【ネタバレ】HUNTER×HUNTER No.354「頭部」【漫画感想】

リンクユニット
更新

■HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)
No.354「頭部」

■前回はこちら

成人男性の頭部の重さは7~8kg・・・

男子プロボウラーの使用球と同程度か、それ以上である。

 

”伸縮自在の愛(バンジーガム)”で固定し、発射させた別の頭部を

左足から伸ばしたゴムのオーラで捕え死角から攻撃・・・!!

 

「・・・・・・・・・・ッ!」

 

想定外の一撃を喰らうクロロ!!

しかしヒソカのターンはまだ終わりではない!!

 

縮め・・・!!

 

今度は左手のバンジーガムで繋がれた頭部でクロロの左脇腹を狙う!!

しかし、クロロはこれを目の端に捕え、ガード!!

 

吹っ飛ぶクロロ!

ガードしたとはいえ、ノーダメージではなさそうだ。

 

「・・・・・すごいね。これでも離さないんだ」

 

ヒソカの言っているのはクロロの持つ本の話か。

 

再びヒソカに襲い掛かる観客のコピーたち!!

ヒソカはこれに対し、頭部+”伸縮自在の愛”で一気に殲滅を図ろうとする!!

 

”人間の証明(オーダースタンプ)”で操られたコピーは頭部を胴体から切り離せば動かなくなる。

つまり、頭を破壊してしまえばいいわけだ。

 

次々と頭を破壊し、クロロの手駒を削るヒソカ!

さらに人形を盾に、形勢を整えるクロロを見逃さないヒソカ!

再びクロロに向け頭部が投げられた!!

 

しかし、そこはクロロ。

ただで喰らうわけもなく、これをかわす。

やはり負傷したとはいえ、正面から当てられるほど容易い相手ではないか。

 

さらにバックステップで逃げていくクロロ!

 

逃げられたか・・・・

・・・・!

また観客に紛れた・・・!!

 

ボクがこいつらを全滅させればスタンプを維持する必要はなくなる・・・

そうすれば、栞で固定しているギャラリーフェイクでまた、コピーを量産・・・

最悪のループだね。

 

あと5体・・・!4・・・3・・・2・・・1・・・!

 

ヒソカは最後の一人の首をはねず、両腕を切り捨てた。

そして羽交い絞め!

 

こいつが存在し、スタンプが消えない限りクロロの行動は、かなり制限される・・・!

 

次の手として有力なのは・・・

 

1.スタンプを解除せずに待機中の人形に新たな命令を出すか

2.スタンプを解除して”神の左手悪魔の右手(ギャラリーフェイク)”で更にコピー人形を増やす・・・

 

その後で

2-A.スタンプを発動し、新たな命令を出すか

2-B.”転校生(コンバートハンズ)”の左手で自分の姿を変えてもいい

 

 

1.は・・・あり得る・・・!

ボクのダメージはまだ浅い・・・。

 

1.で残っているコピー人形はボクの予想では多ければ50体以上!!

クロロが確実に勝つために同じ作戦を継続し、ボクの体力(オーラ)を削りに来る確率は高い!!

 

2.はさらにあり得る!!

兵隊の数は多い程いいし、2-Bの変身後に群集に紛れて誰かの服を奪えい変装すればベスト・・・!!

 

 

シュウゥ・・・

 

「!」

 

”人間の証明(オーダースタンプ)”のスタンプが消えた・・・!

2.が確定・・・!!

 

ヒソカは観客席を見回す!

 

クロロが隠れながら”神の左手悪魔の右手(ギャラリーフェイク)”を栞で固定し、

発動中だと本を持たずに済む・・・が、

観客に今の姿を見られている分、騒がれやすいだろうから大量にコピーを増やすにはリスクがある。

 

かといってコピーを早々に切り上げて2-Bの”転校生(コンバートハンズ)”を発動されるとマズイ!!

 

この騒動の中、別人になったクロロを発見するのは極めて困難だ・・・!

その前に見つけなければ・・・・!!

 

どこだ・・・!?

 

コピーをしながら移動するなら・・・

前にコピー人形を待機させている場所!!

 

移動中、新たなコピーを増やしつつ、前のコピー人形にスタンプを押すため・・・!!

 

ヒソカは遂にクロロを見つけた!!

同時に観客席に向かい走り出すヒソカ!!


 


ヒソカに見つかった事を察し、逃げるクロロ!

ヒソカは頭部を投げつけるも、難なくそれを交わされてしまう!!

 

観客達の悲鳴が轟く中、クロロは逃げまどう!

 

 

・・・・もしも

 

クロロが服の中で開いているページが”人間の証明(オーダースタンプ)”でも、

”転校生(コンバートハンズ)”でもなく、”携帯する他人の運命(ブラックボイス)”ならば・・・

 

隠している左手にはケータイとアンテナを持っている事になる・・・!!

迂闊には近づけない・・・が、この仮定が正しければ今クロロは受け身の防御・・・

これは奴の望んだ状況ではないはず・・・!

 

ボクの反撃で計画が狂った・・・?

 

ならば、遠慮はしない・・・!!

 

ヒソカは頭部をクロロに投げつける!!

それを華麗にかわすクロロ!

 

「そう・・・そっちだ・・・」

 

ゴムよ縮め・・・!!

 

床のガム解除!!!

 

「!!」

 

クロロ目掛けて観客が飛んでいく!?

 

どうやらクロロとヒソカの追いかけっことは逆に逃げる観客の背中と床にバンジーガムをつけ、観客がある程度逃げた所で床のガムを解除!

 

反動で逆方向に飛んでいったというわけか。

 

流石のクロロも、突然の事+成人男性複数人の折り重なった弾丸は避けきれない!

観客もろとも吹っ飛ぶ!

 

ヒソカはさらに追撃で頭部を投げつけた!!

が、これはかわすヒソカ!!

 

最大のチャンスを逃したか!?

 

「いいや、ジャマ(用済み)なモノをよけただけ」

 

ビタァァッ!!!

 

クロロの左足にヒソカのバンジーガムが張り付いている!!

 

「観客を飛ばした時・・・すでに付けていた・・・!!」

 

まさか・・・不可能だ・・・!!

いつだ・・・!?

 

困惑するクロロ!!

 

縮め!!

 

ヒソカに引き寄せられるクロロ!!

そしてヒソカは右手につながれていた頭部をクロロの背中にぶつけた!!

 

更にヒソカはクロロを思い切り床に叩き付けると、再び頭部を振り下ろし、クロロの腹部へと叩き付ける!!

 

骨が粉砕する音が生々しく響き渡る!!

 

シュウウゥウ

 

「!!」

 

別人・・・!!

 

クロロだと思った相手は観客だったようだ。

 

”転校生(コンバートハンズ)”の右手でクロロの偽者(コピー)を作り、操作した・・・!?

栞で・・・”転校生(コンバートハンズ)”を固定!?

 

ヒソカはクロロの偽者からアンテナを発見。

 

さらに”携帯する他人の運命(ブラックボイス)”との併用・・・!?

ならば・・・

 

ならば、これは・・・!?

 

ヒソカは散々使ってきた観客の頭部を見つめる。

 

”番いの破壊者(サンアンドムーン)”!!

ミスリードか・・・!

 

厄介なのは・・・ボクに刻印がつけば爆発するまで消えない事じゃなく、

刻印された人形(コピーが)消えない事・・・!!

 

つまりコピー爆弾作り放題ってことなの?

 

次回へ続く!!


 

 

■前回

 

■次回

 

■HUNTER×HUNTER 

関連記事

オススメ記事

更新

こんな記事も読まれています

Random Posts

サイト内検索はこちら

サイト内検索
購読ボタン