【ネタバレ】弱虫ペダル RIDE.390 山のはじまり もう勝負に出るのか・・・【漫画感想】




■弱虫ペダル
RIDE.390 山のはじまり

「真波と坂道の勝負は、成立するのか・・・?またしても一波乱ありそうだ

 

■前回のレビュー

いよいよ先頭集団が山へ入ろうとしていた。

先頭は箱根学園、続いて京都伏見、そして総北鳴子・・・

この13名が先頭を走っている。

 

タレントの総合力を考えれば、箱根学園が上を行っているはずだ。

しかし、京都伏見のエースである御堂筋は、底知れぬ力を持っている。

恐らく、ここまでのレースの中で、まだ出し切っていない部分もあるだろう。

 

さらにはレース中に進化を果たすケースも十二分にありうる事だ。

 

 

泉田は銅橋を下げ、新開悠人を前に出した。

いよいよ山・・・クライマーの出番というわけか。

序盤は新開弟に任せ、エースクライマーの真波は温存するのかな。

 

ここまでゼッケンは全て獲得し、王者として返り咲いた箱根学園。

威風堂々

王者の威厳・・・今の箱根学園は負ける気がしない!

 

総北、京伏にとっては厄介この上ないだろうが・・・

今、風は確実に箱根学園に吹いている。

 

そんな中、真波は後を気にしてチラチラ視線を配っている。

 

「なァに、うしろチラチラ見てんだ真波!!レースに集中しろ」

 

黒田に怒られる真波。

 

「いやあ天気いいなって思って景色を・・・

 なんて、ごまかせないですか?」

 

「ねェな!

 後の京伏が気になるってワケでもねェだろ」

「ええまぁ」

 

「その・・・後ろか?」

「ええまぁ!!」

 

「ハ!!」

 

勝負を楽しみにギラつく真波。

 

「レースでひっしこいて走ってんのに、自分の勝負の算段か」

「そういうことになりますね」

 

「ここなら・・・2日目の山ならちょうどいいかなって。

 以前にも話したんですよ。せっかくのインハイだ。

 皆ギリギリで走ってるここでやっとかないと

 もったいないでしょ!!

 

 チームも調子いいし、オレは1日目の山をオーダー通り獲ったし」

 

「総北のメガネか」

「ええ!!そうです!!ちょっと約束があるんで!!」

 

「ダメだ」

 

まさかのNG!?黒田が突きつけたダメの意味とは・・・

 

後半に続く!!

スポンサーリンク

 

 

サイト内検索はこちら

サイト内検索

■ピックアップ記事

■おすすめ記事



新着記事まとめ

おすすめ動画サービス