【ネタバレ】闇芝居 三期 第6話「アチラの祭」【アニメ感想】




■前回はこちら

今回はキャラクターがやたら可愛いんで、期待。

小学生くらいかなぁ?二人の少女がお祭りに来てて、屋台を回ったり、

金魚すくいをしたり。

 

こんな楽しい時間がいつまでも続いてほしい。

そう思ってた矢先だった。

 

沢山のお面の前ではしゃいでいると、友達の姿がないことに気づく少女。

彼女の名を呼び探すも姿はない。

 

その時だった。

少女の前にある沢山のお面のうち、おかめのお面が裏返り

「アチラ」

と、喋ったのだ。

 

気のせい・・・?

少女は友達を探さなきゃいけないと、その場を去ろうとする。

しかし、異変は既に始まっていた。

 

辺りの雰囲気がガラリと変わり、そして祭の喧騒とは違う異様な声・・・

 

少女はその不気味な声のするほうへと視線を移す。

すると、遠くに気味の悪い青白い人のようなものと、

その奥に、巨大な神輿のようなものが見える・・・

 

「ヒッ・・・」

 

神輿・・・じゃない!

あれは・・・

 

巨大なおかめだ・・・!!

 

不気味な笑みを浮かべながら、ゆっくりと少女に迫りくる。

 

「アチラニオイデ・・・アチラニオイデ・・・」

 

少女は急いで逃げ出す!!

 

後半に続く!!

スポンサーリンク

 

 

■おすすめ記事