【ネタバレ】迷家-マヨイガ- 第5話(前編)「ユウナ3人いると紛らわしい」【アニメ感想】

リンクユニット
更新

■迷家-マヨイガ-
第5話「ユウナ3人いると紛らわしい」

f:id:sarapan2014:20180413160318p:plain

■前回はこちら

だからタイトルwww

 

亡くなった娘を見たと錯乱する運転手。

そして、下山ルートを辿った面々も納鳴村に帰ってきたようだ。

 

光宗を見て悲鳴を上げるマイマイ。

彼女はトンネルで『でっかい光宗を見た』と言っていたからな・・・

 

「それよりジャックだ!!」

 

声を荒げる美影。

森の中でジャックを目撃した氷結のジャッジネスは、彼にビビり逃げ出し、崖から転落・・・現在行方不明だ。

 

・・・・・

・・・

 

一行はジャックを閉じ込めていた小屋の地下牢へ移動。

そこには開けられた錠が落ちていた。

 

初めから壊れていたのか?

地獄の業火は確かに閉めたと言っているから、彼が犯人でない限り、

誰かが逃走を手引きしたと考えて間違いないだろう。

 

らぶぽんは『あの二人を処刑しておけばよかった』と、物騒な発言。

そんな折、ヴァルカナたちも合流。

 

ここで初めてヴァルカナたちもジャックがいない事に気付いたようだ。

美影はこはるんが逃がしたと思っているようだが・・・

 

一同は一度民家に集合。

これまでの情報を整理する事に。

 

・・・・・・

・・・

 

下山ルート組は下りられなかった事実を説明。

地図通りに下山を試みたが迷ってしまったのだと。

 

そして、謎の獣の声・・・

ジャック出現に、氷結のジャッジネスの滑落・・・行方不明。

あとはトンネルの大きい光宗・・・か。

 

ソイラテはジャックと氷結のジャッジネスが混同しちゃってるようだw

ここからギャグパートw

 

鳥安「洞窟のジャック」

なぁな「ジャッキー」

プゥ子「え?そっち?”洞窟”のほうが違う気が・・・」

わんこ「病欠・・・ごほっごほっ」

 

トシボーイ「それだ!病欠!」

鳥安「思い出しました!氷結のジャック!」

ナンコ「ジャッジ・・・なんとか」

 

鳥安「それ!それ頂きました!氷結のジャッジメント!」

ダーハラ「なんか微妙に違いませんかねぇ?名簿名簿・・・」

 

美影「名前はどうでもいい!!」

 

ピンクゴッデス山内「そうだね。とにかくその・・・洞穴の・・・ケツ君もいなくなった」

なぁな「結局ケツ君?」

プゥ子「かわいそー」

 

山内「ジャック君は逃げた。ケツ君も消えた。下手に動こうとしたのが結局裏目に・・・」

 

美影「おい!ケツ論を急ぐな!!だいたいあの時トンネルから引き返さなければ出られるルートが見つかったかもしれない!」

 

議論をかわす中で、マイマイが見たというデッカイ光宗に話題が移る。

トンネルぐらいの大きさ・・・4mはあったというが・・・

 

 

皆は村に留まる方が安全だと言う結論に以降しはじめる。

しかし、美影は村が安全だと確定した話ではないと、否定的な意見だ。

 

声の主を倒さなければいけないのか?

しっかし聞けば聞くほどみんなの意見はバラバラだ。

でっかい光宗説、クマの声、ロボットの音、動物の羽の音・・・

みんないってる事がバラバラだ。

 

美影はこの事について言及する。

このキャラは視聴者目線で疑問を追及してくれるからいいね。

 

正体も解らないモノに怯えている現状・・・。

ちなみに美影は笑い声を聞いたそうだ。

 

皆はここが幻の納鳴村だから、何が起こってもおかしくないと言うが・・・

 

「じゃあここが本当に納鳴村なのか!?」

 

美影の言葉に凍りつく一同。


 


そうだ。

確かにここが納鳴村であるという確証はない。

こはるんが受け取った謎のメールに導かれやってきて、

それまで調べた文献と照らし合わせて納鳴村だと結論付けてはいるが、

確実にあっているとは言い難い。

 

ソイラテは、こはるんが皆を騙す理由がないと言いかけるも、

美影はそれを遮って、何故解るんだ、はじめから仕組まれていた事じゃないのかと言い出す。

 

これにはヴァルカナも黙っていない。

根拠もなく憶測で人を陥れるなとこはるんを庇う。

 

 

美影はこの機に疑問をぶつける。

こはるんの途中参加に、村を知りすぎている事。

ヴァルカナたちが村から出る事を拒む事。

そして真咲が根拠なく下山を止めた点・・・。

 

美影は黒幕がいるのだと叫ぶ!

ヴァルカナは人を陥れるのは辞めろとこちらも叫ぶ!

 

そんな折、リオンが悲鳴を上げた!!

 

怯えた表情で光宗を指さすリオン。

 

「え?なに・・・?」

 

「なんです!?またでっかいのでた?」

「・・・なんでもない」

 

言葉を押しころすリオン。

はぐらかされると余計に気になる一行。

 

「幽霊・・・なんじゃない?」

 

リオンはそう言った。

 

「今一瞬・・・姿が消えて・・・」

「え!?嘘・・・!?」

 

「あんたも見たんじゃないの?」と、マイマイに尋ねるリオン。

しかしマイマイはあれは見間違いだと主張。

 

「光宗ちゃんとここにいるし・・・」

「いる?光宗ってここにいる?」

 

何それ怖い。

まさかの光宗幽霊説!?

 

「あの・・・僕はここに」 

 

いると主張する光宗本人とマイマイ。

 

「どこ?」

 

と、辺りを見渡すリオン・・・((((;゜Д゜)))

 

周りの皆も光宗に視線を集め、見えるかどうかを確認し始める。

そんな中でリオンは「しんだ人間が見える」と言い始める。

 

昔からそういう力があるというが・・・。

これを聞いた運転手はリオンに掴みかかり、ミサトは見えたのかと追及する!

 

ダーハラが取り押さえて事なき終えたが・・・

 

とりあえず後編に続く!!


 

 

■前回

 

■次回

 

■迷家-マヨイガ-

関連記事

オススメ記事

更新

こんな記事も読まれています

Random Posts

サイト内検索はこちら

サイト内検索
購読ボタン