【火10】僕のヤバイ妻 第3話ドラマ感想【ネタバレ】




 ■僕のヤバイ妻 第3話

緒方のアトリエが放火された。

警察の調べでは空家で遺体は見つからなかったようだが・・・

 

そんな中、消防が地下への扉を発見。

相馬が扉を開け、地下に進む・・・すると小さな地下室には四方の壁に無数の真理亜の絵が飾られていた。

 

警察はこれをどうみるのか・・・?

 

・・・・・・

・・・・

 

翌朝、幸平は怯えきっていた。

妻・真理亜の異常性・・・杏南からのラインもすでにチェック済み・・・

全てを監視されながら怯えて暮らす幸平。

 

一時は真理亜をころそうと考えるも、すぐに考えを改める。

 

しっかし怖いわこれは・・・。

そんな折、家に訪れる警察。

 

相馬は緒方のアトリエが燃やされた一件と、アトリエの隠し部屋にあった絵の件を夫婦に話す。

どうやらあの真理亜の無数の絵・・・あれは全てコピーではなく、一枚一枚描かれたモノだった・・・((((;゜Д゜)))

 

あまりにそっくり・・・恐ろしすぎる。

歪んだ愛・・・。

警察は真理亜の絵に描かれた背中のほくろが本人にもあることを知り、

あれが真理亜の絵だと確信。

 

そして現段階では緒方が真理亜の誘拐犯だと考えているようだ。

だが、緒方が犯人なら何故あの絵を残して行ったのか?

もしかしたら、真犯人が緒方に罪をきせるための偽装工作?

 

そんな最中、隣の鯨井夫妻が声をかけて来た。

どうやら緒方を見たという情報を握ってるらしく、警察に事情を話すため自宅に招いていた。

 

 

幸平は仕事に行くと言う事でようやく一人になれた。

そんな車内で幸平は真理亜の二億を奪い、逃げる事を考える。

 

そして、真理亜の行動を監視、尾行を始める。

真理亜は変装し、何処かに出かけるようだ。

 

そしてついに決定的な現場を目撃する!!

真理亜が緒方と接触している!!

緒方は生きていたのだ!

 

そして二人は金を引き渡していた!

金が緒方が持っていたのか。

だが、金はそのまま緒方が持ち去っていった。

 

真理亜は金の確認だけしたようだ。

幸平は尾行を真理亜から緒方に移す。

だがいい所で真理亜と遭遇!

 

これは真理亜が幸平の尾行に気付いて阻止に動いたのか?

結局緒方にまかれる結果に。

 

・・・・・

・・・

 

その後、幸平の店に行く二人。

どうやら真理亜は幸平の店を手伝う気のようだ。

店員たちにまかないを振舞うといい張り切る真理亜。

 

そんな折、杏南が店に訪れる。

それに気づいた幸平は真理亜に気付かれないように杏南と店の裏口で密会。

彼女も全ての犯行が真理亜の仕業だと、盗聴器から悟ったようだ。

 

幸平も全ては真理亜の仕業であること、そして例の毒入りワインで脅されている事を伝え、二人で二億を奪い、逃走することを考える。

しかし、緒方の居場所が解らない・・・。

 

杏南はおびき出せばいいという。

 

・・・・

・・・

 

その後、店に侵入し、従業員ローカーにしまってあった真理亜のバッグから携帯を取り出し、水につけて破壊する杏南。

これで緒方との連絡を絶ち、直接接触するタイミングを掴み、二億円の場所を見つける算段のようだ。

 

 

スポンサーリンク

 

一方、警察は真理亜の誘拐DVDの映像から、緒方のアトリエの燃えカスと同じ痕跡を発見。

緒方が事件になんらかの関わりを持っている事を突き止め、公開捜査に踏み切り、緒方を追う事に。

 

緒方を探しているという報道はすぐにされ、このニュースを見た緒方は追いつめられていく。

 

 

・・・・・

・・・

 

その夜、杏南は緒方が現れるのを幸平の自宅付近で待つ。

幸平は真理亜から目を離さずにいることに。

 

そんな最中事件は起こった!!

自宅のガレージに突如姿を現した緒方!!

ナイフで幸平に襲い掛かる!!

 

真理亜が止めに入り、なんとか事無く終えるも、

幸平はこんな生活は耐えられない・・・もう別れると言い始める。

 

脅しのワインも、二億すらも、今の幸平を引き留めることは出来ない。

そんな大声のやりとりを、まさかの鯨井の旦那が聴いてしまう!!

 

・・・・・

・・・

 

一方自宅に戻った二人は突如破裂音に脅かされる。

なんと自宅で幸平の姉とその娘、母がサプライズパーティーを仕掛けていたのだ。

とてもじゃないが、そんな雰囲気になれない幸平。

 

そんなサプライズパーティーには横路も参加していた。

真理亜から距離をとって自分の推理を話す横路。

さすが元刑事。

 

事件の真相に辿り着いている。

しかし、幸平はそれを肯定はしなかった。

 

そうそう、鯨井旦那だが・・・

何故幸平の家の前にいたのか・・・それは自慢のパエリアを持ってきていたからだった。

 

パーティに参加するも、あんな事を聞いてしまってか、すぐに退散してしまう。

 

 

そんな折、杏南から電話が。

席から離れ、個室で電話に出る幸平。

どうやら杏南は緒方の居場所を突き止めたようだ。

 

露骨に喜ぶ幸平。

こいついつも思うがバカすぎだろww

もうちょい用心しろよww

 

案の定部屋の外には横路の姿が・・・

喜ぶ幸平に何かを察する。

 

真理亜たちの所に戻った幸平は上機嫌w

こんな解りやすいヤツいるのかw

杏南に引きあがらせ、折を見て二億を手に入れるつもりのようだが・・・。

 

 

・・・・・・

・・・

 

パーティは終了。

幸平も酔いつぶれてしまった。

 

真理亜は1人外出し、バー『Quiet Woman』のマスター・木暮久雄に会いに行った。

そこで今後の計画を続けるのか否かを聞かれる真理亜。

最後までやるという真理亜・・・N31に誓ってという。

 

N31・・・最初月の頭文字と31日かと思ったんだが、Nがつく月はNovember・・・つまり11月しかない。

だが11月に31日は存在しない・・・違うって事か。

 

緒方について相談する真理亜だったが、木暮は自分だったら緒方を始末するという。

果たして真理亜は緒方をどうするつもりなのか・・・

 

 

後日・・・

・・・

 

幸平が目を覚ますと、そこにはメモ書きで、すでに真理亜が店に行った事が書かれていた。

慌てて着がえだす幸平。

 

全身黒ずくめにニット帽にマスク・・・

明らかに怪しい恰好をする広平は、緒方の潜伏先のアパートに向かった。

 

そして部屋に無事潜入し、例のクーラーボックスを見つける!

しかし、開けてびっくり、中はコーヒー豆だった!

 

実は二億円はすでに幸平の店に届けられ、真理亜が受け取っていたのである!

 

筋書きはこうだ。

あの尾行劇・・・実は真理亜は気づいていたのだ。

緒方につけられていることを話し、それでもあえて金を見せる事で、幸平を繋ぎとめた。

 

そしてわざとらしく遭遇し、緒方の尾行を妨害。

一方の緒方は購入したコーヒー豆をクーラーボックスに積め、逆にコーヒー豆の麻袋に二億を詰め込み、時間指定で店に送り届けていたのである。

 

朝7時と、幸平が必ず寝ている時間を指定して・・・

 

二億をゲットした真理亜はオールドクロック?

よくわからないけど開かずのコーヒー豆袋があるというのだ。

そこに二億を隠すことに。

 

中身のコーヒー豆は処分処分。

実はコーヒーが嫌いだった真理亜に罪悪感など微塵もない。

これで二億の場所がバレることはないだろう。

 

・・・・

・・・

 

一方、緒方のアパートに潜入していた幸平は警察のサイレンが近づいてくることにビビり逃走。

 

実は近くの道で緒方がしんでいたのだ!!

アパートから飛び降りた?

もしくは木暮に消されたのか・・・

 

それをみた幸平は逃げる逃げる!

もう犯人にしかみえない逃げ方ww

これ目撃されてたらアウトだろww

 

ニヤリと笑う妻の顏・・・恐ろしすぎる((((;゜Д゜)))

 

次回に続く・・・

 

 

スポンサーリンク

 

■前回

 

■次回  

 

 

■僕のヤバイ妻

■アニメ感想

■プレイ日記

■ドラマ感想

■漫画感想

■日記

■ニュース

 

■おすすめ記事



絶句するほど安い楽天ブックスの在庫一掃セール

マジで安すぎるだろ(((( ;゚д゚)))

最大80%OFFぞ!!

完全にAmazon越えたね。

こんな記事も読まれています

サイト内検索はこちら

サイト内検索