【イッテQ】みやぞん第六弾!!アトラトルに挑戦!inアメリカ【世界の果てまでイッタっきり】

スポンサーリンク

f:id:sarapan2014:20170618222249p:plain

今回の世界の果てまでイッタっきりは、アメリカで古代の槍投げ・アトラトルに挑戦w!

みやぞんはもう6回目のイッタっきり企画w

果たして今回は何日で修得できるやら・・・

 

・・・・・

・・・

 

ニューヨーク州北東の町、カンドールという自然豊かな町でアトラトルを学ぶ。

指導者はアトラトル暦30年のボブさんという太っちょおじさん。

 

アトラトルというのは地域や民族によって形や材質が異なるようで、非常に面白い。

共通するのは矢を引っかける突起。

 

f:id:sarapan2014:20170618222232p:plain

要するにアトラトルというのはテコの原理で矢を飛ばすようだ。

ボブさんはアトラトルで200mを飛ばした事があると豪語する((((;゜Д゜)))

やっぱすごい人なんだね!

 

・・・・・

・・・

 

早速みやぞんもアトラトルに挑戦してみるのだが・・・

 

まったく飛ばない!

どころか、風にあおられ戻ってきてしまう始末。

 

当然だが投げ方にもコツがあり、矢を上手くアトラトルに乗せる事が大事なようだ。

先ほどのみやぞんは力んでしまったため、矢が外れてしまい飛ばなかったのだ。

 

思った以上に難しそうだ!!((((;゜Д゜)))

 

ここでボブさんが手本を披露・・・してくれたのだが・・・

 

f:id:sarapan2014:20170618222215p:plain

結果は飛距離わずか30mという・・・

200mとは一体なんだったのか・・・

 

しかも、これが全力だというw

アトラトル暦30年という中で出した記録の中の200mなんだろうけど、

今はもう全然ダメなようだw

 

どちらかというと現在はアトラトルを作る職人さんになってしまったようだ。

 

・・・・・

・・・

 

f:id:sarapan2014:20170618222151p:plain

その後、みやぞん専用アトラトルを作ってくれたボブさん。

早速飛ばして見るのだが・・・

 

飛距離わずか4mww

やはり相当に難しいようだ。

 

さらに、今回の旅のお供として修得するのはヌンチャク!

以外にもヌンチャク初挑戦のみやぞん。

振り回すヌンチャクが体に当たりダメージを受けるw

 

f:id:sarapan2014:20170618222121p:plain

みやぞんはかなり痛みに弱いので、これまた修得には苦労しそうだw

 

・・・・・

・・・

 

滞在2日目・・・

今日から本格的に今回の旅の目標に向かって挑戦をはじめる。

 

今回の旅のゴールは100m先に設置した、直径80cmの風船を射抜く事。

見るとやるとじゃ全然違う気がする・・・

 

みやぞんは、まずアトラトルで矢を飛ばせるようになることが先決と見る。

コースはそのあとだと。

 

ここでスタッフから衝撃の事実が告げられる((((;゜Д゜)))

 

なんと、アトラトルが上手い人でも100m飛ぶか飛ばないかだというのだ。

飛ばすだけでも相当な腕前が必要ということか・・・さらに小さな的を射抜く・・・か。

 

想像以上に難しいチャレンジなのかもしれない。

 

f:id:sarapan2014:20170618222058p:plain

逆に言えば、これを成功させれば、みやぞんは文句なしのアトラトルマスターということか!

 

後半に続く!!

スポンサーリンク

 

 

■おすすめ記事