【ネタバレ】ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第5話「虹村兄弟 その3」(後編)【アニメ感想】

リンクユニット
注目

■ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない
第5話「虹村兄弟 その3」

■前編はこちら

仗助は形兆の父親をころすのではなく、治すというなら手伝うという。

だが、弓と矢は渡してもらうという。

 

しかし後ずさる形兆・・・渡したくはないということか。

そんな折、物陰に隠れていた億泰が出てきて兄を説得する。

 

億泰は父親が治るかもしれない、体は戻らなくても心は戻るかもしれないという。

形兆の握りしめる弓を掴む億泰・・・兄も動揺が見える。

口では拒否をしているが、心に迷いが見える・・・顏の汗が物語っている。

 

しかし、すでに何人もの人間をあやめてしまった形兆は後戻りできないと言う・・・

そうだったな・・・行方不明者結構出てたし、スタンドを得られずしんでいった人間も多いだろうな・・・

 

形兆は億泰をもう弟とは思っていないと、躊躇せずころせるという。

 

兄弟の切ないやりとりを見守る仗助。

そんな中、天窓に気配を感じ、視線を移すと、そこには人影が張り付いていた!!

 

「おめぇらよ!このオヤジの他にまだ身内がいるのかよ!?」

 

億泰は身内はもういないという!

瞬間!!

 

部屋の中のコンセントから電気がほとばしる!!

そしてそれは徐々に姿を形成していく・・・!!

 

雷の化け物・・・スタンド!!

 

「億泰ゥウゥ!!ボケっとしてんじゃねぇぞ!!」

 

形兆は億泰を殴り飛ばした!!

次の瞬間!!雷のスタンドの拳が形兆の腹をぶち抜いた!!

 

謎のスタンド使いの目的はエンヤ婆の弓矢!!

形兆に射抜かれ、スタンド能力が目覚めた能力者による、まさかの反撃!!

 

レッドホットチリペッパーというスタンド名らしい。

スタンド使いが精神的に成長すると共に、スタンドも大幅な成長を見せたようだ。


 


形兆はバッドカンパニーで反撃に移ろうとするも、すぐに体に電気を浴びせられ、スタンドを維持できる状態ではない!!

 

そして見る見るうちに形兆も、弓と矢も・・・電気になり、スタンドと共にコンセントに吸い込まれていく!!

 

「アニキーーーッ!!」

 

 「俺に触るんじゃねぇ!!おめぇも・・・引きずり込まれるぜぇ!!」

「ア、アニキ・・・!」

 

「くそぉ!!弓と矢がとられちまうぜ!!

 億泰・・・おめぇはよ・・・いつだって俺の足手まといだったぜ・・・

 うわああああああああああああああああ!!!」

 

「アニキイイイイイイイイイイ!!!」

 

 

コンセントに吸い込まれ、跡形もなくなった形兆・・・

仗助は瞬間的に飛び上がり、天窓をぶちやぶり、屋上に出た!

 

しかし、そこにはスタンド使い本体も、スタンドの姿もなかった。

億泰も窓から上がってきた。

仗助は今のスタンドに覚えはあるか尋ねるが、知らないという。

 

億泰も知らない所で、形兆はスタンド使いを見つけていたという。

 

その時だった!

 

「じょ、仗助ぇぇぇ!!!あ、あれを・・・」

 

億泰が叫ぶ方に視線を移す仗助・・・

そこには目を覆いたくなるような光景が広がっていた・・・。

 

町の電線の上に黒こげになって絡みつく形兆の姿がそこにはあった。

 

「億泰・・・」

 

億泰は形兆のことを、ああなって当然な男だという。

真っ当に生きられるはずはない。宿命だったのだと・・・。

 

「でもよぉ・・・でも兄貴は最後に・・・オレの兄貴は最後の最後に俺を庇ってくれたよなぁ!?

 仗助ぇ!!見てただろぉ!?」

 

「ああ・・・確かに見たよ。おめぇの兄貴は、おめぇを庇った」

 

 

なんて切ない話なんだ・゜・(つД`)・゜・

 

 

・・・・・・

・・・・

 

そんな中、ホテルに滞在している承太郎に一本の電話がかかってきた。

弓と矢を持つ者だと名乗る男。

承太郎に杜王町から出て行ってほしいという。

 

虹村形兆からころして弓矢を奪ったことも語る男。

承太郎もころしてもいいという自信のを見せる。

しかし、承太郎のスタープラチナの時を止める能力は厄介だという。

 

そんな事まで知っているのか・・・

とりあえず電話で警告をしたということだが・・・。

 

承太郎は弓矢を使って何をするつもりなのか尋ねるが、

あなたに迷惑はかけないという。

仗助に関しても、向こうが何もしてこなければ何もしないというが・・・。

 

ちょいと面白おかしく生きたい・・・受験や就活が煩わしいと、子供じみた理由を並び立てる。

 

「学生か?おまえ」

「んなこたぁどうだっていいんだよ!!」

 

口調が荒々しくなり、脅しをかけてくる男。

それを無視する形で逆に質問を投げかける承太郎。

 

すると、突如承太郎の電話が電撃で破壊された!!

真っ二つ・・・

 

「ハッハッハッハハ」

「・・・ふぅ・・・やれやれだぜ・・・」

 

・・・・・・

・・・

 

その後形兆の墓は杜王町の霊園に建てられた。

弓矢の行方は未だ掴めず・・・

 

そして虹村億泰は仗助と同じ高校に通う事に!

ご近所さんということもあり、わざわざ登校時間に仗助を呼びに来る始末w

 

「こいつはグレイトにヘビィだぜ・・・」

 

次回に続く!!


 

 

■前回

 

■次回

 

■ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない

関連記事

オススメ記事

サイト内検索はこちら

サイト内検索
Random Posts
購読ボタン

【お知らせ】

購読者様が増えすぎた結果、無料での新着配信が困難になっております。

もし、しろログ等、運営ブログの最新情報をいち早く受け取りたい方は、以下のツイッターをフォローしていただくと、更新情報が解ると思います。

ご不便をおかけしますがよろしくお願い致します。