【ネタバレ】ドラゴンボール超 第32話「試合開始だ!みんなで『名前の無い星』へ」【アニメ感想】

リンクユニット
注目

■ドラゴンボール超
第32話「試合開始だ!みんなで『名前の無い星』へ」

■前回はこちら

悟空とベジータは精神と時の部屋で修行中!

確かな手ごたえを感じる二人。

速く第6宇宙の連中と戦いたいとワクワクしている。

 

そんな中、同じチームのモナカのことが気になる悟空。

ベジータは精神的に大人になれと悟空をたしなめるw

サイヤ人は80歳まで若者かぁ。

いいなぁw

 

一方ブルマたちは悟空たちの試合を観戦する為に、

ウイスが用意した宇宙船?みたいなもので移動することに。

そこに戻ってきた悟空とベジータ。

ボロボロに加え、ヒゲづらの二人www

 

 

そのヒゲ!ベジータ王じゃないか!

一行はまずビルス様の星へ。

 

そこでモナカと初対面を果たす悟空たち。

ビルス様はやたらモナカとの接触を避けたがるが何か理由があるのか?

悟空は構わずモナカに話しかける。

 

ウイスから聞かされたモナカという名は『大いなるポンタ』という意味だというが

そのポンタとはどういう意味なのか聞く悟空w

 

その意味は乳首らしいww

マジでなんでこんな変なキャラ作ったしww

めっちゃでかいし。。。

 

それにしても強そうに見えないなぁ。

背も低いし筋肉もない。

これは変身タイプなのかなあ?

 

悟空はちょっとだけ手合せを願うが、ビルス様はNGを出す。

しかしそこは悟空。

我慢がまったくできないww

 

モナカに向かって拳を打ち込む!!

 

避ける事も防御する事もなく、顔面に拳がめり込むww

涙目になってるやん。。。

 

その後試合会場に向かう一行。

到着するとそこには超巨大な超ドラゴンボールが浮いていた。


 


ヴァドスの用意した試合会場にイチャもんをつけるブルマ。

ウイスが変わって新しい会場を作る。

どうやらヴァドスはシャンパのセンスに合わせて会場を用意したらしいw

一応気をつかったってわけかw

 

試合会場には界王神様たちもやってきてた。

なんとドラゴンボールを使ってキビトとのポタラを解除した界王神様((((;゜Д゜)))

神龍の力でどうにかなるレベルの合体だったのか・・・。

 

そしていよいよ第6宇宙の選手と顔合わせ!

フリーザみたいなのやサイヤ人みたいなのもいる。

 

ここで一斉に筆記テストを行うわけかw

最低限ルールが理解できるだけの知性を見極める・・・

悟空大丈夫だろうか・・・

 

ちなみに相手チームのサイヤ人の少年から、色々話を聞く悟空とベジータ。

母星の名は惑星サダラだという。

ベジータ曰くこっちの宇宙にも惑星サダラがかつて存在はしていたが、

仲間割れが原因で消滅。

 

その後他の星を奪い、惑星ベジータとしたらしい。

星を奪うと言う事に過剰反応する少年。

どうやら向こうのサイヤ人は他の星を襲い、売買していることはないようだ。

 

やはり宇宙が違えば色々と事情が違うようだ。

 

その後テストが実施され、魔人ブウがまさかのしっかくww

悟空たちは4人で戦う事に!

 

ビルス様は大将をモナカに任せ、残り三人で戦う順番を決めろと言う。

ジャンケンをした結果、最初に戦うのは悟空に!

 

相手のチームからはクマみたいな怪人ボタボ?が先鋒に。

いよいよ始まる第一試合!悟空は楽勝なるか!?


 

 

■前回

 

■次回

 

■ドラゴンボール超感想まとめ

関連記事

オススメ記事

サイト内検索はこちら

サイト内検索
Random Posts
購読ボタン

【お知らせ】

購読者様が増えすぎた結果、無料での新着配信が困難になっております。

もし、しろログ等、運営ブログの最新情報をいち早く受け取りたい方は、以下のツイッターをフォローしていただくと、更新情報が解ると思います。

ご不便をおかけしますがよろしくお願い致します。