バキ道や弱虫ペダル、ハリガネサービスのネタバレを中心に、様々な作品を紹介するブログになります!

しろログ~ネタバレブログ~

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けないネタバレ感想

【ネタバレ】ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第6話「広瀬康一(エコーズ)」(後編)【アニメ感想】

更新日:

■ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない
第6話「広瀬康一(エコーズ)」

■前編はこちら

「お、お前!!何しに来た!!」

 

母親が言うには康一が落とした財布を届けにきてくれたという。

7000円もある・・・

 

一体どういう事なんだ!?

 

母親が言うには今朝、玉美と自転車とぶつかって、その時落としたという。

とんでもない出鱈目を吹き込んでやがる!!

 

「確かに返したよ?康一君」

「あ、あたり前だあああ!!」

 

そして、玉美は”言いにくい事”と言いながら本題に入った。

実は康一とぶつかった際に自分も財布を落としたのだと。

財布は康一のものとそっくりな財布だと言う。

 

そしてお互いの財布が摩り替わったとでっち上げを話す玉美。

なるほど・・・こいつめちゃくちゃズル賢いなww

康一の似た財布を買ってきて、自分の財布は康一が持っていった体にする気か。

 

「滅多にない事ですけど、ありうることですわ・・・」

 

いやいやいやwwお母さんww

同じ財布持ってるヤツとぶつかって、両方が財布を落として取り違えるなんてこと、

万が一つもありゃしないだろww

 

母親に自分の財布を返すよう康一に言ってくれるように頼む玉美。

 

「50万円ほど入ってまして・・・」

 



バカだろコイツww

さすがに50万もの札束が入ってたら気づくだろww

てかそもそもあの財布に50万ははいらねぇよww

 

「なんですって!!?」

「50万んんんんん!!?」

 

この親子www

あかんわwww

 

「康ちゃん・・・」

「慌てないで!こいつ強請屋なんだ!全部嘘だ!!」

 

「そうそう。康一君と私の財布がすり替わったって証拠がありますよ」

 

玉美は昨日ジョニーズでハンバーグセットとオニオングラタンスープを食べて、1833円のレシートが康一の持つ財布の隅に入っているはずだと言い出した。

 

恐る恐る自分の財布を確認する康一!

そこには玉美の言ったとおりの金額のレシートが入っていた!!

 

「康ちゃん・・・!!?」

「ちがう!母さん信じて!

 これはトリックだ!あの時入れたな!?

 それにわざわざ同じような財布を買ってきやがって!!」

 

玉美は母親を責める言葉で罪悪感を植えつけていく!!

 

「やめろおおおおおお!!」

 

母親の胸に錠前が出現!!

 

「母さん・・・」

「くひゃひゃ!!ついにやったぜ。

 こうなったらもう、罪悪感の重みで、心が自由にならねぇぜ?

 たっぷりとしぼりとってやる。

 まずはこの家の土地と権利書および実印といくかねぇ~

 ん~~~いい家だなぁこの家はよぉ~ぐへへへへ!!」

 

「康一・・・どうかしたの?・・・」

「!!・・・お姉ちゃん!!」

 

姉の胸からも錠前が!!

 

先ほど紅茶を出してくれた時、わざと腕にこぼさせたようだ!

 

「女子高の三年生だって?ジュルリ・・・た、食べごろじゃぁん!

 げへへへへ・・・さ、さ、最高ーーーー!!

 イッイイイィイイイイイーーーー!!」

 

キマリ顔やめろwww

 

ブチッ

 

康一覚醒ッッ!!



 


ほとばしるオーラ。

逆立つ髪の毛。

その表情は今までの大人しい康一ではない。

まるで別人のような凛々しさ。

 

「よくも・・・許さない・・・許さないぞ!!」

 

康一の頭の上に浮かぶ卵。

そして卵にヒビが入り、中から不気味な幼虫のようなスタンドが姿を表した!!

ドラゴンボールのセルっぽい。。

 

「なんだこれはあああああ!!?」

「母さん達、ちょっと部屋を出ていて!」

 

と、部屋から追い出す康一!

 

玉美は酷くおびえていた。

確かに見た目も恐いが、能力が解らないスタンドを前にすれば恐いのも頷ける。

玉美は人質を取ってることを忘れるなと、スタンドを近づけるなと要求。

 

しかし、康一はスタンドを玉美の体に巻きつかせた!!

 

「ひぃいいい!!」

「母さんとお姉ちゃんに手を出すことは決してさせないぞ!!」

 

「や、やれよ康一!やってみろ!!」

「母さんたちの錠をはずせ!!」

 

玉美は自身がボコボコにされてる所を母親が見たら、さらに罪の意識が大きくなると脅す!!

 

「外せって言ってるんだ!!」

「この小林玉美をなめんなよ!!しょんべんくせぇジャリがあああ!!

 誰が外すもんかよぉおぉおお!!!」

 

ドゴッ!!!

スタンドによる打撃が玉美の顔面に突き刺さる!!

 

 

「うぎゃあああああああああ!!あひあひいいいいい・・・

 !?・・・え?なんだ・・・?痛くねぇぞ?」

 

ドゴォ!!

 

再び放たれる攻撃。

しかし、派手な音だけで、玉美はピンピンしている。

まるで利いてないようだ。

 

「なんだぁおめぇのスタンド。スピードもパワーも全然ねぇじゃあないかぁよぉ。

 びっくりさせやがってよぉ!!ボケェ!!

 

康一に掴みかかる玉美。

 

「教えてやるぜ!!スタンドの強さっつぅのはよ!精神力の強さなんだよ!!

 てめぇは精神力も無力ってことだぜぇ!!」

 

しかし、玉美に確かな異変は起きていた。

顔面に浮かび上がる『バキッ』って文字・・・

 

漫画の効果音演出がそのまま顔に浮かび上がっている!!

 

次の瞬間!!

 

バキッ!!

とい音が玉美に襲い掛かる!!

 

「なんだ?妙な耳鳴りが聞こえるぞ・・・殴られた時の様な音が・・・」

 

玉美の腕にも二打目に放たれたビシッという文字が浮き出ていた!

いくらコスっても文字は消えない!

 

ビシビシバキバキバキ!!!

 

体内に響き渡る音に悶絶する玉美!!

なるほど、音の能力を持つスタンドか!!

 

「この音を消しやがれぇえええ!!」

 

向かっていく玉美に対し、再びスタンドによる攻撃が襲いかかる!!

肉体的なダメージは与えられないが、音を体に刻んでいく康一!!

 

体内に響き渡る音に悶絶する玉美!!

芯から響く音・・・これは耳を塞いでもイミはなさそうだ。

 

康一は母親と姉の錠を取ったら、音を辞めてやるという。

 

実際このまま行くとどうなるか康一自身もわかっていない。

早く母さんたちを解放しろというが、玉美は聞こうとせず襲い掛かってくる!!

 

再びスタンドによる打撃を受け、その度に音が大きくなっていく!!

 

「意地張ってないで錠を外せっていってるんだ!」

「ちくしょぉ・・・!!この玉美様にこんなひでぇことしやがって・・・

 てめぇみてぇなガキに舐められて強請・たかりができるかってんだ!

 玉美の玉は肝っ玉の玉だ!根性見せてやる・・・ぜ!!」

 

 

そういって戸棚を開ける玉美。

ナイフを取り出し、康一に向ける!

 

「ナイフなんて恐くないぞ!!」

「甘くみんなよ!!本当の恐ろしさを見せてやるぜ・・・!!

 錠前の真の恐怖をなあああ!!」

 

そういって玉美は自らの腹にナイフをつき立てた!!

 



「なにいぃぃぃいいい!?」

「い・・・いってぇぇぇぇうぇえええ!!

 痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛いいたぁぁあああああい!!

 

 

傷は浅く、叫び声は大げさに・・・だぜぇ!!

 

「ぽいっ」

「ぽいっ!?」

 

ナイフを康一に投げ渡す玉美。

 

叫び声に驚き駆けつけてきた母と姉!!

そこにはナイフを手に持つ康一と、腹から血を流し、悶絶する玉美の姿が!!

 

「康ちゃん・・・!?」

「ちがう・・・!!」

 

『きゃあああああああああああ!!!』

 

絶叫と共に、二人の胸の錠前が大きくなっていく!!

 

「し、しまった!!」

 

「康ちゃん・・・なんて恐ろしいことを・・・」

「違う・・・これは違うんだ母さん」

 

「いやああああああああ!!!」

 

と、姉はその場で気を失ってしまった。

 

「勝ったぜ・・・おめぇの負けだ!!早くこの音を取り去れ康一!!

 早くしねぇと、おめぇのおふくろさん、罪の重さに耐え切れなくなるぜ!?

 人間ってのは罪の重さに耐え切れなくなると、しんだほうがマシって思うんだ」

 

ナイフの元に歩み寄る母親!!

 

「もうダメ・・・だわ」

 

ナイフを己の首元に突きつける母親!

 

「母さん!!」

「私もう生きていられない!!」

「意地はってんじゃねぇぞ!!早くこの音を消せ!!おふくろさんじさつしちまってもいいのかよ!?」

 

「いや、音は消さない。その逆だ!!音を出す!!

 信じて!!!!

 

康一は”信じて!”という言葉を形にして母親に打ち込んだ!!

 

「僕を信じて!!母さん!!」

 

信じてという康一の言葉が体に響き渡る!

玉美は魂の問題故に信じるものかというが・・・

 

「そうだわ・・・女親の私が息子を信じないで誰が康一を信じるのよ・・・」

 

母親は我に返り、ナイフを捨てた!!

大逆転!!母親の錠前が解除された!!

 

「ちきしょー!!普通は信じねぇのによ・・・!

 俺の親なんかゼッテェ信じねぇのによ!!」

 

そりゃあなww

 

「ぎくっ・・・」

 

迫り来る康一w

怯える玉美ww

 

「ひぃいぃいいいいい!!康ちゃん全部冗談なんです!!」

 

と土下座を始める玉美www

 

「お姉ちゃんの錠もはずせ!」

「もうとっくに外してます!大切な美貌に間違いがあってはいけませんからねぇ!

 家をとるってのも全て冗談なんですよぉ!7000円だってキチッと返したでしょ!?

 ね?ね!?許してくださぁぁい!!なんでもします!!康一殿ぉぉおお!!」

 

泣き落としかww

 

「え?なんでもするって?」

「はい!康一殿!!何でもします!舎弟にもなります!!」

 

「よし。それじゃあ、明日までにきっちり50万もってこい」

 

康一悪い顔wwww

 

「ええええええ!?」

「じょーーーだん。ほんの冗談だってぇ・・・ふふふふ・・・」

 

全然冗談に聞こえなかったぞww顔がww

 

・・・・・・

・・・

 

「お、おい億泰・・・いったいどうなってんだコイツぁよぉ・・・」

「~~~~~ッ・・・」

 

「学校までカバン持たせて頂きやす!!」

 

マジで康一の舎弟になってるし玉美ww

 

「ほ、ほんとに持つ気・・・?」

「もちろんでやす!!よっ!康一殿!男の中の男!」

 

ぶwwこうして一応解決に至ったわけかw

仗助と億泰にはいったいどうしてこうなったのかさっぱりわからないだろうなww

 

次回に続く!!



 

 

■前回

 

■次回

 

■ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない

オススメ記事

ランキング参加

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年チャンピオンへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

follow us in feedly

サイト内検索

-ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けないネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.