった!!

 

これで豊瀬は23点!!

食らい付く!!

 

一点差!!されど、あと1点でも取られれば負けが確定するのは変わらない!

 

「よくついてった!」

「グッジョブ!」

「(よくわかんねーけど)」

 

今こいつ、何かチャンネルが開いてやがる!!

 

「下平、お前をブロックの基準にしていいか?」と松方。

 

昔から何をやっても不器用で、役立たずだった僕が今・・・

必要とされているんだ!!

 

「うん!!」

 

再び久場のサーブから試合再開。

 

「(一本でもサーブミスったらオレたちの高校バレーが終わる)」

 

そんなのは御免だ。

 

「久場ナイッサー!!」

 

高代っちゃんが戻るコートまでちゃんと繋ぐ!!

 

久場のサーブは、まさかのネットに当たった!!

 

「越えろぉ!!」

 

久場の叫びにボールは王葉のコートに落ちる!!

これをセッターの王が片手でトスを上げる!

 

これをスパイクにいくのはやはり雲類鷲叡!!

 

「ツー!!1!!2!3!!」

 

下平のカウント、そしてタイミングでブロッカーが飛ぶ!!

そして雲類鷲の放った大砲は見事ブロックに阻まれた!!

 

これで同点か!?

 

次回に続く・・・!!


 

 

■前回

 

■次回 

 

■ハリガネサービス

サイト内検索はこちら

サイト内検索
関連記事

オススメ記事

新着
リンクユニット