【ネタバレ】機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #23「最後の嘘」【アニメ感想】




■機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

#23「最後の嘘」

■前回はこちら

イシュー家の名に泥を塗ったカルタ・イシュー。

再度のチャンスは与えられないかと思ったがイズナリオの温情により、

カルタ及び地球外縁軌道統制統合艦隊は三度、鉄華団を追う事が許された。

 

どうやらマクギリスの後押しがあったようだ。

 

・・・・・・

・・・

 

マクギリスに礼を言いに行くカルタ。

憎まれ口を叩きながらも、マクギリスに感謝するカルタ。

頬を染めるなww

 

幼少期の出会いから今に至るまで、ずっとマクギリスに惚れているのだろうか。

でもこの感じから察するに二人が付き合った事はないんだろうな。

あー・・・

 

なんというかカルタ・・・可哀想だな(´・ω・`)。。。

 

マクギリスは相変わらずの口の上手さで、カルタの心を掴み、

戦場へと向かわせる。

 

「君に屈辱は似合わない」

 

あー・・・好きな男に色々言われたら、もうやるだろうな。

マクギリスはカルタの思いに気づきつつも、自分の目的の為には利用すると言う・・・

イケメンの皮を被った罪深き男よ( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン 

 

・・・・・・

・・・

 

一方、鉄華団は会議場のあるエドモントに向け列車で移動を進めていた。

アンカレッジでは蒔苗派のラスカー・アレジという男が列車の手配及び、機材の運び込みも速やかに行ってくれた。

そして蒔苗が選挙戦に有利になるようにロビー活動を任せる蒔苗。

 

あとは無事会議場までたどり着ければ、任務は完了になる。

本当ならばギャラルホルンに見つからないまま、辿り着ければいいのだろうが、

今の鉄華団はビスケットの弔い合戦の雰囲気が充満している。

 

ギャラルホルンに見つかる事は、望むところなのかもしれない。

 

 

それにしても最終戦はモビルワーカー戦になるのか?

地球では市街地へのエイハブリアクター持ち込みは規制されているようだ。

つまりモビルスーツはNG・・・戦うのであればモビルワーカーってことか。

 

しかし、新型とはいえ、阿頼耶識がついていないらしいし、結構やばいんじゃないのか・・・

 

メリビットさんは今のオルガ・・・

いや鉄華団の雰囲気をよしとしていないようだ。

年端もいかぬ子供たちが戦場に出る・・・そうなれば命を落とさない保証などない。

女性であるメリビットにはこの状況が歯がゆいようだ。

 

”このままじゃ戻れなくなる”

 

「戻るってどこに?」

 

オルガにそう言われて返す言葉もないメリビット。

メリビットは小さい子たちは巻き込まないでというが・・・

 

その小さい子代表のタカキもライドも、自分の意思で決めた事・・・

決して巻き込まれているわけではないと、メリビットを睨みつけた。

 

もうやめてくれよメリビットさん。。

まるでフラグじゃないか・・・。

逝っちまうのかい・・・?メリビットさん・・・。

 

・・・・・・

・・・・

 

一方ギャラルホルンではアインが目を覚ましたようだ。

目を覚ました・・・?

それはちょっと表現が違うかもしれない。

 

アインは阿頼耶識を身にまとい、ガンダムに接続された状態で生かされているようだった。

 

アインの望んだこととはいえ・・・

この選択をした自分は本当に正しかったのか?と悩むガエリオ・・・

あまりに酷い姿なのか、結局アインの姿は映されることはなかった・・・

 

マクギリスは落ち込むガエリオを励まし、鼓舞し、焚きつける。

相変わらず口が上手い。

 

マクギリスはカルタとガエリオを真の友だと思っている・・・そこに嘘偽りはないようだ。

二人の存在がギャラルホルンを変える・・・そういうが・・・

つまり、ギャラルホルン変革のためにしんでくれって言ってるんじゃないのかこれ。

 

・・・・・・

・・・

 

オルガは自分自身がおかしくなっちまったのかとミカに問う。

ビスケットはこういった自ら危険に出向くオルガのやり方が嫌で鉄華団を降りるとまでいったのに。

実際やってることは、ビスケットの嫌だったその行為そのものだ。

 

だがミカは言う。

あの日・・・ビスケットが逝った日・・・

ビスケットを呼びに行ったミカは、ビスケット本人から鉄華団を降りない意思を聞いていた。

 

『降りる時は・・・・帰る時は・・・みんなで一緒に帰るんだ!』

 

 

これを聞いたオルガは悔しそうな表情を見せる。

 

「みんなで一緒に帰るか・・・それだったら・・・もうどうやったって帰れねぇじゃねぇか・・・!ビスケット・・・!」

 

後半に続く!!

スポンサーリンク

 

 

サイト内検索はこちら

サイト内検索

■ピックアップ記事

■おすすめ記事



新着記事まとめ

おすすめ動画サービス