【ネタバレ】刃牙道 第164話「肉の宮」【漫画感想】

※しろログのサーバーが落ちたり、重くなる場合があるので、以下のミラーサイトをブクマしておくといいかもです

【ネタバレ】刃牙道 第164話「肉の宮」【漫画感想】

スポンサーリンク

■刃牙道
第164話「肉の宮」

 「これは、イケるんじゃねぇのかw

 

■前回のレビュー

■刃牙道

時は〇〇X年(1XXX年)小倉・・・

武蔵が健在していた時代・・・

長谷部低にて、それは起きた。

 

「はははははは!!天晴れじゃ!」

「おそれいります」

 

庭先に座る家主は扇子を仰ぎながらかなりご機嫌の様子。

その隣には、一瞬御老公かと見間違ったが、別人の小男・・・商人かなにかか?

 

「目方はいかほどじゃ・・・?」

「747貫(2.8トン)ほど・・・楽々と並の四倍になるかと・・・」

 

「噂には聞いてはいたが、聞くと見るとでは大違い。

 よもやこれほどとはのぉ・・・化物じゃ

 

長谷部低の庭先には巨大な暴れ牛が男一人に制されていた。

軽く見積もっても男数人分の大きさ・・・

むしろこの巨体をその身一つ、縄一つで動きを制してる男がヤベェ。

 

「どうじゃ武蔵殿」

 

家主が隣に正座すう武蔵に問いかける。

 

「『どう』とは・・・?」

「勝てるか」

 

「『勝てるか』とは・・・?」

 

武蔵のこの返答を鼻で笑う家主。

 

「なるほどのぉ・・・『人間』相手では天下無双。

 鬼をも逃げ出す宮本武蔵・・・

 相手は人に非ず、あまつさえ山の如き怪物。

 怖けたか武蔵

 

このしたり顔うぜえええええええええ( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

だが、その瞬間だった!

 

後半に続く!!

スポンサーリンク

 

■おすすめ記事