【ネタバレ】弱虫ペダル RIDE.455 先輩の役割【漫画感想】

※しろログのサーバーが落ちたり、重くなる場合があるので、以下のミラーサイトをブクマしておくといいかもです

【ネタバレ】弱虫ペダル RIDE.455 先輩の役割【漫画感想】

スポンサーリンク

■弱虫ペダル
RIDE.455 先輩の役割

「先輩と後輩・・・いいのう

 

■前回のレビュー

■弱虫ペダル

「ありざした」

 

鏑木が皆に挨拶をした。

それは別れを決めた・・・覚悟の挨拶だった。

 

「先、言っとこうと思って。

 このあと、全開やるんで最後何ンも言えなくなるから。

 ハハッ!」

 

今ならはっきりと言える。

総北は最高のチームだ!!

 

だからオレは走る!!

チームのために!!

 

「ほうるあああああああ!!!」

 

この脚が尽きるまで!!

 

「絶対離されねぇよ!!箱根学園!!」

 

もの凄い鏑木の気迫に圧倒される坂道。

そして、さっきの『あざます』の真意に気づく・・・

 

「今泉くん・・・!!鏑木くんが・・・」

「・・・!!ああ!!」

 

「絶対、追いついてやるよ!!」

 

「昨日までのあいつなら、”オレはオールラウンダーなんで、山まで温存します”

 なんて言ってただろう。

 覚悟をしたんだ。自分の役割を悟って、あいつは、自分で・・・

 わかってる。この先もうじき・・・自分がチームを離脱することを」

 

そう・・・

全て出し尽くす・・・覚悟の走り!!

 

「鏑木くん!!」

 

思わず叫ぶ坂道。

 

(ちがう・・・叫んだからと言って、何が変わるわけじゃない。

去年も走ったんだ。わかってるはずだ。

”インターハイはチーム戦”だ・・・

1人1人削っていって、最後に一枚のジャージを届ける、そういう戦いだ。

去年そうだった。教わった。わかってる・・・わかってる!

 

でも・・・鏑木くんはまだ1年生だ!!)

 

「何すか小野田さん。

 まだハコガクに追いつかないのかってコトすかァ。

 さすが昨年の覇者は言うことキビしいすね」

 

「いや!(ちがっ・・・!鏑木くん)」

「大丈夫す。もう少しなんすよ」

 

(たった1人で1年生でインターハイを走って・・・

きっと不安で一杯だって古賀さんも言ってた。

 

これは言っても仕方ないことだってわかってる・・・

けど、1年生1人で頑張って1人でチームを離脱するなんて・・・

つらくないの)

 

「もう少しなんすよ。

 オレ、加速する時、大きな歯車イメージするんです。

 そいつがイメージの中で完全に『入った』時・・・

 超加速するんすよ。

 

 いけそうす。入れ・・・入れ・・・入れ・・・入れ」

 

鏑木のイメージの歯車が・・・いま・・・

 

噛み合った!!

 

「入ったァ!!」

 

鏑木のケイデンスが上がっていく!!

 

「超加速します!!小野田さん!!見ててください!!」

 

反撃開始だ!!

 

後半に続く!!

スポンサーリンク

 

■おすすめ記事