バキ道や弱虫ペダル、ハリガネサービスのネタバレを中心に、様々な作品を紹介するブログになります!

しろログ~ネタバレブログ~

僕のヒーローアカデミア

【ネタバレ】僕のヒーローアカデミア 第10話「未知との遭遇」【アニメ感想】

更新日:

■僕のヒーローアカデミア
第10話「未知との遭遇」

f:id:sarapan2014:20170325122530p:plain

■前回はこちら

突如災害演習場に現れたヴィランたち!

どうやら敵は雄英側のカリキュラムを把握していたようだ。

オールマイトがいないことに疑問を抱くヴィラン。

 

一方、想定外の事態に動揺する生徒たち。

だが冷静に事態を飲み込む者も。

侵入者用のセンサーが設置されていたにも関わらず、反応しなかった。

 

それ、すなわち、センサーを無効化出来る個性を持った奴が敵にいるという事。

用意周到に計画された奇襲作戦・・・ヴィランにとって敵であるヒーローの巣窟に入り込んでくるなど馬鹿なことだが、決してアホではない・・・。

 

勝算があっての奇襲作戦・・・そういう自信を持っているということだ。

相澤先生は13号にこの場を任せ、一人であの軍勢と戦うつもりのようだ。

 

彼の個性は個性を消す能力。

個性を消した傍から捕縛する戦闘スタイル・・・

果たしてこの数に対して正面戦闘が出来るのか!?

 

「一芸だけじゃヒーローは務まらん」

 

相澤先生ことイレイザーヘッドは敵のまっただ中に単騎突入!!

そして個性を消し捕縛布を自在に扱い敵を倒していく!

異形型の個性を消すことは出来ないが、統計的にそういう個性を持つヤツは近接戦闘に特化している。

 

イレイザーヘッドはそれも対策済みだ。

というか、単純に強いのだ。この人は。

 

ゴーグルで視線を隠し、誰の個性を消しているのか解らなくし、これにより集団戦では連携に遅れがでる。

一対多が苦手かと思いきや、むしろこの場こそ彼にとって本領を発揮するのか!?

 

イレイザーヘッドが敵と戦っている間に、出口に向かう生徒たち。

しかし、ワープの個性を持つ男が出口前に立ちふさがる!!

 



男はヴィラン連合を名乗り、その目的がオールマイト抹さつだという!!

13号がブラックホールでどうにかしようとするが、血気盛んな爆豪と桐嶋が突撃!!

爆煙があがる!!

 

しかし、これで倒せるほど敵も甘くない。

敵は生徒たちを丸々飲み込む闇の霧のようなものを発生!!

飲み込まれてしまう!!

 

そして生徒たちはバラバラにワープされてしまった!

 

出久は水のエリアの空中に放り出され、そのまま水中に落下!!

あらかじめ水中に潜んでいた敵に襲われる!!

だがこれを蛙吹梅雨が救ってくれた!

 

峰田も一緒だ!

丁度水中に停泊していた船の上に逃げる三人。

大変なことになってしまった・・・

 

さっきのワープ使いの言動から先日のマスコミ乱入騒ぎが情報収集のためだったということか。

こんな無茶をするからには、勝算ありきなのだろう。

普通に考えれば無敵のオールマイトが負けるはずがないと考えるだろうが・・・

 

やはりどうにかできる策があるのだろう。

 

そうこうしているうちに水中の敵に囲まれる三人!

水中に特化した敵であることは間違いないだろう。

つまり水中戦では勝ち目がない!!

 

梅雨は対抗できるかもしれないが多勢に無勢だろう。

出久は敵の狙いを阻止すべく戦う決意をする!!

 

怯える峰田、有能な梅雨、もろ刃の剣の出久・・・この三人でこのピンチを切り抜けられるのか!?

 

一方他の生徒たちも各エリアに飛ばされ、敵に囲まれていた!!

皆同様に危機の中・・・!!

訓練が一転、命がけの実戦になってしまった!!



 


f:id:sarapan2014:20170325122545p:plain

ドームがヴィランに襲撃されてるとも知らず、呑気に茶をすする校長とオールマイト!

電話に出ないことに気付いてるのだから早く動いてぇええええ!!

 

 

・・・・・

・・・

 

一方ワープの難を逃れた13号と飯田たち。

障子は聴覚で飛ばされた皆の無事を確認。

 

そんな中、13号は飯田に走って学校にこの危機を伝えてほしいという。

警報が鳴らず、電話も通じない。

やはりそういう電波障害を起こす個性を持つ者が何処かにいるということだ。

 

だがその個性を持つ者を探すよりも、機動力に定評のある飯田がひとっ走り学校に知らせに行く方が早い!!

 

飯田はクラスの皆を放っていくなどクラス委員長として出来ないというが、

仲間たちは行ってくれと飯田の背中を押す!

 

決意した飯田だったが、敵の眼前で立てる作戦ではなかった!

当然阻止にかかる!!

 

だが、13号は聞かれても、問題ないから聞こえるように話したといい、個性であるブラックホールを発生!!!

 

・・・・・・・

・・・・

 

一方船の上の出久達。

峰田は戦わずに救援を待つ方向がいいと涙ながらに語る!

だが、出久はそれを無視して話を進める。

 

敵は水中戦に特化した相手・・・しかも複数。

このドームの地形をあらかじめ想定したメンバー構成。

しかし、そこまで計算しておきながらおかしな点があると出久はいう。

 

それは、なぜ水難ゾーンに有利な梅雨を飛ばしたのか?

不利なところに飛ばせば、敵にとっては楽になるだろうに。

 

つまり敵は生徒たちの個性は把握できていない!

水中の敵が警戒して襲ってこないのもその裏付けだ。

 

三人はお互いの個性を敵に見えないように説明を始めた。

梅雨の個性は蛙。

大ジャンプや20mも伸ばせる舌。

壁に張り付くなど、蛙にできることは大概できるようだ。

 



一方の峰田は頭のボールが千切れて何処にでもくっつけられる。

調子がいいと一日中取れないという。

ちなみに本人にはくっつかないんだって。

 

もぎった傍から生えてくるようだが、もぎりすぎると血が出るらしい。

こんなプニプニ粘着ボールがやくにたつのか!?

 

そんな時だった!!

 

シビレを切らしたヴィランが攻撃をしかけてきた!!

船が割るほどの威力・・・!!

 

これはヤバい!!

 

あと1分ほどで船は沈む・・・!

沈んだら最期だ・・・!!

 

そんな中、出久は震えながら作戦を考える!

 

敵が勝利を確信した時こそ、大きなチャンス!!

 

「勝には・・・これしかない・・・!!」

 

 

出久は船から気合いを込めて飛び降りた!!

一体何を!?

 

ここを突破しても敵はまだいる・・・!

腕を犠牲にするわけにはいかない!!

 

出久はデコピンの構えをする!!

そして放った一発のデコピンで水面を割った!!

凄まじい衝撃波だ!!

 

いくら水に特化したヴィランでも、これには身動きがとれないようだ!

勢いで水中に落ちず空中に飛ばされた出久を梅雨が捕まえ、脱出!!

 

さらに水中に開いた穴はふさがろうと中央に収束する!!

そこに峰田のプニプニ引っ付きボールですよ!!

ヴィランはボールが引っ付き合って身動きが取れない!!

 

f:id:sarapan2014:20170325122608p:plain

つまり一網打尽!! 

まさに個性は使いようだ!!

 

次回に続く!!



 

 

■前回

 

■次回

 

■僕のヒーローアカデミア

オススメ記事

-僕のヒーローアカデミア

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.