【ネタバレ】ハリガネサービス 第150話「辞表」【漫画感想】

※しろログのサーバーが落ちたり、重くなる場合があるので、以下のミラーサイトをブクマしておくといいかもです

【ネタバレ】ハリガネサービス 第150話「辞表」【漫画感想】

スポンサーリンク

■ハリガネサービス
第150話「辞表」

■前回はこちら

■ハリガネサービス

突然の選手交代を言い渡される下平!

一体誰と交代なんだ・・・!?

 

「高代先輩!」

 

誰かと思ったらアンガ田中先輩かよ!

高代先輩って名前だっけ・・・すぐ忘れちゃうんだよなー。

田中先輩でええよもう。。。

 

「交代だ。下平」

 

成長著しい下平を尻目に、自身の役割を全うすることを考える田中先輩・・・!

ワンポイントブロッカー・・・田中先輩がどれだけ活躍できるか・・・

 

下平に代わって高さを優先したのは目に見えた交代。

仮想駿天堂のシンクロ攻撃でトスを上げる倉光もわざわざ田中先輩のとこを狙わない!

結果、アンガ田中先輩は役に立つ事無く一点をとられてしまった。

 

「悪い、ブロック遅れた!」

「次、止めてやりやしょー!」

「今、高代先輩を意識してセンター攻撃を避けましたよ。

 サイドに気を逸らしたら真ん中抜かれますから、切れずにいきましょう!!」

 

間白も松方も、めっちゃ気を使ってて笑えてくるw

 

「オウ!(焦るこたあない。シンクロは初見だ。粘り強くいこう)」

 

アンガ田中先輩、目に光が無いせいで、終始死人みたいで怖すぎなんだよなこのキャラww

ホント、豊瀬って主人公がいる高校なのに魅力薄いな(((( ;゚д゚)))

 

さぁ、今度は豊瀬のターン!

レフトが間白、センターが高代!どっちにトスをあげる!?

 

ズバッ!!

ここは間白のマイナステンポスパイクが決まった!!

 

「ナイス囮っした!」

(嬉しいとこ褒めてくれるな)

 

えー・・・高代先輩役立ってるの?

なんでも、間白のマイナステンポスパイクに遅れず囮に入っていけたのは、

地味だけどMBの大事な役割だそうだよ。

 

と、ここで松方が大船に頼みごと。

テンポを上げたいと申し出た。

 

「ああ?速攻打てってのか?」

 

もうホントこいつ感じ悪すぎてやべぇんだよなw

大体こいつのせいでこのチームの雰囲気悪いんだよw

 

松方が言うには、間白が前衛のうちはマイナステンポを使ってくるため、敵はどうしてもブロックをレフト側に寄せてくる。

だからこそ、それを囮にして、ライトに早い攻撃が撃てれば、点がとれる・・・と。

 

「フン!」

 

果たして大船はやってくれるのか・・・?

 

後半に続く!!

スポンサーリンク

 

■おすすめ記事