バキ道や弱虫ペダル、ハリガネサービスのネタバレを中心に、様々な作品を紹介するブログになります!

しろログ~ネタバレブログ~

迷家-マヨイガ-

【ネタバレ】迷家-マヨイガ- 第9話(前編)「月下氷結」【アニメ感想】

更新日:

■迷家-マヨイガ-
第9話「月下氷結」

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/sarapan2014/20180413/20180413160001.png

■前回はこちら

氷結のジャッジネスは生きていた!!

弓矢で襲ってきた意図は?

ヴァルカナは力ずくでケツ君を取り押さえる!

 

「はなせよぉおお」

 

泣きだしやがったwww

 

「泣いたってわからねぇだろ・・・どうして俺達を襲ってきた!?

 今まで何処にいたんだ?」

 

ケツくんは助けてもらったのだと泣きながら答えた。

”あの人”に助けられた。

だから”あの人”の言うとおり?

 

ここに来て黒幕の存在がようやくみえてくるか。

にしてもケツ君に二人を襲うよう命じたのは何か意味があるのか?

真相に近づきつつあるから?

それとも全員ころすのが目的?

 

「あの人ってだれだよ!?」

「それは・・・」

 

瞬間!!

今度はケツ君が矢で射ぬかれた!?

”あの人”とやらが口封じしたのか!?

 

ヴァルカナは、こはるんにケツ君を任せて敵を追う!

 

・・・・・

・・・

 

一方、バスで逃げ去った運転手と光宗たちは、冷静な話し合いに入っていた。

運転手は亡くなった娘・・・ミサトが幽霊でないのであればなんだと三人に問う。

 

颯人は確かに見えると語る・・・”化け物が見える”と。

 

「化け物じゃねぇ!!あれは俺の・・・ばけ・・・もの・・・化物?」

 

どうやらここにいる4人の内、真咲以外は全員何かしらの化け物が見えていることになる。

心の奥底に隠した・・・目を覆いたくなるような心の傷が化け物となって現れる・・・か。

 

颯人はあくまでも真咲を疑ってかかる。

信じる方がおかしい・・・と。

光宗は相変わらず真咲を庇い、混乱した状態じゃ話したい事も話せないじゃないかという。

 

すると颯人は時間はたっぷりあるのだから落ちついて話せと言い始めた。

そして颯人は真咲に質問を始めた。

まずはレイジの事だ。

何故皆にレイジの事を話さず、捜索の協力を仰がなかったのか?

 

真咲は皆に迷惑をかけたくなかっただけ・・・一人で探そうと思っただけだと答えた。

何処に探しに行こうとしたのかとの問いに、トンネルの向こうと答えた真咲。

 

トンネルの向こうにレイジがいると何故わかる?との問いに、

わからないと真咲はいう。

でも、トンネルの向こうにはいかない方がいいという。

 

もうめちゃくちゃだ。

 



なぜ行かない方がいいのか?って話には絶対なるよな。

この女が何かを知っているのは明確だろう。

颯人が疑う気持ちはわかる。

怪しすぎるんだ。

 

すると急にバスが動き出した!

どうやら運転手はミサトに会うためにトンネルの向こう側に行こうというのだ!

トンネルの向こう側に行けば娘に会えるなど、一言も言ってないのに・・・

光宗と颯人は運転手を止めようと、運転席に近づく。

 

「止まって!止まってください!ダメです!向こうに行っちゃ!」

 

真咲のこの一言に颯人は止めるのを辞めた。

このままトンネルの向こう側に行き嘘かホントかハッキリさせると颯人はいう。

 

真咲は何度も止めに入る。

『行っちゃいけない気がする』ってだけでここまで拒絶するのはどうみてもおかしい。

これはトンネルの向こう側にある何かを知っているリアクションだ。

 

それにしても、何故隠す必要があるのか。

理由を知ってるなら言えばいいのに。

 

バスはトンネルに突入・・・

するとその時だった!!

後ろから謎の衝撃でバスが揺れた!!

 

何かが体当たりしてきたのか!?

後ろを確認する光宗。

そこには巨大ペンギンがバスに体当たりしている姿があった!!

もちろん他の人間にペンギンの姿は見えない!

 

「ペンギンが・・・ヤバイ・・・!!」

 

発言がヤバいw

颯人にペンギンの姿は見えない。

が、バスに与えてる衝撃は確かに伝わっているのだ。

 

つまりあの化物は、実体をもっているということなのか?

物理攻撃が可能ってことやろ?

 

「!!・・・くるよ!こっちにくるよ!!?おろせーーー!!」

 

急に颯人が錯乱しはじめたw

どうやら颯人にも別の化け物が見え始めたようだ。

 

トンネルの出口に差し掛かった時だった。

車のミラーに映る少女に気付いた運転手が急にバスを止めた!

すると、錯乱した颯人はバスのドアを蹴破り外に出てトンネルの出口に向かう。

 

それを追って光宗、真咲も飛び出した!

 

一人残された運転手はミサトと向き合う。

しかし、少女の表情は暗い・・・



 


「颯人ぉ!どうしたの颯人!何か見えたの?」

「うるさい!!・・・・・・・・ごめん」

 

普段冷静ぶってる颯人がここまで取り乱すとはな。

彼のトラウマは何なのか・・・

 

気付けば光宗の見える化け物・・・ペンギンは消えていた。

真咲はやっぱり見えないようだ。

 

・・・・・

・・・

 

三人がバスに戻ると運転手の姿がいなくなっていた。

化物にいざなわれたのか・・・

一人で戻ったのか・・・

 

颯人はトンネルの先を探すと言い出すが、すぐに真咲が止める。

 

「だからなんで!!本当に何か理由があって俺達を行かせたくないならキチっと話してくれよ!!隠し事抜きに!!」

 

ほんとそれ!いい加減真咲にイライラしてきた。

ちゃんと言えよ!理由を!

 

・・・・・

・・・

 

一方、久方ぶりのおいてけ組。

美影を筆頭にバスをとめる算段をしているようだが・・・

武器が竹槍て。。。

 

ヴァルカナがいないが、あいつも怪しいからと美影・トシボーイ・ピンクゴッデス山内は竹槍片手にバスを捜しに行こうとする。

 

しかし、ダーハラと鳥安はどうでもよさげな雰囲気ww

真咲を取り返したところで、ホントに何も知らないかもとw

 

「おい・・・!!」とイラつく美影w

 

・・・・

・・・

 

光宗たちは結局トンネルの先に来たようだ。

霧に包まれた村・・・

真咲が言うにはレイジの書置きがあるという。

 

先に進むと岩に文字が刻まれていた。

 

『マサキへ この先に行くなら ナナキを受け入れろ』

 

どういう意味だ・・・

 

颯人は何故ここまで来てレイジの書置きまで見て、また戻って来たのか?と問う。

確かに痕跡がある以上、本気でレイジを探すなら、この先を探すだろう。

 

真咲はレイジは嘘は言わないという。

皆がこのメッセージに気付かず先に進んだら・・・ということでワザワザ戻って来たというが・・・

 

なんかおかしくないか?

このメッセージから危険性が読み取れるだろうか?

何故真咲はこれを見てこの先は危険だと判断したのだろう?

 



光宗は真咲はそういう親切な人なんだと顏を染めながら説明。

しかし、そもそもレイジの書置きってのが本物かどうかも分からない。

真咲自身が書いた可能性だってあるからな。

 

先に進もうとする颯人を、危険だとさらに止める真咲。

怪しいなぁ。

戻ったところで意味はない、この先に出口があるのなら、結局みんなここに来ることになるのだから。

 

それに、もし危険だと感じれば、その時点で引き返せばいいのだと颯人はいう。

結局根負けして先に進む事を決めた真咲。

 

ここも納鳴村なのかな。

 

真咲は自分に優しくしてくれる光宗にその理由を尋ねた。

光宗は、真咲の笑顔が似合うと答えた。

 

「え?」

「うん。真咲さんは絶対笑顔がいいんだ!だからレイジさんを見つけたいんだ!」

 

「光宗くん・・・」

 

ラブコメの波動を感じる・・・

 

「おい!!」

 

民家に入っていた颯人が中から早く来いと催促。

これまた光宗を巡る三角関係がこじれそうだなぁ。。

 

「い、いこう」

「うん」

 

民家の中は納鳴村と変わらず、最近まで人が住んでいたかのように真新しさを感じた。

とはいえ、向こうより荒れてるようにも感じる。

ここもやっぱり納鳴村なのか?

 

村の通りを歩く三人。

二人の後ろを歩く真咲は何かに気付いた様子で、それを隠したまま、トイレに行ってくると言い出した。

 

「わかった行って来い」

「ついてったほうがいい?」

 

「いいっつーの!」

 

わらたwwてか光宗wwついてくなww

 

真咲は来た道を引き返し始めた。

そして光宗と颯人は近くにあった二階建ての家屋に入るつもりのようだ。

確かにあそこからなら村が見渡せそうだ。

 

後編に続く・・・



 

 

■前回

 

■次回

 

■迷家-マヨイガ-

オススメ記事

ランキング参加

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年チャンピオンへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

follow us in feedly

サイト内検索

-迷家-マヨイガ-

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.