【ネタバレ】HUNTER×HUNTER No.358「前夜」【漫画感想】

リンクユニット

サイト内検索はこちら

サイト内検索

■HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)
No.358「前夜」

■前回はこちら

「レディ~~~~~~~~~~~ス!エン ジェントルメ~~~~~~~ン!!!」

 

いよいよこの日がやってきた。

人類の更なる発展に向けての新しい門出。

 

「新大陸への旅立ちィィイーーーーー!!!前夜祭イイイイスタァーーーーーーアットオオオオ!!!」

 

一体どのくらいの人間がこのセレモニーを見に来ているのか・・・

とにかく凄まじい人数だ。

 

「ごきげんよう!!偉大なる歴史の生き証人達よ!!!」

「これより先!!!諸君等が体験する事全てが歴史だ!!!

 そう!君は歴史だ!!!」

 

「それでは早速登場していただきましょう!!」

「現代の箱舟を実現させし偉大な巨人!!!我等が国王!!!

 ナッスビィィイイィイィイイイ!!ホイコォ~~~~~~~オロォオオ~~~!!!!

 

二人の司会によりド派手に登場するカキンの王・ナスビ=ホイコーロ。

 

「言いたい事は1つだホイ!!ワシは!!偉大なるカキンの王である!!!

 新大陸は!!我等と共にあるホイ!!」

 

鳴り止まない国王コール・・・

 

そして、第二会場では総責任者のビヨンドと、カキンの王子たちが観客に手を振っている。

 

第1王子ベンジャミン

「(前夜祭には全員参加か・・・明日のセレモニーに一体何人が残るかだな・・・)」

 

第3王子チョウライ

「(まぁ最後に勝つのはこの私だ・・・!)」

 

第4王子ツェードリヒ

「(愚民共よく見ておけよ。このオレが)」

 

第5王子ツベッバ

「(この私が次の王・・・!!)」

 

第6王子タイソン

「(アタシこそが・・・)」

 

第7王子ルズールス

「ケ」

 

下の王子はともかく、上は確実に王の座を狙っているなぁ・・・

王や王子、その他VIPは続々とB・W(ブラックホエール)号に乗船。

 

20万人が乗船可能な、この巨大な船で新大陸を目指す!


 


「B・Wは5層構造で1層が王族とV5の政財界の要人。

 2層が各界の著名人・富裕層。

 3層以下が一般渡航者区域だ。

 

 各層の連絡通路は王立軍によって戒厳令に準じるレベルでの警備が行われている。

 特に2層と3層は、ぶ厚い壁で遮断されており、非常時・・・

 しかも2層からしか開閉できない。

 

 故に”狩場”は1層と2層のみだが、船の中では節度を保て。

 本格的な祭は二か月後、上陸のセレモニーが終わった後だ。

 それまで我々は兵(ソルジャー)ではなく警護(ガード)だからな。

 

 唯一、第一王子(ベンジャミン)殿の命があった場合に、

 『急襲作戦』を敢行するが、余程条件がそろわないと厳しい。

 

 各王子の居住区は厳密に区切られていて生活の全てが、

 その中で済む為、各護衛同士の接触も少ない。

 

 王子全員が集うのは毎週日曜に予定されている要人を呼んでの晩餐会だが、

 これも王子ごとの入退館時間が決められており、移動中に王子同士が

 すれ違う事はない」

 

イカツイ兵士たちに説明をするイカツイ男。

コイツラは何処所属なのだろう?

 

・・・・・

・・・

 

「・・・という訳で、今の所は全く機会がありません。

 もしかしたら、ずっとこのままかも・・・」

 

と、上記の説明をクラピカに説明する第14王子ワブルの母・オイト。

 

「警護上はむしろ好都合です。

 その間に継承戦を回避する道を探りましょう」 

「ええ」

 

「船内電話で他の王妃や王子へのコンタクトは可能ですか?」

「下の妻から上の妻への電話はする事が出来ません。

 それに電話は軍が管理しているはずです。

 

 中立な立場で継承戦を見守る王立軍が通路を監視しています。

 行動は全て把握されている状況・・・

 これでは暗さつなんて到底不可能な話。

 王の真意がよくわかりません」

 

「・・・・」

 

もちろんこの状況でも抜け道は多数あるが・・・

念能力者の存在を考慮に入れると可能性は無限に等しい。

 

まずは敵の戦力を把握し、力関係を測らねばならない・・・

現状は各王子が所有する警備兵の数しかわかっていないが、

念能力者の有無を抜きにしても、こちらの戦力は乏しい・・・

 

居住区以外の警備を担当している”準協会員(ハンター)”も我々の味方ではない。

・・・むしろ危険だ。

 

試験当時、カキン側の受験者にすら裏事情は知らされていなかったのだろう・・・

それによって殆どのカキンの警護兵はオレの鎖もすり抜けた・・・!

 

渡航中だけの期間限定での準協会員資格であり、身内の護衛という事で

暗黒大陸組よりは審査が甘かった点も裏目に出た形・・・

 

これによって1層の王子居住区の外には150名近い臨時の準協会員(ハンター)が裏の任務を隠しながら徘徊する事となった・・・

 

十ヶ条の改訂を避けて、第二条に準会員という副項目を付けるという、いかにも中道的な対処は、結果的に白黒をつけてリスクを明確にしておく場合よりも、余程、不確定要素を増やし、想定外の事態を招く確率を上げた気がしてならない・・・!

 

それとも・・・ツェードニヒへの接触と血生臭い王位継承戦に関わっているオレ固有の事情が、オレを過敏にさせているだけなのか・・・?

 

『クラピカ』

「ミザイか。どうした?」

 

ミザイからクラピカに着信。

 

「オレは一般乗客(3~4層)に専念だ。

 予想よりはるかに犯罪発生のペースが早い。

 チケットの偽装・盗難、人種衝突やら酔っ払いの喧嘩やら、なりすまし、

 窃盗、暴行、諸々だが、虚偽報告も多数確認されてて、正に混沌(カオス)だ。

 

 どうやら

 『犯罪行為で誰かのチケットが無効になると、既にチケットを持っている者の乗船枠が増える』

 というデマが発端らしいんだが。

 

 『告発者のチケット枠が増える』って所まで噂がエスカレートしている。

 カキン軍の対応も一貫性が無くて、このままだと最悪暴動が起きかねない状況だ。

 

 そこで、ボトバイとオレが補佐役で軍と民間警備を統率する事になった。

 そんな訳で出発直前の十二支ん会合には出席出来ない。

 

 カキンの杜撰さを大分過小評価していた。

 計画書は全く意味をなしていない。特にひどいのは医療チームだ。

 診療施設が3層では3か所、4層と5層は2か所だけで、5層にいたっては医者が常在しない。

 

 施設数は計画の1/5、医者は当初予定の1/15というあり様だ。

 逆に上位層は20人に1人が医者だっていうからあきれる。

 やむを得ずチードルがスタッフの補充と再編成に奔走している真っ只中だ」

 

『その様子だと会合そのものが飛びそうだな』

 

「かもな。オレも出発前の連絡はこれが最後かもしれない。

 くれぐれも気をつけろよ」

 

『ああ』

 

・・・・・・

・・・

 

「・・・」

 

下が混乱するのはタイミングによっては利用出来るかも知れない・・・

 

「オイト王妃。

 万が一に備えて、非常時の避難経路を確認し、情報共有しておきましょう」

 

「・・・非常時?今以上の何が起きると言うのですか?」

 

「例えば、事故や暴動等で、火災が発生した場合、

 2層と3層間の連絡ゲートが開放される可能性があります」

 

「!」

 

「上手くいけば軍と王子達の目を逃れて一般客に紛れる事が可能かもしれません」

「本当に・・・そんな事が」

 

「何が起こるかわからないから、備えるのです。

 他にも飛行船や救命艇、救命ボールの配備位置や使い方もしっかり把握しておいて下さい。

 

 『知る事』で生き残る確率は大幅に上がります。

 『わからない』よりも『出来るかも知れない』方が生死を分ける状況判断で、

 結果に著しい成果をもたらすのです」

 

オイトはカタカタと震えだした。

 

「王妃・・・?大丈夫ですか!?」

「私は・・・覚悟していました・・・この船で・・・私達はしぬ・・・と。

 それが・・・望みがあると思ったら・・・急に・・・」

 

「少し、休まれた方がいいでしょう。

 その間に私が必要な資料を揃えておきます」

「ええ・・・ありがとう」

 

「王妃と王子を寝室へお連れしてくれ」

 

部下に王妃と王子を頼むクラピカ。

 

「システム管理室につないでくれ」

 

ズ・・・

 

「!!」

 

何かの気配を感じ振り返るクラピカ。

 

「?」

「どうかしましたか?」

 

「・・・・・いえ」

 

今の反応はワブルの守護霊獣ってことか。

次号クラピカの身に何かが起こる!?

 

次回へ続く!!


 

 

■前回

 

■次回

 

■HUNTER×HUNTER 

リンクユニット
関連記事

オススメ記事

購読ボタン