【月9】ラヴソング 第1話感想【ネタバレ】




なんかもうドン引きなんだけど(´・ω・`)

ヒロインの藤原さくらちゃん演じる佐野さくらちゃん?

なんだかめっちゃ紛らわしいんだけど、この子いきなりのタバコキャラか・・・

 

女性がタバコ吸うの無理だなー。

で、この子なんかうまく喋れないのね。

働いてる整備工場だかなんだかでは一言もしゃべれないみたい。

 

どもりっていうの?

解るわ―。僕も人と上手く話せないから基本的に打ち解けた人としか喋らんしな。

 

でも、同居してる夏帆演じるキャバ嬢とは会話できるみたいね。

これでタバコ吸ってなきゃ好きになれたんだがなぁ。。。

 

 

ちなみに話題の福山雅治は神代広平っていうカウンセラーやってるみたい。

かなりの女好きでヒモ生活してるみたい。

何ともうらやましいイケメンでござる( ・`д・⊂彡☆))Д´;) パーン

 

一話冒頭で女といちゃついてて、広平が別れ切り出したら( ・`д・⊂彡☆))Д´;) パーン

されてたww

 

 

・・・・・・・

・・・

 

ある日、さくらの下に入った新人が職場で事故りそうになったんだが、

声を出せないさくらは、『危ない』と注意出来ない。

結局体当たりして危機を回避したのだが、これを見ていた上司・・・

イヤミ課長wwじゃなかった木下ほうかさん演じる工場長がさくらを会社のカウンセラーの所に連れて行く。

 

そこで初めてさくらと、広平が出会うって感じだ。

広平は彼女の吃音(きつおん)に気づき、どうにかしてあげたいと思う。

彼が転がり込んでる知り合いの女性・宍戸夏希(水野美紀)も医者かなんかで吃音について詳しいようで、一度相談に乗ると言ってくれる。

 

そんな折、さくらの家によばれた幼馴染の天野空一(菅田将暉)。

さらにさくらに仕事を紹介した野村健太(駿河太郎)までやってきた。

どうやら同居人の中村真美(夏帆)が呼んだようだが・・・。

そんな真美から結婚の報告がされた。

相手はキャバクラで知り合った野村だという。

 

そこで結婚式のスピーチを頼まれるさくら。

しかし、彼女は無理だと思ったのか部屋を飛び出してしまう。

 

そりゃあ・・・難しいんじゃないのか、今のままじゃ。。。

数時間後・・・頭を冷やして帰ってきたさくら。

そこで真美から妊娠の事実を聞かされる。

 

どうやら真美も、さくらも孤児施設出身のようだ。

家族に捨てられ、家庭を知らない自分が家庭を持つことに不安を持つ真美。

真美はさくらにスピーチはもういいからと言われてしまう。

 

 

しかし、親友の晴れ舞台。

自分も精一杯祝福したいと、さくらは積極的に吃音を克服しようと広平の元を訪れる。

だが事情を知らない広平は、焦らずじっくり治していこうという。

治すというより、どう向き合い、折り合いをつけていくかばかりを言う広平に、失望し彼を避けるようになってしまう。

 

さくらに降りかかる試練は他にも・・・

なんと新人歓迎会の幹事を頼まれてしまうのだ。

最初は真美に予約の電話をしてもらうつもりだったのだが、

自分で吃音を乗り越えようと、空一に予約電話の相手役をお願いし、練習をする。

 

ドン引きとかいってごめん。

もう涙なしじゃみられないぞ・゜・(つД`)・゜・

 

 

ひっしに練習するも上手く予約できないさくら・・・。

確かに電話かかってきて相手が無言だったら、すぐに切るもんな・・・

なんか、あまりにも切な過ぎてみてられんのだが・・・

 

一方、広平はバンドメンバーの追悼式に出ていた。

広平はバンドのギターかなんかだったのか。

で、亡くなったのがボーカルの女性か。

 

もしかしたら広平とは恋人かなんかだったのかな。

なんか亡くなったボーカル女性の親は広平に対し、良い態度をしてなかったな。

そこらへんは今後明らかになってくるのかな。

 

その後、バンドメンバーが演奏しようぜ!と広平を誘うも、乗り気じゃないようだ。

そのまま帰ってしまった。

 

スポンサーリンク

 

 

広平は帰りによった居酒屋で飲んでいると、そこにさくらがやってきた。

どうやら電話で予約できなかったから直接予約に来たのか。

 

なんとか無事予約が出来て、よかったね!・・・って思ったのだが・・・

 

 

この後とんでもない展開に。

同僚の女共が良い店見つけたからこっちにしてもいい?とかふざけた事を言い始めた。

そしてその場でさくらの予約した店に断りを入れ、他の店にも予約した。

 

さくらがあんだけ苦労して予約したことを、彼女たちは1分かからずやってのける。

もう号泣・゜・(つД`)・゜・

 

わかるよさくらの気持ち、さくらは別に泣かなかったけど、

見てるこっちが泣けてしゃあないんだけど。

僕も喋るの超苦手だから気持ちが解る。。。

 

結局さくらはこれをきっかけにヤサグレ。

無断欠勤してしまう。

 

工場長→野村→真美にこの事実が伝えられ、激おこの真美!

さくらに( ・`д・⊂彡☆))Д´;) パーンして、どうやって生きていくつもりなのか?

と、怒鳴る。

 

まぁ。。。親友だから言える事なんだろうな・・・

さくらに言いたい事があるなら言え!と怒鳴る真美。

 

さくらは真美に『結婚すんな!!』と言って彼女を突き飛ばし出て行ってしまう。

 

そのさくらはなんと電車に飛び込もうとする((((;゜Д゜)))

それをギリギリの所で助ける広平。

どうやら彼女に会いに家まで来てたところだったようだ。

ナイスタイミング!

 

しかし、揉めてる二人の前に空一登場。

こいつ実はDQNだった((((;゜Д゜)))

 

いきなり広平に頭突きww

 

その後事情を知っても謝らないというヤンチャぶりw

さくらは広平の紹介で夏希の診療所で吃音の症状を見てもらう事に。

 

広平は音楽が好きなさくらに音楽を通してどうにかならないかと薦める。

音楽療法というものもあるようだが、吃音を治すリハビリではないようだ。

ゆっくり話したら話せる時があるように、それが出来るようにする訓練みたい。

 

夏希のピアノ?オルガン?合わせて喋る事はできなかったが、

急に歌いだした。

それを聞いた広平はギターを取り出し彼女の歌とセッションする。

 

彼女は気持ちよく歌えていた。

吃音でも歌は歌えるのか。

 

歌い終わると飛び出してしまうさくら。

どうやら今後も治療を続けていくようだ。

 

果たして今後の展開はどうなっていくのか!?

結構面白かったので今後も視聴を続けようと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

■次回 

■ラヴソング

サイト内検索はこちら

サイト内検索

■ピックアップ記事

■おすすめ記事



新着記事まとめ

おすすめ動画サービス