【ネタバレ】機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #25(最終話/後編)「鉄華団」【アニメ感想】

リンクユニット

サイト内検索はこちら

サイト内検索

■機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

#25「鉄華団」

 

■前編はこちら

蒔苗が当選し、ハーフメタル資源の交渉を進めるクーデリア。

鉄華団の報酬についても支払われた様子。

 

あれからすでに4日も経過したのか。

明日には鉄華団は発つという。

クーデリアはどうするのだろうか?

 

一方イズナリオも今の立場を追われる事に。

マクギリスが亡命の手配をしたようだが・・・

イズナリオにしてみれば何様ってことだよなぁ。

 

これがマクギリスの野心・・・か。

恐らくは彼が幼い頃から、この日に向けての計画は始まっていたんだろうな・・・。

イズナリオはマクギリスに対し「絶望しか待っていないぞ」と吐いて去った。

 

マクマードとノブリスもハーフメタル利権でウハウハなのか、

金持ち特有のいやらしい笑みを浮かべてた。

これから忙しくなるんだってドーン゚A`)≡〇)`Д゚).・;’∴

 

マクギリスは兄を失ったアルミリアを抱きしめ慰めていた。

なんちゅう男なんやこのロリギリスは((((;゜Д゜)))

 

「君の涙を・・・ガエリオは望んでいないはずだ」

 

じゃねぇよwドーン゚A`)≡〇)`Д゚).・;’∴

コイツ相当のタマだww


 


一方鉄華団の面々も皆無事だったようだ。

少なくとも主要メンバーは。

 

シノもユージンも昭弘も無事だ。

なんとタカキも生きてたwすげぇwしんだとおもったのにw

よかったなー。

 

ビスケットの事をクッキー&クラッカーに告白するのは辛くなるな。

ユージンが言うのかシノが言うのか・・・。

「じゃあ俺がいおっか?」とタカキw

 

彼らのはしゃぐ様子を見て、メリビットも一安心だ。

もう子供には戻れなくなる・・・そう思ってただけに、まだ子供の反応をする彼らに

ホッと胸をなでおろすのだった。

 

んでもって!!

アジーとラフタww

二人もいきてたんよねwマジでしんだと思ったのにwww

 

しかも割と軽傷なのがビビる。

軽傷というよりは、治療マシーンが優秀なのかな。

 

名瀬が迎えに彼女たちに会いにきて号泣w

アジーねェさんは抱き着かない所がイメージ通りでナイスだ。

 

そしてオルガも名瀬と二人きりになり頭を下げる。

胸を張れとアニキに言われるが、仲間をしなせてしまった事で自分を責めるオルガ。

 

あの時の言葉は嘘だったのか?と名瀬。

オルガは仲間のしにばしょは自分で作ると前に言っていた。

 

「あいつらはお前の作った場所で散って行った。

 張れよ。胸を。今生きてる奴のために。しんじまった奴らのためにも。

 てめぇが口にしたことは、てめぇが信じ抜かなきゃならねぇ。

 それが指揮官としての・・・団長としての覚悟ってもんだろ」

 

あついねぇ。

これを聞いて涙するオルガ。

 

・・・・

・・・

 

一方三日月は右目の視力を失い、右手の感覚もなくしていた。

それでも阿頼耶識を使えば、フツウに使えるという。

それって・・・マシーンと一体化しないと生きられない体に一歩近づいたってことじゃ・・・

 

結局ラストはアトラとラブラブな三日月さんなのかな?

って思ってたらクーデリア登場w

 

彼女は地球に残るようだな。

これからが彼女の仕事になるんだもんな。

クーデリアはミカに宿題を渡した。

 

ミカの腕に気づいたクーデリア。

その彼女にもう泣くなというミカ。

片手じゃなぐさめられないというw

 

そんなミカをアトラとクーデリアでなでなでw

なんだこれwww

 

「三日月が大変な時は私たちがなぐさめてあげるんだからね!」

 

うひょー言うねぇ正妻は!

 

「そうですね。わたしたちは家族なのですから」

 

・・・・・

・・・

 

最後に鉄華団の皆に、団長からの労いの言葉が!

まだまだ大きくなる宣言!そして成功ボーナスは期待しとけだって!

うひょーーーー!楽しみだね!

 

「終わったな」

「うん」

 

「なぁ。ミカ、次は何をすればいい?」

「そんなの決まってるでしょ?」

 

「フッ・・・ああ。そうだな」

 

拳を突きだすオルガ。

ミカも拳を合わせる。

 

「帰ろう」

「火星へ」

 

そして物語はセカンドシーズンへ!!

2016年秋までまて!!


 

 

■前回

 

■次回

 

 ■機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

関連記事

オススメ記事

購読ボタン