【発売直前】スターオーシャン5を事前予習PART1・世界観編【PS4/PS3】

リンクユニット
注目

待ちに待ったスターオーシャン5の発売日があと2週間をきったので、

そろそろ予習をして行こうかなと思います。

 

■基本データ

タイトル/スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-

発売日/PS4版:2016年3月31日・PS3版:2016年4月28日

価格/7980円(税抜き)

ジャンル/RPG

機種/PS4・PS3

CERO/C(15歳以上対象)

 

 

■世界観

・未開惑星フェイクリード

どうやらこの惑星が物語の舞台みたいだね。

地球から6000光年以上も離れているんだって。

銀河連邦未探査領域にある惑星でもあります。

 

 

・ヴェスティール大陸

フェイクリードにおける、もっとも広大な大陸。

なんと惑星の総人口の半分が集中してるんだって!

 

ちなみに文化・技術レベルは地球の15,6世紀ほどしかないみたい。

その代わりに呪印術という魔術を使って、独自の発展を遂げてるようです。

 

 

・レスリア王国

ヴェスティール大陸にある大国。

緑も豊富で恵まれた国みたい。

 

三百年以上に渡って、王族バーフリー族による統治が行われ、

大陸一の富を持つ強国だったみたい!

何故過去形かというと・・・

 

「暗黒の7年間」と呼ばれる事象に巻き込まれてからというものの・・・

平和と富の象徴だった王国の面影は徐々に薄れていったみたい。

 

隣国のランドック王国とは呪印に必要な資源提供および、軍事同盟などで友好関係にあるみたい。

 

・スタール村

主人公フィデルとヒロイン・ミキが暮すレスリア王国南端に位置する村。

海岸に面してるので漁が主な生業みたい!

 

・ランドック王国

ヴェスティール大陸の東側に位置する自然に囲まれた大国!

呪印術で栄えた大国で、代々女王が統治してるんだって!

現女王のマルベネーク聖女王は物凄い勇秀な呪印術士なんだって!

美人そう^q^

 

・サンテロール

ランドック王国の首都!

シャレオツすぎる町並み・・・城下町には呪印関係の店舗が軒を連ねてるみたい。

 

・ランドック王立呪印研究所

優秀な人間しか入れない研究施設。

希望者はあとを絶たないみたい。

呪印術を極めんとする者にとっては憧れの場所みたいだね!

 

てか、技術レベルが15世紀レベルだって?

どうみても未来都市ですが・・・

これが呪印術の恩恵だというのか・・・

 

 

・旧ランドック呪印研究所

150年前から機能停止しており、廃棄された施設なんだって。

その割には近未来的で、現役感強そうだなぁ。

 

 

・トレクール王国

いわゆる敵国というやつですな。

レスリア王国とは幾度も戦争経験があり、今もまさに交戦中みたい。

砂漠に覆われた国で、他の国に比べ、明らかに貧しそうな国。

 

それゆえにレスリア王国は喉から手が出るほど欲しいだろうなぁ。

 

 

・イースト・トレクール

トレクールとレスリアの国境にある最前線の街。

物々しい雰囲気で人々は武装をしているみたいだね。


 


世界情勢的には

【西】トレクール王国VS【中央】レスリア王国&【東】ランドック王国

と言った感じか。

 

ちなみに冒頭で出てきた『暗黒の7年間』について触れておくと、

 

呪印による動物たちの凶暴化、さらには『エイタロン』を名乗る強盗団がレスリア王国の周辺地域を荒らしまわってるんだって!

これを暗黒の7年間っていうみたい。

 

もしかしたら現在進行形で、来年までこの状況が続いたら、

『暗黒の8年間』って呼ばれるのかもなぁ。

 

この余波は当然主人公の暮すスタール村にも影響を及ぼす。。

 

こんな状況を黙ってみていられない!!

主人公フィディル・カミューズは王国剣術指南役の父を持ち、

自らも道場で師範を務める剣士!

彼は幼馴染のミキと共に旅立ちを決める!

 

そこに至る細かい経緯などは実際にプレイして確かめろってことなのかな!

次回はキャラクター編になります!


 

関連記事

オススメ記事

サイト内検索はこちら

サイト内検索
Random Posts
購読ボタン

【お知らせ】

購読者様が増えすぎた結果、無料での新着配信が困難になっております。

もし、しろログ等、運営ブログの最新情報をいち早く受け取りたい方は、以下のツイッターをフォローしていただくと、更新情報が解ると思います。

ご不便をおかけしますがよろしくお願い致します。