【ネタバレ】刃牙道 第98話「巨大生物」 吉田さん後ろッッ!!【漫画感想】

リンクユニット
注目

■刃牙道
第98話「巨大生物」

 

 「ここで『彼』が来たということは、もう偶然にも本部戦より先にイッパツやっちまうってことか

 

■前回のレビュー

神田川にて夜釣りを楽しむジョセフ・ジョースター。

え?ジョセフじゃないの?^q^

 

ジョセフにみえたわ。

 

「ふふん・・・穴場ってのはね・・・

 往々にして『まさか・・・』って所に・・・」

 

釣り針を垂らしながら独り言のおじいさん。

 

チャポッ!

反応アリッッ!!

 

「お・・・!よっと(はぁと

 

勢いよく釣竿を上げる老人。

しかし、異様なほどリールが逆に回転している。

 

つまり、巻き上げるどころか、この主に引っ張られているわけだ。

 

「~~~~~~~~~~ッッ」

 

あっけにとられる老人。

臨界点に到達した釣り糸はプツンと音を立てて切れてしまった!

勢いで後ろに倒れる老人。

 

「・・・・・ッッ!!」

 

・・・・・・マグロ・・・?

 

この老体がどれだけの釣りの経験があるのかわからないが、

それだけの引きだったということだろう。

 

しかし、川にマグロはいない・・・

だったらあれは・・・一体・・・

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~ッッ

 

老人は目を疑った。

 

目の前に恐竜がいる。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ッッ!!

 

目の前に浮き上がる岩のようにゴツゴツした背中。

全体など把握できようもない『ソレ』は、もちろん恐竜ではないのだろうが、

それほどのインパクト!まさに恐竜と呼んでも遜色はないだろう。

 

それほどの圧倒的巨体ッッ!!

10mはあるだろうか・・・


 


翌日・・・

無人の屋形船がねじれた状態で発見された。

これまた10mはある屋形船が見るも無残な姿になっている。

 

警察やマスコミも駆けつけ、ちょっとした事件になっているようだ。

常識では考えられない、その事象・・・

一体どれほどの力が、どのようにかかれば、船体がねじれるなどということがおきるのか。

 

『現在・・・警察と消防、共同で調査にあたっている様子です』

「吉田さん」

 

『なお・・・操縦手の竹中哲さんですが』

「吉田さん?」

 

どうやらスタジオからリポーターに声が届いてないようだ。

 

『未だ搬送先で意識が戻っておらず』

「吉田さん!?」

 

『回復しだい事故の状況を・・・』

「ヘリコプターの音のせいでしょうか」

 

『訊く予定になっています』

「聞こえてないようですね・・・。

 ・・・!?

 

『さらにもう一つの情報ですが』

「・・・・!!!吉田さん後ろッッ!!」

 

『この神田川流域の』

「吉田さん!!?」

 

『鯉が消えたと』

「吉田さんッて!!!」

 

くっそわろたww

吉田さん気付けよww

後ろ!水中から巨大な手が・・・ありゃワニか・・・!

 

『そんな噂が・・・』

「吉田ッッ!!」

 

ついに『さん』がとれたww

 

「後ッッ」

 

水しぶきを浴びて、ようやく異変に気付く吉田さんw

 

後ッッ!後ッッ後ッッ!!後ッッ!!!!!」

 

巨大ワニのクビにまとわりつくピクルの姿がそこにはあった。

 

「吉田くん!?その人誰・・・!!?これ誰!!?

 

水中の大格闘・・・!!

勝者はもちろん・・・

 

原人・・・ピクルである。

 

飼い主に捨てられ巨大化してしまったイリエワニ・・・

桁外れに巨大化したとはいえ、ピクルの眼からは・・・

ピクルの経歴からすると、小さな『恐竜』・・・である。

 

巨大なワニの尻尾を片手で掴み、排水溝へと入っていくピクル。

ワニは上手く穴に入れず、つっかえるも、凄まじい力で奥へ奥へと引きずり込まれる。

 

これにはワニも悟るしかなかった。

狩る側ではなく、狩られる側である・・・と。

 

ピクルの眼からはもはや餌にしか見えてない・・・か。


 

 

■前回

 

■次回

 

■刃牙道感想まとめ

関連記事

オススメ記事

注目

サイト内検索はこちら

サイト内検索
Random Posts
購読ボタン

【お知らせ】

購読者様が増えすぎた結果、無料での新着配信が困難になっております。

もし、しろログ等、運営ブログの最新情報をいち早く受け取りたい方は、以下のツイッターをフォローしていただくと、更新情報が解ると思います。

ご不便をおかけしますがよろしくお願い致します。