【ネタバレ】僕のヒーローアカデミア 第8話「スタートライン、爆豪の。」【アニメ感想】




■僕のヒーローアカデミア
第8話「スタートライン、爆豪の。」

f:id:sarapan2014:20170325121455p:plain

■前回はこちら

模擬戦の一戦目はヒーローチームの出久&お茶子の勝利!

しかし、その代償はあまりに大きかった。

右手をオール・フォー・ワンで傷つき、左手を爆豪の一撃をガードし傷ついた。

 

本当は個性を使わず勝つつもりだったが、結果的に個性を使わされてしまったようだ。

出久はこうなることを解りながらも、どうしても爆豪に勝ちたかったようだ。

 

一方の爆豪は自尊心を粉々に砕かれ、茫然自失になっていた。

 

攻撃を読まれていたこと。

出久が個性を隠していたこと。

勝負に負けたこと。

 

さらに爆豪に追い打ちをかける講評の時間。

オールマイトは一番評価が高かったのは勝利した出久でも、お茶子でもなく飯田だった。

その理由が解る人?と問うオールマイト。

 

これに雄英の推薦枠で入った八百万が的確に答えた。

爆豪は言わずもがな、私怨バレバレのスタンドプレー。

屋内での大規模攻撃もあり得ないこと。

これは出久にも言える。

 

お茶子は核兵器を想定していない無茶な攻撃。

これが訓練で、核がハリボテだったからよかったものの、もし本物だったらあんな戦法は成り立たない。

 

唯一役になり切っていた飯田が評価されたのはある意味必然だったか。

ショックを隠し切れない爆豪。

 

さらに訓練は続き、4人の推薦枠の1つを勝ち取った轟の番では、

ヒーロー組になった轟の凍らせる個性で訓練は一瞬に終わりを見せた。

ビル全体を凍らせるほどの個性・・・

 

ヴィラン役は何もすることが出来なかった。

さらに自ら凍らせたビルを自らの熱で溶かす・・・

そう。轟は右が氷、左が炎の個性を持っているのだ!

 

この結果を見て、爆豪は更なるショックを受けるのだった。

 

・・・・・

・・・

 

その後も全員分の訓練を行い、特に怪我もなく全てを終わらせた。

オールマイトは講評を医務室の出久に聞かせると言って早々に立ち去った。

理由はタイムリミット。

 

どうやら授業時間枠内が”あの姿”を保てる精一杯の時間のようだ。

オールマイトは誰よりも爆豪を心配している様子だ。

膨れ上がった自尊心程脆いものはない・・・か。

 

後半に続く!!

スポンサーリンク

 

 

サイト内検索はこちら

サイト内検索

■ピックアップ記事

■おすすめ記事



新着記事まとめ

おすすめ動画サービス