【ネタバレ】僕のヒーローアカデミア 第11話「ゲームオーバー」【アニメ感想】




■僕のヒーローアカデミア
第11話「ゲームオーバー」

f:id:sarapan2014:20170325122922p:plain

■前回はこちら

ヴィラン連合の強襲・・・

奴らの狙いはオールマイト抹さつ・・・

生徒たちは敵のワープ使いによって分散されてしまった!

 

出久達は水難エリアでヴィランに襲われるも、知恵と個性を合わせ第一関門を突破した!

 

このまま広場を避け出口に向かうのが恐らくは今の最善手。

しかし、広場で一人戦う相澤先生を心配する出久。

 

敵の数が多い・・・いくらイレイザーヘッドといえど、あれだけの人数を相手に戦うのは無理がある・・・。

 

出久は相澤先生の邪魔をすることはしないが、なんとか彼の負担を少しでも減らそうと広場に様子を見に行く事を決めた。

 

初戦で勝利したのが妙な自信を出久に植え付けてしまったようだ・・・。

しかし、これがいけなかった・・・!!

自分たちの力が通じる・・・そう勘違いしてしまったのだ。

 

後に起こるピンチを、この時はまるで想像もしていなかったようだ。

 

・・・・・

・・・

 

一方、轟は圧倒的な個性で敵を一瞬にして凍らせた。

このまま放置をすれば、壊死は免れない・・・

そこで轟はヴィランにオールマイトを倒せるという根拠を聞き出そうとする。

重症になりたくなければ話せということか・・・

 

・・・

・・・・

 

そしてこちらは山岳エリア。

耳郎と上鳴、そして八百万の三人がヴィランに囲まれていた!

女子二人は八百万の個性で生み出した武器で戦うも、上鳴は装備なしw

 

そもそも電気という強個性なのになぜこんなヘタってるのか!?

それは個性で攻撃すれば味方の二人にも被害が及ぶからだった!

 

しかし、人間スタンガンという使い方を覚えた上鳴!

結構強いかも!

耳郎も負けじとイヤホンジャックの個性で自身の心音を爆音で出力し、敵を倒す!

そして八百万は巨大な絶縁体マットを生み出し、それを耳郎と共に被った!

 

これで上鳴は全力が出せる!!

電気大放出で敵を一網打尽!

しかし、許容量をオーバーすると脳がショートして一時的に馬鹿になるようだww

 

・・・・・

・・・

 

一方広場では雑魚戦をあらかた終え、イレイザーヘッドと死柄木が直接対決!!

イレイザーヘッドを前に真正面から突っ込んでくる死柄木!

なにやら秒数をカウントしてる!?

 

どうやらイレイザーヘッドの個性を消す個性の発動タイミングをカウントしていたようだ!

個性を発動させていない時、髪の毛が下りる・・・

その時間を雑魚戦で数えていたのか。

 

死柄木は自身の個性をイレイザーヘッドの肘に発動!!

どうやら触れた物を腐食させる個性のようだ!

 

イレイザーヘッドの肘の皮が崩れ落ちた!

すぐに死柄木から離れ、距離をとりながら戦うイレイザーヘッド!

 

しかし、本命は死柄木弔ではなかった・・・!!

そう・・・異様な形相の筋肉の化け物・・・脳無!!!

 

一瞬にして潰されるのを目撃する出久・・・

甘かった・・・

芽生え始めた自信は一瞬にして崩れ去った。

 

 

・・・・

・・・

 

一方、出口前でワープ使いをブラックホールで吸いこんでいた13号だったが・・・

敵の戦闘経験の方がわずかに上だったか。

ワープゲートを13号の背後に出現させ、吸収を続ける彼は自らの体もブラックホールに吸い込んでしまう!!!

 

飯田は仲間たちの期待を背負い、出口に向かおうとするが、ワープ使いに阻まれてしまう!

しかし、これを助けたのは障子だった!

自らの危険を顧みず、ワープ使いを抱きしめる障子!!

 

しかし、基本霧のような体になっているため、すぐに飯田を追いかける!!

そんな折、お茶子はワープ使いの背中に身に着けている物が見えた!

 

 

だが、すでに飯田の体に覆いかぶさるワープ使い!!

飯田の運命は!!?

 

そして血の海に沈むイレイザーヘッド・・・

怪人脳無のパワー・・・やばすぎる!!

 

後半に続く!!

スポンサーリンク

 

 

■おすすめ記事



サイト内検索はこちら

サイト内検索

■ピックアップ記事

新着記事まとめ

おすすめ動画サービス