【ネタバレ】僕のヒーローアカデミア 第6話「猛れクソナード」【アニメ感想】




■僕のヒーローアカデミア
第6話「猛れクソナード」

f:id:sarapan2014:20170325120734p:plain

■前回はこちら

雄英の個性ありきの体力測定・・・

最下位は除席を考えているとヒーロー・イレイザーヘッドは言う。

そんな中で出久はひっしに記録を出そうと頑張るが、元々個性がない出久にとって出る個性は全て平凡な記録ばかり。

 

残りの種目で、なんとかワン・フォー・オールの力を使い、記録を出さなければ、除席処分は免れない・・・

 

f:id:sarapan2014:20170325120808p:plain

出久はボール投げに全てを賭け、指先だけにワン・フォー・オールを発揮して、

とてつもない結果をはじき出した!

イレイザーヘッドこと、相澤先生に注意された”行動不能”にも陥っていない!

 

しかし、ただ一人、爆豪だけが納得していなかった。

幼馴染の彼が出久の無個性を一番理解していたからだ。

こんな力、あるわけがない・・・しかし、現に目の前で力を見せた。

 

一体どういう事なのか聞かずにはいられない!

出久にからもうとする爆豪を相澤先生がとめる!

 

先生は、その目で見た者の個性を消す能力を持つほか、

特殊合金の布を装備し、相手を捕縛することも得意としているようだ。

 

しかし、欠点は見ている間だけしか個性を発揮できない点。

ドライアイの彼にとって、少々不向きな個性かもしれない。

 

 

それはともかくとして、残りの種目をこなしていく1-Aの生徒たち。

 

・・・・・

・・・

 

そして全ての種目が終わり結果発表の時を迎える。

全部の種目の得点を合算してはじき出される順位・・・

面倒なのでと一括開示がされる。

 

出久のいい結果と言えばボール投げだけ。

持久走に至っては指の痛みのせいで酷い結果に終わったという。

 

そして結果発表・・・

出久は見事に最下位だった・・・

 

絶望する出久だったが、間髪いれず相澤先生が除籍は嘘だとネタばらし。

生徒の中には初めから解っていた者もいたようだが・・・

個性を引き出すための合理的虚偽・・・か。

 

とりあえず首の皮一枚繋がった訳か。

相澤先生に保健室で治してもらうよう言われる出久。

明日からは更に過酷な試験が目白押しだという。

 

出久にはまだまだ足りない部分があった。

それを自覚するにはいい試験だったのかもしれない。

最下位からのスタート・・・より一層頑張らねばと思う出久だった。

 

・・・・・・

・・・

 

一方、相澤先生を待ち受けていたオールマイト。

全てを物陰から見守っていたオールマイトだが、彼曰く除籍は本気だったと言う。

昨年はそれで全員除籍処分にしたというのだから驚きだ。

 

どうやら出久に光る物を感じ、除籍を免れたにすぎないようだ。

『見込のない者はいつでも切り捨てる・・・半端に夢を追わせることほど残酷な事はない・・・』

一応相澤先生なりの優しさといったところか。

 

・・・・・・

・・・・

 

放課後・・・

出久はクタクタに疲れていた。

指のケガを治癒してもらったようだが、どうやら怪我を負った本人の体力を使い、自然治癒力を高めて回復する個性らしい。

 

出久は早いところワン・フォー・オールの力のコントロールを覚え、

誰かの手を焼かないよう、努力すると誓う。

 

そんな出久だが、飯田君と麗日お茶子さんとはかなり仲良くなった様子。

お茶子が”デク”が名前だと勘違いしたが、それは爆豪が勝手につけた蔑称。

でもお茶子はデクの響きを気に入り、それが好きだというと、

アッサリOKしてしまう出久www

 

実に解りやすい性格をしているw

 

・・・・・・

・・・

 

翌日・・・

普通に授業がはじまり、勉学の午前、昼休みと何とかこなし、

そしていよいよ午後の授業・・・ヒーロー基礎学!!

 

担当は我らがオールマイト!!

 

出久だけでなく、ヒーローを志す者にとっての憧れであるオールマイト!

嫌がおうにも生徒のテンションは上がる!

 

そして、生徒たちに各々のデザインを元にして作られたコスチュームが配られる!

いよいよ戦闘訓練の開始だ!!

 

後半に続く!!

スポンサーリンク

 

 

■おすすめ記事



今日の更新

2018年4月25日(水)新着記事

絶句するほど安い楽天ブックスの在庫一掃セール

マジで安すぎるだろ(((( ;゚д゚)))

最大80%OFFぞ!!

完全にAmazon越えたね。

こんな記事も読まれています

サイト内検索はこちら

サイト内検索