【金持ち天国】有識者はもっとパナマ文書を広めるべき!本来なら毎月10万円は給料が増えていた計算【貧民地獄】




 

僕は馬鹿だから本当なのかよくわからないけど、

なんとなく言ってる事が本当っぽい雰囲気はある。

 

メディアが大きく報道しない以上、このまま日本ではうやむやになってしまうのだろうか?

パナマ文書で明らかになった事は是が非でも国民が知るべき内容だと思うのだけどな。

僕は説明が下手なので、有識者の方々が正しい知識を持って広めて欲しい。

 

 

僕がこれから説明する事は間違いも多々あるかもしれない。

解りやすく説明するために色々省いたりしてるかもだけど、その点はご了承を。

 

 

まずパナマ文書で言われてるタックスヘイブン

これは日本語で【租税回避地】をあらわしています。

簡単に言えば

税金めちゃくちゃ安くしますよ!なんだったら無税でいいですよ!^q^

 

ってこと。

つまり金持ちや大企業は日本で多額の税金を納めなきゃいけないところを、

タックスヘイブンで、言ってみれば脱税のようなことをしているわけ。

 

いっぱい稼げば、それだけ税金を払わなくちゃいけないのに、

金持ちどもはいっぱい稼いでるのに税金を殆ど払ってないことになるのよ。

 

ということは?

金持ちは、より金持ちになるわな

 

で、足りない税金はどうなるの?

増税で補うしかないわな^q^

 

つまりこういうことらしいのだ。


 


日本は世界2位のタックスヘイブン利用額の国で、日本だけでも累計数百兆円規模と思われる。

リークされた分だけで累計55兆・・・

しかもケイマン諸島というタックスヘイブンのみでこの額らしい。

タックスヘイブンは他にも無数にあるため、その額はとんでもないことになりそうだ。

 

本来日本で使われるべきお金が55兆円ってことですよ皆さん。

 

2013年時点でタックスヘイブン全体で最低2100兆(((( ;゚д゚)))

(個人分だけでこれ。企業分を入れればさらに莫大になる)と言われており、世界2位の金額にあたる。

上場企業の50社のうち45社がタックスヘイブンを利用しているらしいです。

 

つまり有名企業の9割が脱税をしてるということ。

これにより数百兆円が日本から流出し(日本で使われるはずの税金)、もしこれが日本で回っていたならば、毎月1人当たりの給与は10万円増える計算になるという。

 

日本が1995年あたりから全く経済成長できていない状態で、

失われた20年とも言われてるようですが、 経済成長が全くなく、国民給与がちっとも上がっていないのは、数百兆円レベルの資金が海外へ流出しているからだといいます。

 

まとめ

金持ちはドンドン稼ぎ、無税タックスヘイブンを利用し、海外に資金を移す。

本来日本に落とすはずの巨額の税金が支払われない。

日本「金がないでござる。そうだ!みんなから取ろう!」

増税

貧民「金がねぇだよ・・・物価ばかりあがるだよ・・・」

日本でお金が回らない。

それでも金持ちや大企業だけが儲かる。

金持ち「税金?なにそれおいしいの?^q^うはwwもうけもうけw」

日本「金がねぇべだ・・・そうだ!みんなからむしりとればいいんだ!」

貧民「いい加減にしろ!!」

 

 

パナマ文書にはそういった金持ちどもの金の流れが明記されていました。

つまり今言った流れが明らかにされてしまったわけですよ。

 

金持ちや有名企業がちゃんと日本に金を納めていれば、

この不景気もここまで酷くなることはなかったんじゃないでしょうか?

 

もしこの話が真実であれば、許される事ではないと思います。

 

 

ちなみに脱税ならしかるべき処置がとられるのでは?

と思った人がいると思います。

なぜこんな堂々と脱税しているのか。

 

それは、つまり

 

法がちゃんと出来ていない=違法じゃない

 

ってことらしいです。

解りやすいのが、脱法ハーブです。

あれと同じ事らしいです。

 

法整備が出来ていないため、やりたい放題らしいのです。

こんなん景気回復なんて一生ありえないじゃん!

 

つまり一部の金持ちだけが金持ちを維持し、

貧民は一生貧民の道を辿る運命・・・ってことですな。

本当に酷い話だと思う。

 

世界ではかなり大きな問題に発展してるらしいけど、

日本じゃこの事を知ってる人がどれだけいるのか・・・

 

一部の金持ちを潤すために働くとかバカだよなー。

有識者の皆さん立ち上がってください(´・ω・`)


 

■おすすめ記事



絶句するほど安い楽天ブックスの在庫一掃セール

マジで安すぎるだろ(((( ;゚д゚)))

最大80%OFFぞ!!

完全にAmazon越えたね。

こんな記事も読まれています

サイト内検索はこちら

サイト内検索